新スポーツ「ドローンサッカー」を国際的競技に

新スポーツ「ドローンサッカー」を国際的競技に

ドローンを使った最新スポーツがまたひとつ登場しそうだ。そのスポーツとは、“ドローンサッカー”。


 ドローンサッカーでは、炭素素材の保護フレームに包まれたドローンが、ゴールの数を競い合う。ドローンが、地上から約3メートルの位置にあるゴールを通過すると、得点になるというルールだ。競技に参加する機体の数は、敵味方双方5台ずつの計10台。保護フレームは直径36㎝、重さ200グラムで、ドローンの総重量は830gとなる。…この記事の続きを読む

情報提供元:ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/6463

この記事のライター

関連するキーワード


ドローンサッカー

最新の投稿


エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


慶應ドロコン、第2回定例会を9月29日開催 テーマは「ドローン産業・公共分野での利活用」

慶應ドロコン、第2回定例会を9月29日開催 テーマは「ドローン産業・公共分野での利活用」

 ドローン前提社会を展望する慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は9月29日、2017年度第2回定例会を、東京・三田の慶大三田キャンパスで開催する。テーマは「ドローンの産業・公共分野での利活用」で、経済産業省、株式会社アイ・ロボティクスが登壇する。


システムファイブが「DJI New Pilot Experience ~はじめてのドローン飛行体験セミナー」10月13日開催

システムファイブが「DJI New Pilot Experience ~はじめてのドローン飛行体験セミナー」10月13日開催

抜群のコストパフォーマンスと、用途・予算に合わせたラインナップ展開が好評のDJI製ドローン。昨年末から多くのお客様にご参加頂いた、野外での飛行体験セミナーを再度開催致します。


エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 GNC Solutions Pty Ltd社(オーストラリアビクトリア州)とドローンで使用するEKF(Extended Kalman Filter)の開発で提携したと発表した。


【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

当スクールはドローンに必要な専門知識を専属講師が基礎から教えます。