JUIDA、認定スクール制度発足1年を記念する「フェスタ」開催 総務、経産、国交ら講演

JUIDA、認定スクール制度発足1年を記念する「フェスタ」開催 総務、経産、国交ら講演

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA、鈴木真二理事長)は11月29日、認定スクール制度を昨年10月に発足させて1年がたったことを記念して、「JUIDA認定スクールフェスタ2016」を都内で開催した。


各省担当者、UMTAが講演 

 フェスタは二部制で、第一部では総務省総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課長 の内藤茂雄氏、経済産業省製造産業局産業機械課長の片岡隆一氏、国土交通省航空局安全部安全企画課無人航空機企画調整官の甲斐健太郎氏、一般社団法人UAS多用推進技術会(UMTA)の眞野方仁理事らが、最近の取り組みや、今後の展望などついて講演した。
 この中で、総務省の内藤氏が電波利用について、経産省の片岡氏がドローンに関する政策の動向について、国交省の甲斐氏が改正航空法が成立してからの1年を振り返ったうえで、今後の展望を語った。
 またUMTAの眞野理事は、「徳島県版ドローン特区」の徳島県那賀町で実施した、林業でのドローン活用実験の様子などを、動画を使って説明。「ドローンはそれ事態が目的なのではなく、目的を達成するための手段であるので、われわれは実証実験ではなく、活用実験と呼んでいる」などと、取り組みの意義を説明した。
 第二部はビュッフェ形式の懇親会で、参加者が互いに交流を深めた。

「JUIDA認定スクールフェスタ2016」の満員の会場で挨拶するJUIDAの鈴木真二理事長

ドローンに関する総務省の取り組みについて講演する総務省総合通信基盤局の内藤茂雄課長

ドローンに関する政策の動向について講演する経済産業省製造産業局の片岡隆一課長

改正航空法の現状と今後の制度設計の方向性について講演する国土交通省航空局の甲斐健太郎調整官

ドローンの活用実験について講演するUMTAの眞野方仁理事

この記事のライター

関連する投稿


高校でドローン授業! 徳島・那賀高校、森林クリエイト科で4月にスタート

高校でドローン授業! 徳島・那賀高校、森林クリエイト科で4月にスタート

 徳島県立那賀高校(那賀町)森林クリエイト科で、ドローンを学べる授業が4月に始まる。公立高校の授業で、ドローンを扱う例は、文部科学省の担当課も「聞いたことがない」という。産業界ではドローン人材の育成が急がれていて、学校の教育現場でドローン指導の導入議論にはずみがつく可能性がある。(写真はUMTA提供)


JUIDAが2017年「新春パーティ」を開催  参加申込み18日締切り

JUIDAが2017年「新春パーティ」を開催 参加申込み18日締切り

「空の産業革命」元年となった昨年の勢いを引き継ぎ、2017年もドローン産業を盛り上げようと、JUIDA主催の「新春パーティ」が1月24日に開催される。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


慣性センサ応用技術研究協会主催の第4回講演会・展示会「りく・うみ・そらの慣性センサ」 JUIDA鈴木理事長が基調講演

慣性センサ応用技術研究協会主催の第4回講演会・展示会「りく・うみ・そらの慣性センサ」 JUIDA鈴木理事長が基調講演

 12月2日、東京都港区芝公園の機械振興会館で開催された特定非営利活動法人慣性センサ応用技術研究協会主催の第4回講演会・展示会は、「りく・うみ・そらの慣性センサ」をテーマに4件の講演と『慣性センサビジネスの展望と課題』 と題したパネルディスカッションを行った。JUIDAの鈴木真二理事長が基調講演を行った。


中国地方初。ドローンパイロットを養成するJUIDA認定の「ドローンの学校」が鳥取県大山町にて開校

中国地方初。ドローンパイロットを養成するJUIDA認定の「ドローンの学校」が鳥取県大山町にて開校

株式会社skyerはドローン産業の健全な発展のために、無人航空機の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材輩出を行う一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールを2016年10月に開校した。


最新の投稿


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。