世界最小の自己駆動ドローン「Piccolissimo」ペンシルベニア大学が開発

世界最小の自己駆動ドローン「Piccolissimo」ペンシルベニア大学が開発

ドローンの性能競争はとどまるところを知りませんが、研究分野では「本体を小さくする」という方向での努力も行われています。ペンシルベニア大学の生徒が新たに開発したのは、世界最小の自己駆動可能なドローン「Piccolissimo」です。


イタリア語で「最小」を意味するこのPiccolissimoは、2種類の機体が開発されました。1つはプロペラの他に電源と操作用の赤外線レシーバーを備えたもので、その大きさはコイン程しかありません。そしてもう一つはより複雑な飛行が可能なバージョンで、少し大きめなサイズとなっています。
…この記事の続きを読む

情報提供元:エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/science/20161102/Sorae_35307.html

この記事のライター

コメント

最新の投稿


JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)主催の「2017年新年パーティー」が、各界の無人航空機産業関係者を招き、1月24日、東京・日本橋のコングレスクエアで盛大に催された。


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。