中国地方初。ドローンパイロットを養成するJUIDA認定の「ドローンの学校」が鳥取県大山町にて開校

中国地方初。ドローンパイロットを養成するJUIDA認定の「ドローンの学校」が鳥取県大山町にて開校

株式会社skyerはドローン産業の健全な発展のために、無人航空機の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材輩出を行う一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールを2016年10月に開校した。


「ドローンの可能性を、 すべての人に」を理念に掲げる株式会社skyer(鳥取県西伯郡大山町)は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定のドローン(無人航空機:UAV Unmaned Aerial Vheicle)の操縦士および完全運航管理者の養成スクール「ドローンの学校」を2016年10月、 鳥取県西伯郡大山町にて開校した。 JUIDAの認定校は現在全国に約40校ほどあるが中国地方では初となる。

このスクールでは、 2015年10月よりスタートしたJUIDA認定制度に基づいた「認定スクール」で、 ドローン産業の健全な発展のために、 無人航空機の安全に関わる知識と、 高い操縦技能を有する人材の養成を行う。 また修了者にはJUIDAの操縦技能証明証および安全運航管理証明証を授与する。

「ドローンの学校」ではドローンの仕組みや関連法令、 安全運航のための管理方法を座学で学び、 専用の練習機(現在開発中)を用い実技講習を通じて操縦士・安全運航管理者資格を取得することが可能。

 国内における今日のドローン事故の9割はヒューマンエラーであり、 本校は危機意識を持った操縦士を養成することに重点を置く。
 本講習の特徴として、 実際に実機の墜落実験を行う。 墜落する現場を体感することで、 リスクアセスメントを徹底するよう操縦士のマインドセットを仕掛ける。

本件に関する問い合わせ先
株式会社skyer
担当:宇佐美 TEL:080-3948-9017 E-mail:info@skyer.biz

【会社概要】
法人名称:株式会社skyer(スカイヤー)
所在地 : 鳥取県西伯郡大山町加茂2037-3
設立 : 2016年8月12日
代表者 : 代表取締役 宇佐美 孝太
事業内容 : 小型無人航空機(ドローン)操縦士養成事業、啓蒙事業、 調査、映像撮影・編集、イベント企画、その他ドローン運用に関する事業
加盟団体 : 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
電話番号 : 080-3948-9017
Eメール:info@skyer.biz
Webサイト :http://skyer.info/

この記事のライター

関連するキーワード


skyer JUIDA

関連する投稿


JUIDA海外視察報告会「世界の無人航空機(UAS)最新動向」を東大本郷キャンパスで開催のお知らせ

JUIDA海外視察報告会「世界の無人航空機(UAS)最新動向」を東大本郷キャンパスで開催のお知らせ

東京大学本郷キャンパスにて、JUIDA主催の「定例セミナー」を開催、参加者を募集中。


JUIDAが「バルーン・ドローン」をデモフライト =ロボットワールドEXPO=

JUIDAが「バルーン・ドローン」をデモフライト =ロボットワールドEXPO=

 販促マーケットの国際的な見本市の「プレミアム・インセンティブショー春2017」が開催され、ロボットによる販促・広告・広報マーケットが注目されていることから同会場内で「ロボットワールドEXPO」が特別企画として展示された。企画展示ではJUIDAによるバルーン・ドローンのデモフライトが行われた。


JUIDA新春パーティー 今年を「ドローン事業化元年」に

JUIDA新春パーティー 今年を「ドローン事業化元年」に

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)主催の「2017年新年パーティー」が、各界の無人航空機産業関係者を招き、1月24日、東京・日本橋のコングレスクエアで盛大に催された。


JUIDAが2017年「新春パーティ」を開催  参加申込み18日締切り

JUIDAが2017年「新春パーティ」を開催 参加申込み18日締切り

「空の産業革命」元年となった昨年の勢いを引き継ぎ、2017年もドローン産業を盛り上げようと、JUIDA主催の「新春パーティ」が1月24日に開催される。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。