JUIDA、認定スクール制度発足1年を記念する「フェスタ」開催 総務、経産、国交ら講演

JUIDA、認定スクール制度発足1年を記念する「フェスタ」開催 総務、経産、国交ら講演

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA、鈴木真二理事長)は11月29日、認定スクール制度を昨年10月に発足させて1年がたったことを記念して、「JUIDA認定スクールフェスタ2016」を都内で開催した。


各省担当者、UMTAが講演 

 フェスタは二部制で、第一部では総務省総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課長 の内藤茂雄氏、経済産業省製造産業局産業機械課長の片岡隆一氏、国土交通省航空局安全部安全企画課無人航空機企画調整官の甲斐健太郎氏、一般社団法人UAS多用推進技術会(UMTA)の眞野方仁理事らが、最近の取り組みや、今後の展望などついて講演した。
 この中で、総務省の内藤氏が電波利用について、経産省の片岡氏がドローンに関する政策の動向について、国交省の甲斐氏が改正航空法が成立してからの1年を振り返ったうえで、今後の展望を語った。
 またUMTAの眞野理事は、「徳島県版ドローン特区」の徳島県那賀町で実施した、林業でのドローン活用実験の様子などを、動画を使って説明。「ドローンはそれ事態が目的なのではなく、目的を達成するための手段であるので、われわれは実証実験ではなく、活用実験と呼んでいる」などと、取り組みの意義を説明した。
 第二部はビュッフェ形式の懇親会で、参加者が互いに交流を深めた。

「JUIDA認定スクールフェスタ2016」の満員の会場で挨拶するJUIDAの鈴木真二理事長

ドローンに関する総務省の取り組みについて講演する総務省総合通信基盤局の内藤茂雄課長

ドローンに関する政策の動向について講演する経済産業省製造産業局の片岡隆一課長

改正航空法の現状と今後の制度設計の方向性について講演する国土交通省航空局の甲斐健太郎調整官

ドローンの活用実験について講演するUMTAの眞野方仁理事

この記事のライター

関連する投稿


けいはんな学研都市でドローンライセンススクールを開講  ドローン事業化元年に向けて新たな人材を育成

けいはんな学研都市でドローンライセンススクールを開講  ドローン事業化元年に向けて新たな人材を育成

空力計画株式会社は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定の無人航空機(ドローン)操縦士および安全運航管理者を養成するスクール『ドローントレーニングセンターけいはんな JUIDA認定 操縦技能・安全運航管理者コース』を2017年5月14日(日)より開講する。


アマナドローンスクール、4JUIDAライセンス取得講座説明会とドローン体験会 4月開催(予約制)

アマナドローンスクール、4JUIDAライセンス取得講座説明会とドローン体験会 4月開催(予約制)

アマナドローンスクールは4月のJUIDAライセンス取得講座説明会(先着60名様募集中)&ドローン体験会 (先着30名様)を開催する。また説明会の開場にはドローンシミュレーターを設置した。開演1時間前から使用出来ますので、希望者の方はお早めにおいで下さい。


MOCホールディングスがJUIDA認定ドローンスクール 5月開講!

MOCホールディングスがJUIDA認定ドローンスクール 5月開講!

株式会社エム・オー・シーホールディングス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役CEO:三宅保雄/以降MOCホールディングス)は、メディア事業部のドローン事業でJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)公認ドローンスクールを今年5月に開講する。


鈴木真二東大教授が『ドローンが拓く未来の空』(DOJIN選書)刊行 

鈴木真二東大教授が『ドローンが拓く未来の空』(DOJIN選書)刊行 

ドローン研究の第一人者で、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA )理事長の鈴木真二東京大学教授による「ドローンが拓く未来の空」(DOJIN選書)が刊行し、それを記念した講演会が3月8日、三省堂書店神保町本店8階特設会場で開催された。


鈴木真二著『ドローンが拓く未来の空』(DOJIN選書)刊行記念講演会開催 3月8日

鈴木真二著『ドローンが拓く未来の空』(DOJIN選書)刊行記念講演会開催 3月8日

ドローン研究の第一人者で、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA )理事長の鈴木真二東京大学教授による「ドローンが拓く未来の空」(DOJIN選書)刊行を記念して講演会が3月8日、三省堂書店神保町本店8階特設会場で開催される。


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。