JUIDA、JAMSSが業務提携 宇宙で培ったノウハウをドローンに!

JUIDA、JAMSSが業務提携 宇宙で培ったノウハウをドローンに!

日本を代表するドローン産業の業界団体、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA、鈴木真二理事長)と、民間企業による宇宙利用支援サービスを手掛ける有人宇宙システム株式会社(東京)は11月29日、ドローンの安全運航管理で業務提携すると発表した。


 提携はJAMSSが国際宇宙ステーション(ISS)の運用や、宇宙飛行士養成などで蓄積したトレーニングや安全運航管理の知見、ノウハウを、ドローン操縦士育成のカリキュラムに反映させるのが柱。JUIDAは全国にあるドローンの技能を養成するスクールの38校(11月11日現在)を認定校として登録しているが、そのJUIDA認定スクールが提供する指導内容などに反映させていく考えだ。
 会見したJUIDAの鈴木理事長は「JAMSSの蓄積を認定スクールのプログラムに反映させる。また、現在、認定スクールを修了したライセンス保有者が、自治体と災害時にドローンで貢献できるようにする締結を準備中で、その体制をJAMSSと協力して整備したい」と説明。
 JAMSSの古藤俊一社長は「国際宇宙ステーションの安全運用など26年間にわたり培ってきた技術を宇宙以外にも活用する意味で、無人航空機(ドローン)は近い位置にある。効果的な教育訓練ノウハウを提供できると考えられるし、われわれがその経験で得るものもある。安全、運用、訓練の3点で社会貢献したい」と意欲を示した。

会見後握手するJUIDAの鈴木真二理事長(右)とJAMSSの古藤俊一社長(11月29日)

この記事のライター

関連するキーワード


JUIDA JAMSS

関連する投稿



【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

当スクールはドローンに必要な専門知識を専属講師が基礎から教えます。


【D-ACADEMY関東埼玉】第12期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

【D-ACADEMY関東埼玉】第12期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

無人航空機(ドローン)に関わる基本知識(法律・気象など)を学び、ドローンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。初心者でも分かり易く講師が教えますので安心してお申し込み下さい。


JUIDA認定Dアカデミー関東 東京校 9月コース|9月11日スタート

JUIDA認定Dアカデミー関東 東京校 9月コース|9月11日スタート

開催場所:東京神田、千葉君津


【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール9月度(i-construction対応4日間コース)

【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール9月度(i-construction対応4日間コース)

無人航空機(ドローン)に関わる基本知識(法律・気象など)を学び、ドローンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。初心者でも分かり易く講師が教えますので安心してお申し込み下さい。


最新の投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。


ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

米国インテルは、科学者や専門家と提携し、ドローンと人工知能(AI)を活用して、北極熊やクジラなどの野生生物の生態研究をサポートしている。