世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

 一般社団法人日本ドローンレース協会は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待された。


 一般社団法人日本ドローンレース協会(以下JDRA 代表理事 小寺 悠)は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待され、日本を代表するドローンレース団体として参加する。

【国際ドローンレース大会】
 国際ドローンレース大会では、世界10カ国以上のトップパイロットが集い、優勝賞金5000ドルをかけた熾烈なFPVドローンレースが繰り広げられる。(FPVとは?Frist Person Viewの=一人称視点)本大会のメイン会場は、2018年冬季五輪の主要会場のアルペンシアリゾートとなり、”スキージャンプ台”を活用した世界初の銀世界なコースレイアウトとなる。

【国際ドローンスポーツカンファレンス】
 今回、世界初の試みとなる国際ドローンスポーツカンファレンスでは、"新しいスポーツ”であるドローンレースの未来について、これまで世界のドローンレースを牽引してきたアジア(ADRO*1)・アメリカ・ヨーロッパの地域代表団体や各国の代表ドローンレース団体やその他、主要代表ドローンレース団体が一堂に集まり議論する。
 JDRAでは、今年6月に開催した日本国内最大規模のドローンレースや、これからの展望を発表してきます。

 また、各国でのドローンスポーツに対する規制の違いや、ドローンスポーツの人口の推移など、世界の主要ドローンスポーツ団体と議論し、新スポーツである、これからのドローンレースの在り方や世界の情報を共有する。

【開催概要】
大会名: International Drone Sports Competition 2016
主催: 韓国江原道政府、中央日報

日時: 2016年12月2日(金)3日(土)、4日(日)
場所: アルペンシアリゾート(2018年韓国平昌冬季五輪・主要会場)
競技会内容:世界初、国際ドローンスポーツカンファレンス
      国際ドローンレース大会

*1.ADRO(アジアドローンレース連盟)

2016年3月に日本(JDRA)、韓国(KDRA)、中国(D1)で立ち上げた、アジア最大のドローン連盟。

https://roboteer-tokyo.com/archives/3560

この記事のライター

関連する投稿


韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

長時間飛行ドローンを開発企業する韓国のジャイアントドローン社は、昨年12月に水素燃料電池を利用したドローンを1時間以上飛行させることに成功した。


韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

 韓国・産業通商資源部は今後3年間、官民合同でドローン産業に5000億ウォン(約500億円)の資金を投資すると明らかにした。コンシューマー(ホビー)用ドローン市場の席捲には出遅れたが、高機能な産業用ドローン市場では主導権を握っていく決意が示された。


ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

 複合施設のテロに備えた「2016国家対テロ総合訓練」では、ドローンがテロに悪用されたことを想定し、撃墜する戦術訓練も組み込まれたのが特徴だ。


大空覆ったドローン300機 ギネス申請へ=韓国・忠清南道

大空覆ったドローン300機 ギネス申請へ=韓国・忠清南道

3日、忠清南道(チュンチョンナムド)鶏龍台(ケリョンデ)で開かれた第1回陸軍参謀総長杯ドローンコンテストで、300機のドローンを同時飛行させることに成功した。


DJI韓国初の Drone Arena がオープン

DJI韓国初の Drone Arena がオープン

ドローン空撮技術で世界をリードするDJIは、韓国に DJI Arena をオープンした。


最新の投稿


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。