JUIDA、認定スクール制度発足1年を記念する「フェスタ」開催 総務、経産、国交ら講演

JUIDA、認定スクール制度発足1年を記念する「フェスタ」開催 総務、経産、国交ら講演

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA、鈴木真二理事長)は11月29日、認定スクール制度を昨年10月に発足させて1年がたったことを記念して、「JUIDA認定スクールフェスタ2016」を都内で開催した。


各省担当者、UMTAが講演 

 フェスタは二部制で、第一部では総務省総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課長 の内藤茂雄氏、経済産業省製造産業局産業機械課長の片岡隆一氏、国土交通省航空局安全部安全企画課無人航空機企画調整官の甲斐健太郎氏、一般社団法人UAS多用推進技術会(UMTA)の眞野方仁理事らが、最近の取り組みや、今後の展望などついて講演した。
 この中で、総務省の内藤氏が電波利用について、経産省の片岡氏がドローンに関する政策の動向について、国交省の甲斐氏が改正航空法が成立してからの1年を振り返ったうえで、今後の展望を語った。
 またUMTAの眞野理事は、「徳島県版ドローン特区」の徳島県那賀町で実施した、林業でのドローン活用実験の様子などを、動画を使って説明。「ドローンはそれ事態が目的なのではなく、目的を達成するための手段であるので、われわれは実証実験ではなく、活用実験と呼んでいる」などと、取り組みの意義を説明した。
 第二部はビュッフェ形式の懇親会で、参加者が互いに交流を深めた。

「JUIDA認定スクールフェスタ2016」の満員の会場で挨拶するJUIDAの鈴木真二理事長

ドローンに関する総務省の取り組みについて講演する総務省総合通信基盤局の内藤茂雄課長

ドローンに関する政策の動向について講演する経済産業省製造産業局の片岡隆一課長

改正航空法の現状と今後の制度設計の方向性について講演する国土交通省航空局の甲斐健太郎調整官

ドローンの活用実験について講演するUMTAの眞野方仁理事

この記事のライター

関連する投稿


【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

都心でドローンスクールが受講できる田中電気株式会社は、JUIDAから11月末現在で認定から1年が経過したスクールとして表彰された。同社によると2016年9月の開校以来、これまでに約80人が卒業した。


JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行える「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)と「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内4カ所となった。


JUIDA認定ドローン技能訓練校(Dアカデミー関東群馬校)4日間講習

JUIDA認定ドローン技能訓練校(Dアカデミー関東群馬校)4日間講習

JUIDA認定プロフェッショナル養成コース/JUIDA認定操縦技能コース



【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

当スクールはドローンに必要な専門知識を専属講師が基礎から教えます。


最新の投稿


スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

米国ボストン、2017年12月07日。農業オートメーションに特化した工業用UAV開発業者のAmerican Roboticsが、Scout(スカウト)を発表した。Scoutは、自発的に毎日の偵察飛行を自律的に行う自己充電式の自己管理UAVシステム。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。