ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

12月5日。あきる野ドローン協会が主催する「ドローンの可能性」という特別講演が、あきる野市秋川で開催された。講演には、沢井敏和あきる野市長も駆けつけて、ドローンが切り開く産業や観光への期待を語った。(田中亘


特別講演会後半のパネルディスカッション。

あきる野市のドローン特区構想に協力する3者が登壇

 講演には、DJI JAPAN株式会社 代表取締役 呉 韜氏と、FPV Robotics株式会社 代表取締役社長 駒形 政樹 氏に、株式会社スカイシーカー 取締役 佐々木 政聡 氏が登壇した。まず、冒頭であきる野市の尾崎喜己副市長が挨拶し、ドローンの可能性について触れ、あきる野市がドローンシティとして認知されることへの期待を語った。
 続いて、呉氏が「ドローンの将来について」というテーマで講演し、DJIの歴史や最新の機体とテクノロジーなどについて解説した。また、農業や測量などの産業分野だけではなく、ラグビーや野球などのスポーツでも、トレーニングやファンサービスで活用されている様子を紹介し、ドローンが秘めた可能性について触れた。
 呉氏に続いて登壇した駒形氏は、日本で初めてドローンによるレースを開催した人物で、「世界のドローン事情について」語った。駒形氏は秋田で開催したドローンの大会について紹介し、一人称視線でドローンを操縦するFPVレースが、世界的にもエンターテイメントとして認知を高めていると説明した。そして、2020年を目標に日本でもFPVレースのワールドチャンピオンシップを開催する構想を紹介した。
 最後に登壇した佐々木氏は、「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演した。佐々木氏のスカイシーカー社では、動物生態調査にドローンを活用し、赤外線カメラによる撮影で鹿などの生息調査を実施している。農業や林業への被害実態、有害獣の分布状況の調査において、国家としてもドローンの活用に注目していると佐々木氏は説明する。また、同社では11月20日に、あきる野市と協力してドローンによる物資運搬のデモンストレーションも行っている。災害対策の調査や緊急物資の輸送などでも、ドローンが活用できる可能性があり、その実証実験に積極的に取り組んでいるあきる野市を佐々木氏は評価する。そして最後に、観光事業にとってもドローンによる空撮映像の活用は、大きな効果を期待できると訴えた。

「ドローンの将来について」というテーマで講演するDJI JAPAN呉韜社長。

「世界のドローン事情について」講演するFPV Roboticsの駒形政樹社長

「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演するスカイシーカー取締役の佐々木政聡氏。

ドローンの将来性を探るパネルディスカッション

 講演の第二部では、天野正昭あきる野市議会議員が司会者となり、講演者三名によるパネルディスカッションが催された。天野氏は、米国製のスマートフォンであるiPhoneから、日本の企業が三割以上の利益を上げている事実を示し、DJI製のドローンには、どのくらいの日本の技術や部品が使われているかを呉氏に尋ねた。
 呉氏は「DJIは日本にも研究所を設立し、約50社くらいの日本企業と取引があります。光学製品などをはじめ、DJIのドローンにとって日本の製品や技術は欠かせないものであり、我々は自社のドローンをmade in globalだと捉えています」と答えた。
 続いて天野氏は駒形氏に対して、12月10日に開催を控えたドローンレースの魅力は何か、自分もすぐにパイロットとして参加できるのかどうか尋ねた。駒形氏は「パイロットになるためには、無線四級の免許取得と開局申請が必要で、約一か月はかかります。世界では、12才で数千万円の賞金を手にしたパイロットもいるので、若い人ほど可能性はあります。また、レースだけではなく、我々が開催している小中学生を対象とした体験教室にも参加して、楽しんでもらいたいです」と話した。
 最後は佐々木氏に、ドローンのための戦略特区になる申請を提出したあきる野市が、これから取り組むべき課題は何か聞いた。佐々木氏は、「ドローンを飛ばすのは人です。そのためには、そのパイロットとなる人が、ドローンに関する法律やルールなどをしっかりと把握するための教育が重要になります。当社でも、DJIキャンプというパイロット教育をあきる野市の『戸倉しろやまテラス』で開催しています」と回答した。
 そして天野氏は、「ドローンの進み方はもの凄く早いです。ドローンであきる野市を盛り上げていきましょう。来年も講演会を開けるように、取り組んでいきましょう」と締めくくった。

パネルディスカッションの司会をする野市議会議員の天野正昭氏。

講演会に駆けつけた沢井敏和あきる野市長

この記事のライター

関連する投稿


DJIの最新ドローンを体験するワークショップ

DJIの最新ドローンを体験するワークショップ

11月25日。空撮用ドローン最大手のDJI Japanは、先日発表されたばかりの新製品「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」を体験できるワークショップを東京あきる野市の「戸倉しろやまテラス」で開催した。(田中亘)


DJI、クリスマスキャンペーンを開始

DJI、クリスマスキャンペーンを開始

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう))は、DJI の旗艦シリーズであるPhantom シリーズを特別価格で提供する「クリスマスキャンペーン」を、本日11月25 日(金)より開始します。


DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

11月20日、あきる野市立五日市小学校(東京都)の校庭で、あきる野市が防災訓練を開催した。この訓練の中で、DJI Japanは開発中の自律飛行ドローンを使った救援物資の空輸実証実験を行なった。(田中亘)


次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

2016年10月12日から幕張メッセで開催された「次世代農業EXPO」に、最新の農業用ドローンが集まった。農薬や肥料の散布から圃場のセンシングにデモフライトまで、農業で活躍するドローンの最前線を取材した。(田中亘)


ドローン空撮の世界を表参道で「Perspectives by SkyPixel in Tokyo – 僕は空からの眺めが好き」

ドローン空撮の世界を表参道で「Perspectives by SkyPixel in Tokyo – 僕は空からの眺めが好き」

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、東京都の表参道ヒルズ スペースオー内にて空撮動画 / 写真展「Perspectives by SkyPixel in Tokyo – 僕は空からの眺めが好き」を2016年8 月10 日より開催します。


最新の投稿


JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)主催の「2017年新年パーティー」が、各界の無人航空機産業関係者を招き、1月24日、東京・日本橋のコングレスクエアで盛大に催された。


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。