新スポーツ「ドローンサッカー」を国際的競技に

新スポーツ「ドローンサッカー」を国際的競技に

ドローンを使った最新スポーツがまたひとつ登場しそうだ。そのスポーツとは、“ドローンサッカー”。


 ドローンサッカーでは、炭素素材の保護フレームに包まれたドローンが、ゴールの数を競い合う。ドローンが、地上から約3メートルの位置にあるゴールを通過すると、得点になるというルールだ。競技に参加する機体の数は、敵味方双方5台ずつの計10台。保護フレームは直径36㎝、重さ200グラムで、ドローンの総重量は830gとなる。…この記事の続きを読む

情報提供元:ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/6463

この記事のライター

関連するキーワード


ドローンサッカー

最新の投稿


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

2014年に、農家からの問い合わせに応える形で誕生したエンルート社の農業用ドローンZion AC940-D。機体の設計や開発は順調に進んだが、農家へ普及させるためには、越えなければならない制度の壁があった。その取り組みの経緯について、開発に携わってきた同社技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


 1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

 世界各国の企業や研究機関で関連研究が進むなか、米カーネギーメロン大学(以下、CMU)のロボット研究者たちは、ユニークな方法でドローンに衝回避能力を付与しようとしている。


物流用ドローンポートシステムの可能性

物流用ドローンポートシステムの可能性

IDE TOKYOドローンソリューション&技術展で、熊田 貴之(ブルーイノベーション株式会社 代表取締役)氏が、「物流用ドローンポートシステムの可能性」について講演した。


DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでSPARK体験イベント開催

DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでSPARK体験イベント開催

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、5 月 25日に発表したばかりの新製品の小型高性能ドローン「SPARK」の無料空撮体験会を、横浜ランドマークプラザ 1F ガーデンスクエアの特設ゲージで27日、開催した。体験会は28日まで。


米国Alta DevicesとPowerOasis社がソーラーパワーUAVのリファレンスデザインを開発

米国Alta DevicesとPowerOasis社がソーラーパワーUAVのリファレンスデザインを開発

カリフォルニア州サニーベール、Alta Devices社とPowerOasis社は、世界初となるUAV用の太陽電池とリチウムイオン(Li-ion)バッテリ電源システムのリファレンスデザインの開発を5月24日、発表した。