世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

 一般社団法人日本ドローンレース協会は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待された。


 一般社団法人日本ドローンレース協会(以下JDRA 代表理事 小寺 悠)は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待され、日本を代表するドローンレース団体として参加する。

【国際ドローンレース大会】
 国際ドローンレース大会では、世界10カ国以上のトップパイロットが集い、優勝賞金5000ドルをかけた熾烈なFPVドローンレースが繰り広げられる。(FPVとは?Frist Person Viewの=一人称視点)本大会のメイン会場は、2018年冬季五輪の主要会場のアルペンシアリゾートとなり、”スキージャンプ台”を活用した世界初の銀世界なコースレイアウトとなる。

【国際ドローンスポーツカンファレンス】
 今回、世界初の試みとなる国際ドローンスポーツカンファレンスでは、"新しいスポーツ”であるドローンレースの未来について、これまで世界のドローンレースを牽引してきたアジア(ADRO*1)・アメリカ・ヨーロッパの地域代表団体や各国の代表ドローンレース団体やその他、主要代表ドローンレース団体が一堂に集まり議論する。
 JDRAでは、今年6月に開催した日本国内最大規模のドローンレースや、これからの展望を発表してきます。

 また、各国でのドローンスポーツに対する規制の違いや、ドローンスポーツの人口の推移など、世界の主要ドローンスポーツ団体と議論し、新スポーツである、これからのドローンレースの在り方や世界の情報を共有する。

【開催概要】
大会名: International Drone Sports Competition 2016
主催: 韓国江原道政府、中央日報

日時: 2016年12月2日(金)3日(土)、4日(日)
場所: アルペンシアリゾート(2018年韓国平昌冬季五輪・主要会場)
競技会内容:世界初、国際ドローンスポーツカンファレンス
      国際ドローンレース大会

*1.ADRO(アジアドローンレース連盟)

2016年3月に日本(JDRA)、韓国(KDRA)、中国(D1)で立ち上げた、アジア最大のドローン連盟。

https://roboteer-tokyo.com/archives/3560

この記事のライター

関連する投稿


韓国・国立公園管理公団が ドローンで無人島のヤギを捕捉、生態系を守る

韓国・国立公園管理公団が ドローンで無人島のヤギを捕捉、生態系を守る

 韓国では無人島に放牧されたヤギを捕獲するために、ドローンが投入されている。韓国・国立公園管理公団は、今年3月に国内無人島3カ所で放牧したヤギ32匹を捕獲したと、4月16日に明らかにした。


「2017Drone Show KOREA」開催 韓国ドローン動向は「海洋ドローン」から「若手の育成」まで

「2017Drone Show KOREA」開催 韓国ドローン動向は「海洋ドローン」から「若手の育成」まで

 2016年に続き2017年も韓国・釜山で「2017Drone Show KOREA(ドローンショーコリア)」が開催された。


韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

長時間飛行ドローンを開発企業する韓国のジャイアントドローン社は、昨年12月に水素燃料電池を利用したドローンを1時間以上飛行させることに成功した。


韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

 韓国・産業通商資源部は今後3年間、官民合同でドローン産業に5000億ウォン(約500億円)の資金を投資すると明らかにした。コンシューマー(ホビー)用ドローン市場の席捲には出遅れたが、高機能な産業用ドローン市場では主導権を握っていく決意が示された。


ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

 複合施設のテロに備えた「2016国家対テロ総合訓練」では、ドローンがテロに悪用されたことを想定し、撃墜する戦術訓練も組み込まれたのが特徴だ。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。