太陽電池飛行機で世界1週!次はドローンだ! クリーンテクノロジー啓発活動の2人が計画

太陽電池飛行機で世界1週!次はドローンだ! クリーンテクノロジー啓発活動の2人が計画

 太陽電池飛行機「ソーラーインパルス2」は、7月に世界一周飛行を果たし、太陽光エネルギーだけで120時間のノンストップ飛行が可能であることを証明した。企画者、操縦者のベルトラン・ピカーさん、アンドレ・ボルシュベルクさんはインタビューの中で、次に作ろうとしているものが、ドローンであることを明かした。


「今後クリーンテクノロジーをさらに発展させるため、色々な製作プロジェクトも展開し、その一環でドローン製作も視野に入れている」と話す、ベルトラン・ピカールさん(左)とアンドレ・ボルシュベルクさん

 かれらは、世界一周旅行の成功で重要なことは、その旅行そのものではなく、世界中でクリーンテクノロジーに興味を持ってもらうことだという。その一環として、次に作ることを考えているものは、ドローンらしい。それも、地上20キロメートルの高さでとどまることのできる、人工衛星の代用になるものを想定しているという。
…この記事の続きを読む

情報提供元:SWI
http://www.swissinfo.ch/jpn/%E7%8B%AC%E5%8D%A0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E7%AC%AC%EF%BC%92%E5%BC%BE_%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B9-%E4%BB%8A%E5%BE%8C%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%92%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E6%8E%A8%E9%80%B2-%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E3%82%82%E8%A6%96%E9%87%8E%E3%81%AB/42562588

この記事のライター

最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。