ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

12月5日。あきる野ドローン協会が主催する「ドローンの可能性」という特別講演が、あきる野市秋川で開催された。講演には、沢井敏和あきる野市長も駆けつけて、ドローンが切り開く産業や観光への期待を語った。(田中亘


特別講演会後半のパネルディスカッション。

あきる野市のドローン特区構想に協力する3者が登壇

 講演には、DJI JAPAN株式会社 代表取締役 呉 韜氏と、FPV Robotics株式会社 代表取締役社長 駒形 政樹 氏に、株式会社スカイシーカー 取締役 佐々木 政聡 氏が登壇した。まず、冒頭であきる野市の尾崎喜己副市長が挨拶し、ドローンの可能性について触れ、あきる野市がドローンシティとして認知されることへの期待を語った。
 続いて、呉氏が「ドローンの将来について」というテーマで講演し、DJIの歴史や最新の機体とテクノロジーなどについて解説した。また、農業や測量などの産業分野だけではなく、ラグビーや野球などのスポーツでも、トレーニングやファンサービスで活用されている様子を紹介し、ドローンが秘めた可能性について触れた。
 呉氏に続いて登壇した駒形氏は、日本で初めてドローンによるレースを開催した人物で、「世界のドローン事情について」語った。駒形氏は秋田で開催したドローンの大会について紹介し、一人称視線でドローンを操縦するFPVレースが、世界的にもエンターテイメントとして認知を高めていると説明した。そして、2020年を目標に日本でもFPVレースのワールドチャンピオンシップを開催する構想を紹介した。
 最後に登壇した佐々木氏は、「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演した。佐々木氏のスカイシーカー社では、動物生態調査にドローンを活用し、赤外線カメラによる撮影で鹿などの生息調査を実施している。農業や林業への被害実態、有害獣の分布状況の調査において、国家としてもドローンの活用に注目していると佐々木氏は説明する。また、同社では11月20日に、あきる野市と協力してドローンによる物資運搬のデモンストレーションも行っている。災害対策の調査や緊急物資の輸送などでも、ドローンが活用できる可能性があり、その実証実験に積極的に取り組んでいるあきる野市を佐々木氏は評価する。そして最後に、観光事業にとってもドローンによる空撮映像の活用は、大きな効果を期待できると訴えた。

「ドローンの将来について」というテーマで講演するDJI JAPAN呉韜社長。

「世界のドローン事情について」講演するFPV Roboticsの駒形政樹社長

「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演するスカイシーカー取締役の佐々木政聡氏。

ドローンの将来性を探るパネルディスカッション

 講演の第二部では、天野正昭あきる野市議会議員が司会者となり、講演者三名によるパネルディスカッションが催された。天野氏は、米国製のスマートフォンであるiPhoneから、日本の企業が三割以上の利益を上げている事実を示し、DJI製のドローンには、どのくらいの日本の技術や部品が使われているかを呉氏に尋ねた。
 呉氏は「DJIは日本にも研究所を設立し、約50社くらいの日本企業と取引があります。光学製品などをはじめ、DJIのドローンにとって日本の製品や技術は欠かせないものであり、我々は自社のドローンをmade in globalだと捉えています」と答えた。
 続いて天野氏は駒形氏に対して、12月10日に開催を控えたドローンレースの魅力は何か、自分もすぐにパイロットとして参加できるのかどうか尋ねた。駒形氏は「パイロットになるためには、無線四級の免許取得と開局申請が必要で、約一か月はかかります。世界では、12才で数千万円の賞金を手にしたパイロットもいるので、若い人ほど可能性はあります。また、レースだけではなく、我々が開催している小中学生を対象とした体験教室にも参加して、楽しんでもらいたいです」と話した。
 最後は佐々木氏に、ドローンのための戦略特区になる申請を提出したあきる野市が、これから取り組むべき課題は何か聞いた。佐々木氏は、「ドローンを飛ばすのは人です。そのためには、そのパイロットとなる人が、ドローンに関する法律やルールなどをしっかりと把握するための教育が重要になります。当社でも、DJIキャンプというパイロット教育をあきる野市の『戸倉しろやまテラス』で開催しています」と回答した。
 そして天野氏は、「ドローンの進み方はもの凄く早いです。ドローンであきる野市を盛り上げていきましょう。来年も講演会を開けるように、取り組んでいきましょう」と締めくくった。

パネルディスカッションの司会をする野市議会議員の天野正昭氏。

講演会に駆けつけた沢井敏和あきる野市長

この記事のライター

関連する投稿


【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

ドローンによる様々なソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)がプライム・スター株式会社(東京都港区)のドローン用蓄電池を販売、今回両社は共同で出展を行った。


東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

11月19日。東京都あきる野市は、同市立の御堂中学校の校庭で、ドローンを用いた救助救出訓練を実施した。株式会社スカイシーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木政聡)のパイロットがサポートを行い、訓練メニューは一般社団法人ドローン安全推進協議会(本部:東京都中央区、代表理事:井上幸彦)が作成した。


スカイシーカーが西武信金のビジネスフェアでドローン活用をPR

スカイシーカーが西武信金のビジネスフェアでドローン活用をPR

西武信用金庫(本店:東京都中野区)による「第18回ビジネスフェア」が11月2日開催され、社会課題解決へのイノベーションのひとつとして株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)によるドローン活用が紹介された。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

「ちりけん」こと、早稲田大学「地理学研究会」。ドローンを活用した地理学を11月4日と5日に開催される学園祭で発表するために、ドローンの「ド」から学び体験してきた。そして、いよいよ巡検に臨む。


農薬散布用ドローン「AGRAS MG-1」の運用実績と来年に向けた機能拡張を発表

農薬散布用ドローン「AGRAS MG-1」の運用実績と来年に向けた機能拡張を発表

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉韜)は、農薬散布用ドローン「DJI AGRAS(アグラス) MG-1」の半年間における運用実績と、来年に向けた製品機能を拡張する計画を10月3日、発表した。


最新の投稿


スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

米国ボストン、2017年12月07日。農業オートメーションに特化した工業用UAV開発業者のAmerican Roboticsが、Scout(スカウト)を発表した。Scoutは、自発的に毎日の偵察飛行を自律的に行う自己充電式の自己管理UAVシステム。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。