世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

 一般社団法人日本ドローンレース協会は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待された。


 一般社団法人日本ドローンレース協会(以下JDRA 代表理事 小寺 悠)は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待され、日本を代表するドローンレース団体として参加する。

【国際ドローンレース大会】
 国際ドローンレース大会では、世界10カ国以上のトップパイロットが集い、優勝賞金5000ドルをかけた熾烈なFPVドローンレースが繰り広げられる。(FPVとは?Frist Person Viewの=一人称視点)本大会のメイン会場は、2018年冬季五輪の主要会場のアルペンシアリゾートとなり、”スキージャンプ台”を活用した世界初の銀世界なコースレイアウトとなる。

【国際ドローンスポーツカンファレンス】
 今回、世界初の試みとなる国際ドローンスポーツカンファレンスでは、"新しいスポーツ”であるドローンレースの未来について、これまで世界のドローンレースを牽引してきたアジア(ADRO*1)・アメリカ・ヨーロッパの地域代表団体や各国の代表ドローンレース団体やその他、主要代表ドローンレース団体が一堂に集まり議論する。
 JDRAでは、今年6月に開催した日本国内最大規模のドローンレースや、これからの展望を発表してきます。

 また、各国でのドローンスポーツに対する規制の違いや、ドローンスポーツの人口の推移など、世界の主要ドローンスポーツ団体と議論し、新スポーツである、これからのドローンレースの在り方や世界の情報を共有する。

【開催概要】
大会名: International Drone Sports Competition 2016
主催: 韓国江原道政府、中央日報

日時: 2016年12月2日(金)3日(土)、4日(日)
場所: アルペンシアリゾート(2018年韓国平昌冬季五輪・主要会場)
競技会内容:世界初、国際ドローンスポーツカンファレンス
      国際ドローンレース大会

*1.ADRO(アジアドローンレース連盟)

2016年3月に日本(JDRA)、韓国(KDRA)、中国(D1)で立ち上げた、アジア最大のドローン連盟。

https://roboteer-tokyo.com/archives/3560

この記事のライター

関連する投稿


韓国・国立公園管理公団が ドローンで無人島のヤギを捕捉、生態系を守る

韓国・国立公園管理公団が ドローンで無人島のヤギを捕捉、生態系を守る

 韓国では無人島に放牧されたヤギを捕獲するために、ドローンが投入されている。韓国・国立公園管理公団は、今年3月に国内無人島3カ所で放牧したヤギ32匹を捕獲したと、4月16日に明らかにした。


「2017Drone Show KOREA」開催 韓国ドローン動向は「海洋ドローン」から「若手の育成」まで

「2017Drone Show KOREA」開催 韓国ドローン動向は「海洋ドローン」から「若手の育成」まで

 2016年に続き2017年も韓国・釜山で「2017Drone Show KOREA(ドローンショーコリア)」が開催された。


韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

長時間飛行ドローンを開発企業する韓国のジャイアントドローン社は、昨年12月に水素燃料電池を利用したドローンを1時間以上飛行させることに成功した。


韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

 韓国・産業通商資源部は今後3年間、官民合同でドローン産業に5000億ウォン(約500億円)の資金を投資すると明らかにした。コンシューマー(ホビー)用ドローン市場の席捲には出遅れたが、高機能な産業用ドローン市場では主導権を握っていく決意が示された。


ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

 複合施設のテロに備えた「2016国家対テロ総合訓練」では、ドローンがテロに悪用されたことを想定し、撃墜する戦術訓練も組み込まれたのが特徴だ。


最新の投稿


PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwCコンサルティング合同会社が6月26日、企業のドローン活用に関するセミナー、「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制  最新情報~」を開く。PwCのロボテフィクス専門チームや、ゲストが最新動向を紹介する。


ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

日本で唯一最大スケールのプロカメラマン向けフォトビジネスフェア「PHOTONEXT 2017」が横浜市西区のみなとみらいのパシフィコ横浜で6月20日、21日の両日開催され、SONYのブース内ではセミナーが開かれSONY製のカメラを搭載したドローンによる撮影方法や写真ビジネスの提案などが行われた。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


セキドがはじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナーを東京・大手町で開催!

セキドがはじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナーを東京・大手町で開催!

DJI社の正規代理店である、株式会社 セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は、7月25日(火)東京 大手町ファーストスクエアカンファレンスにて、はじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナー【ドローン自動航行検定付】を開催する。


福島のFSGカレッジリーグが「ドローン人材育成プロジェクト」を発表

福島のFSGカレッジリーグが「ドローン人材育成プロジェクト」を発表

福島県郡山市にある専門学校グループ「FSGカレッジリーグ」では、空の産業革命と呼ばれ、物流・災害救助・点検測量・観光振興・農業・映像利用など、様々な業界や地方公共団体等で活用が高まっているドローンについて、その知識や操作技術、活用方法を習得した人材の重要性を認識し、新たな人材育成プロジェクトをスタートさせる。