DJIが「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」を発表

DJIが「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」を発表

無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJIは、 プロフェッショナルな映像制作を可能にする2つのドローン「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」を発表した。


Inspire2を手に新機種の発表をするDJI JAPAN株式会社の代表取締役社長・呉韜氏。手前はPhantom4Pro

DJI 、空撮基準のレベルを上げるフライングカメラ2機種を発表

InterBeeのDJIブースで、大勢のギャラリーが見守るなかInspire2のデモフライトが行われた。

【Inspire 2】
■さらに進化した映像技術■
 Inspire 2は、 パワフルかつ操作も簡単です。 剛性かつ軽量になった新しいマグネシウム・アルミニウム合金の機体は、 機敏な動作を実現し、 最高時速108km、 4秒で時速80kmまで加速することができる。 前モデルには無かったデュアル・バッテリー・システムを採用し、 最大飛行時間27分を実現。 新しく機体の前方に取り付けられたカメラは、 パイロットにマスター送信機を操作するための最適なフライトビューを提供する一方で、 カメラオペレーターは、 ジンバルに取り付けられたプロフェッショナル向けZenmuseカメラからの映像を受信することができる。
  Inspire 2は最新のZenmuse X4SとX5Sカメラに対応し、 それ以外にも対応するカメラが今後追加される予定となっている。

 まったく新しい画像処理システムであるCineCore 2.0が機体に組み込まれているため、 大容量ファイルをこれまで以上に高速で処理することが可能。 Inspire 2は、 Cinema DNG RAW向け5.2K映像を4.2Gbpsで撮影し、 新たに設計された高速CINESSDストレージに記録することで、 スムーズなワークフローをサポート。 CineCore 2.0は、 Cinema DNG、 Apple ProRes 422 HQ(5.2K、 4K)、 ProRes 4444XQ(4K)、 H.264、 H.265を含むさまざまな映像圧縮フォーマットに対応しています。 また、 H.264とH.265で4K映像を録画する際のビットレートは最大100Mbps。

 このほかにも 別売の高度飛行用プロペラを使うと、 運用限界高度の海抜5,000mまで上昇することが可能。 さらに、 温度が-20℃以下になると、 自己発熱型のデュアル・バッテリー・システムが作動し、 パフォーマンスを良好に保つことできる。 最適化されたモードにより、 広く使用されている放送規格である1080/50i /720p60にも対応し、 より滑らかに映像を伝送することができる。 また、 強化されたLightbridgeにより、 よりスムーズなHDMIにおけるビデオ伝送が可能になった。

■より進化した信頼性 ■
 デュアル・バッテリー・システムの採用により、 飛行中1つのバッテリーが機能しない場合でも、 もう1つのバッテリーが電力を供給し、 安全に帰還することができる。 障害物を検知するために、 Inspire 2の前部と下部にステレオ・ビジョン・センサーが搭載され、さらに閉ざされた空間で飛行させる場合は、 機体上部に取り付けられた赤外線センサーが機体を衝突を回避することができる。

 再設計された推進システムにより、 Inspire 2の安全な飛行と優れた垂直移動を実現。 毎秒7mで上昇し、 毎秒9 mで下降することができる。 慣性測定装置(IMU)、 気圧計、 ESC通信、 および衛星ナビゲーションモジュールは冗長化することにより信頼性が高められた。

■多彩な飛行モード■
 Inspire 2の新しいインテリジェント・フライト・モードは、 DJIのコンピューター・ビジョン・テクノロジーを拡張し、 安全な飛行を実現した。 クリエイターが思い描くとおりに映像を撮影するための新しい方法を提供する。
  Spotlight Proモードでは、 機体を自由に飛行させながら、 カメラが被写体をロック。 ジンバルが360度以上回転すると、 機体が自動で回転し、 360度以上回転するカメラワークに対応。
 TapFly(タップフライ)モードでは、 機体前方に取り付けられたカメラを活用することで、 Inspire 2を障害物から回避させながら、 ディスプレイ上でタップした地点に向かって飛行させられる。
 ActiveTrack (アクティブトラック)は、 前方の障害物検知システムが人や車、 動物といった一般的な被写体を認識し、 機体を安全に保つことができる。 常に前方を飛行しながら、被写体を追尾したり、 リードするように被写体の前方を飛行したり、 上空を旋回させたり、 並走させたりすることができる。

■新しいZenmuseカメラ■
 DJIは、 Inspire 2の映像制作のポテンシャルを拡張するために、 交換可能なZenmuseカメラシリーズも新たに発表した。 空撮に特化したZenmuseカメラは、 ジンバルとフライトコントローラーと直接通信できるように設計されている。
 Zenmuse X4Sは、 重量と画質のバランスが必要な撮影に適している。 2,000万画素の1インチセンサーを搭載し、 ダイナミックレンジは11.6ストップ。 レンズの焦点距離は24mmです。 F値がf2.8-11に対応し、 メカニカルシャッターは、 画像の歪みを回避している。
 Zenmuse X5Sは、 2,080万画素の大型マイクロフォーサーズセンサーを搭載し、 ダイナミックレンジは12.8ストップ。 現在、 Zenmuse X5Sカメラは広角からズームまで8種類のレンズに対応しています。 また、 DNG RAW(20.8MP)で毎秒20枚のバースト撮影も可能です。 今後、 手持ち型マウントがZenmuse X4SとX5Sのカメラでご使用できるようになる。

■プロフェッショナル向けのアクセサリーで、 パフォーマンスをさらに強化 ■
 DJIのアクセサリーシリーズが、 多様な撮影現場のニーズに対応。DJI Focus、バッテリー充電ステーション、 DJI CINESSDやその他の別売アクセサリーも使用できる。

 別売の DJI Crystalsky 高輝度IPSモニターには非常に明るいディスプレイが付いており、 直射日光の下でも視認性が高く、 屋外での撮影に理想的です。 5.5インチと7.85インチのサイズのディスプレイがあり、 最高輝度はそれぞれ1000cd/m2 と2000cd/m2です。 専用システムにより映像伝送の遅延も減少しています。 ディスプレイにデュアルSDカードスロットを内蔵しているため、 映像のバックアップが容易で、 ファイルの転送や再生にも使用できます。 -10~40℃の厳しい環境でも動作します。

Phantom4Proのデモフライト

■プロフェッショナルのための映像技術 ■
 Phantom 4 Proは、 プロフェッショナルレベルの写真と映像を撮影するパワフルなドローン。 一方でクリエイティブな作品を作るために、 素晴らしい性能のカメラとプラットフォームを必要とする愛好家にとっても、 最適なドローン。
 カメラには1インチ、 2,000万画素のセンサーが搭載され、 約12ストップのダイナミックレンジにより、 繊細な表現が可能で、 微光下においても優れたパフォーマンスを発揮。
 メカニカルシャッターを搭載しているので、 高速で動く被写体を撮影した場合に画像の歪みを回避。 100mbpsで記録できるので、 スローモーション4K映像を、 最大60fpsで撮影可能となっている。 さらに、 Phantom 4 Proは、 同じビットレートで映像の品質を劇的に向上させるH.265画像圧縮も利用できる。

■FlightAutonomy(フライトオートノミー)システムで強化された信頼性 ■
 Phantom 4 Proは、 FlightAutonomy(フライトオートノミー)を採用したDJIオリジナルの障害物回避システムを搭載、 障害物の3次元マップを作成する3組のビジュアルシステムが機体の前部、 後部、 そして下部に設置されている。 さらに、 機体の左右に赤外線センサーが配置されています。  
 FlightAutonomy(フライトオートノミー)で、 自ら位置調整を行い、 ナビゲーションし、 飛行ルートを計画、 障害物を回避します。 検知範囲は前方、 後方ともに30mまで拡大されており、 複雑な3次元の環境下にも対応している。 帰還する場合、 着陸保護機能はでこぼこな地面や水面を検知し、 着陸を回避することができる。
 高性能なバッテリーテクノロジーを採用し、 フライト時間は最大30分に拡大された。
 Pモードで時速50kmで飛行し、 スポーツモードでの最大時速は72kmとなっている。

■新しい送信機■
 革新的で新しくコンパクトなPhantom4 Proの送信機には、 高輝度ディスプレイが付いてる。
 ディスプレイには機体前方に取り付けられたメインカメラが捉えたクリアで鮮やかなHD画質の映像が映し出され、 必要不可欠な飛行情報も表示される。 高輝度ディスプレイなので、 直射日光の下でも高い視認性が確保される。
 機体は電源を入れると自動で2.4GHzまたは5.8GHzを選択し、 電波干渉の高いエリアでもよりクリアな信号を獲得。 新しい送信機には、 内蔵型GPS、 コンパス、 microSDカードおよびスロット、 HDMIポートがあります。

■インテリジェントフライト■
 新しいインテリジェント・フライト・モードにより、クリエイターはPhantom 4 Proで新しい視点を手に入れ、 オペレーターは新しいDraw(ドロー)モードで送信機のディスプレイ上に線を描き、 Phantom 4 Proをその描いた線の通りに飛行させることができる。
 ActiveTrack(アクティブトラック)は、 人や自転車といった一般的な被写体を認識し、 ピントを合わせたまま、 どんな角度からでも追尾できる。 さらに、 ニューサークル、 プロフィール、 スポットライトの3つの新しいモードが加わった。
 Narrow Sensingモードは、 出入り口など狭くて複雑なルートを飛行するために障害物回避機能の感度を強化してる。
 新しいTapFly(タップフライ)は、 後方にも飛行が可能になり、 フリーモードも備わってる。
 フリーモードでは、 ディスプレイ上でタップしたどの方向でも自由に飛行させることができる。 新しいAR ルート機能を使用すると、 オペレーターはディスプレイ上で飛行ルートを指示することができる。
 追加の安全機能として、 GPS信号を失って1分以内で機体は自動で最後に接続された位置に戻り、 パイロットの指示を待ちながらその場で正確にホバリングすることができる。 強化されたReturn-to-Home機能によって、 機体は最大300m先からでも飛行ルートを認識し、 障害物を回避することができる。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI Inspire 2 Phantom 4 Pro

関連する投稿


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

無人航空機を飛行させるための地方航空局への申請について、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクターの弊社講師が、丁寧に解説いたします。


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。


最新の投稿


スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

米国ボストン、2017年12月07日。農業オートメーションに特化した工業用UAV開発業者のAmerican Roboticsが、Scout(スカウト)を発表した。Scoutは、自発的に毎日の偵察飛行を自律的に行う自己充電式の自己管理UAVシステム。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。