ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

12月5日。あきる野ドローン協会が主催する「ドローンの可能性」という特別講演が、あきる野市秋川で開催された。講演には、沢井敏和あきる野市長も駆けつけて、ドローンが切り開く産業や観光への期待を語った。(田中亘


特別講演会後半のパネルディスカッション。

あきる野市のドローン特区構想に協力する3者が登壇

 講演には、DJI JAPAN株式会社 代表取締役 呉 韜氏と、FPV Robotics株式会社 代表取締役社長 駒形 政樹 氏に、株式会社スカイシーカー 取締役 佐々木 政聡 氏が登壇した。まず、冒頭であきる野市の尾崎喜己副市長が挨拶し、ドローンの可能性について触れ、あきる野市がドローンシティとして認知されることへの期待を語った。
 続いて、呉氏が「ドローンの将来について」というテーマで講演し、DJIの歴史や最新の機体とテクノロジーなどについて解説した。また、農業や測量などの産業分野だけではなく、ラグビーや野球などのスポーツでも、トレーニングやファンサービスで活用されている様子を紹介し、ドローンが秘めた可能性について触れた。
 呉氏に続いて登壇した駒形氏は、日本で初めてドローンによるレースを開催した人物で、「世界のドローン事情について」語った。駒形氏は秋田で開催したドローンの大会について紹介し、一人称視線でドローンを操縦するFPVレースが、世界的にもエンターテイメントとして認知を高めていると説明した。そして、2020年を目標に日本でもFPVレースのワールドチャンピオンシップを開催する構想を紹介した。
 最後に登壇した佐々木氏は、「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演した。佐々木氏のスカイシーカー社では、動物生態調査にドローンを活用し、赤外線カメラによる撮影で鹿などの生息調査を実施している。農業や林業への被害実態、有害獣の分布状況の調査において、国家としてもドローンの活用に注目していると佐々木氏は説明する。また、同社では11月20日に、あきる野市と協力してドローンによる物資運搬のデモンストレーションも行っている。災害対策の調査や緊急物資の輸送などでも、ドローンが活用できる可能性があり、その実証実験に積極的に取り組んでいるあきる野市を佐々木氏は評価する。そして最後に、観光事業にとってもドローンによる空撮映像の活用は、大きな効果を期待できると訴えた。

「ドローンの将来について」というテーマで講演するDJI JAPAN呉韜社長。

「世界のドローン事情について」講演するFPV Roboticsの駒形政樹社長

「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演するスカイシーカー取締役の佐々木政聡氏。

ドローンの将来性を探るパネルディスカッション

 講演の第二部では、天野正昭あきる野市議会議員が司会者となり、講演者三名によるパネルディスカッションが催された。天野氏は、米国製のスマートフォンであるiPhoneから、日本の企業が三割以上の利益を上げている事実を示し、DJI製のドローンには、どのくらいの日本の技術や部品が使われているかを呉氏に尋ねた。
 呉氏は「DJIは日本にも研究所を設立し、約50社くらいの日本企業と取引があります。光学製品などをはじめ、DJIのドローンにとって日本の製品や技術は欠かせないものであり、我々は自社のドローンをmade in globalだと捉えています」と答えた。
 続いて天野氏は駒形氏に対して、12月10日に開催を控えたドローンレースの魅力は何か、自分もすぐにパイロットとして参加できるのかどうか尋ねた。駒形氏は「パイロットになるためには、無線四級の免許取得と開局申請が必要で、約一か月はかかります。世界では、12才で数千万円の賞金を手にしたパイロットもいるので、若い人ほど可能性はあります。また、レースだけではなく、我々が開催している小中学生を対象とした体験教室にも参加して、楽しんでもらいたいです」と話した。
 最後は佐々木氏に、ドローンのための戦略特区になる申請を提出したあきる野市が、これから取り組むべき課題は何か聞いた。佐々木氏は、「ドローンを飛ばすのは人です。そのためには、そのパイロットとなる人が、ドローンに関する法律やルールなどをしっかりと把握するための教育が重要になります。当社でも、DJIキャンプというパイロット教育をあきる野市の『戸倉しろやまテラス』で開催しています」と回答した。
 そして天野氏は、「ドローンの進み方はもの凄く早いです。ドローンであきる野市を盛り上げていきましょう。来年も講演会を開けるように、取り組んでいきましょう」と締めくくった。

パネルディスカッションの司会をする野市議会議員の天野正昭氏。

講演会に駆けつけた沢井敏和あきる野市長

この記事のライター

関連する投稿


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJIドローンの見つめる将来を呉社長が語る

DJIドローンの見つめる将来を呉社長が語る

2018年5月22日。あきる野ドローン協会の主催した「あきる野DRONE FORUM 2018」の基調講演に登壇したDJI JAPAN株式会社の呉韜代表取締役は、「DJIドローンの見つめる将来」というテーマで講演した。(田中亘)


東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーは、ドローンを使った災害対応で、5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験を、4月26日、あきる野市(東京都)で実施した。


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

岩手県警察と関係機関の連携による冬期噴火災害対応訓練を、岩手県の八幡平リゾートパノラマスキー場で実施した。今回の訓練は国内初となる冬季の火山噴火を想定した もので、ドローンを使用するにあたり、 株式会社佐藤興産・ドローンショップ仙台・株式会社スカイシーカーが協力機関として参加した。


最新の投稿


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。