ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

12月5日。あきる野ドローン協会が主催する「ドローンの可能性」という特別講演が、あきる野市秋川で開催された。講演には、沢井敏和あきる野市長も駆けつけて、ドローンが切り開く産業や観光への期待を語った。(田中亘


特別講演会後半のパネルディスカッション。

あきる野市のドローン特区構想に協力する3者が登壇

 講演には、DJI JAPAN株式会社 代表取締役 呉 韜氏と、FPV Robotics株式会社 代表取締役社長 駒形 政樹 氏に、株式会社スカイシーカー 取締役 佐々木 政聡 氏が登壇した。まず、冒頭であきる野市の尾崎喜己副市長が挨拶し、ドローンの可能性について触れ、あきる野市がドローンシティとして認知されることへの期待を語った。
 続いて、呉氏が「ドローンの将来について」というテーマで講演し、DJIの歴史や最新の機体とテクノロジーなどについて解説した。また、農業や測量などの産業分野だけではなく、ラグビーや野球などのスポーツでも、トレーニングやファンサービスで活用されている様子を紹介し、ドローンが秘めた可能性について触れた。
 呉氏に続いて登壇した駒形氏は、日本で初めてドローンによるレースを開催した人物で、「世界のドローン事情について」語った。駒形氏は秋田で開催したドローンの大会について紹介し、一人称視線でドローンを操縦するFPVレースが、世界的にもエンターテイメントとして認知を高めていると説明した。そして、2020年を目標に日本でもFPVレースのワールドチャンピオンシップを開催する構想を紹介した。
 最後に登壇した佐々木氏は、「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演した。佐々木氏のスカイシーカー社では、動物生態調査にドローンを活用し、赤外線カメラによる撮影で鹿などの生息調査を実施している。農業や林業への被害実態、有害獣の分布状況の調査において、国家としてもドローンの活用に注目していると佐々木氏は説明する。また、同社では11月20日に、あきる野市と協力してドローンによる物資運搬のデモンストレーションも行っている。災害対策の調査や緊急物資の輸送などでも、ドローンが活用できる可能性があり、その実証実験に積極的に取り組んでいるあきる野市を佐々木氏は評価する。そして最後に、観光事業にとってもドローンによる空撮映像の活用は、大きな効果を期待できると訴えた。

「ドローンの将来について」というテーマで講演するDJI JAPAN呉韜社長。

「世界のドローン事情について」講演するFPV Roboticsの駒形政樹社長

「国策としてのドローン活用とあきる野市におけるドローンの展開について」講演するスカイシーカー取締役の佐々木政聡氏。

ドローンの将来性を探るパネルディスカッション

 講演の第二部では、天野正昭あきる野市議会議員が司会者となり、講演者三名によるパネルディスカッションが催された。天野氏は、米国製のスマートフォンであるiPhoneから、日本の企業が三割以上の利益を上げている事実を示し、DJI製のドローンには、どのくらいの日本の技術や部品が使われているかを呉氏に尋ねた。
 呉氏は「DJIは日本にも研究所を設立し、約50社くらいの日本企業と取引があります。光学製品などをはじめ、DJIのドローンにとって日本の製品や技術は欠かせないものであり、我々は自社のドローンをmade in globalだと捉えています」と答えた。
 続いて天野氏は駒形氏に対して、12月10日に開催を控えたドローンレースの魅力は何か、自分もすぐにパイロットとして参加できるのかどうか尋ねた。駒形氏は「パイロットになるためには、無線四級の免許取得と開局申請が必要で、約一か月はかかります。世界では、12才で数千万円の賞金を手にしたパイロットもいるので、若い人ほど可能性はあります。また、レースだけではなく、我々が開催している小中学生を対象とした体験教室にも参加して、楽しんでもらいたいです」と話した。
 最後は佐々木氏に、ドローンのための戦略特区になる申請を提出したあきる野市が、これから取り組むべき課題は何か聞いた。佐々木氏は、「ドローンを飛ばすのは人です。そのためには、そのパイロットとなる人が、ドローンに関する法律やルールなどをしっかりと把握するための教育が重要になります。当社でも、DJIキャンプというパイロット教育をあきる野市の『戸倉しろやまテラス』で開催しています」と回答した。
 そして天野氏は、「ドローンの進み方はもの凄く早いです。ドローンであきる野市を盛り上げていきましょう。来年も講演会を開けるように、取り組んでいきましょう」と締めくくった。

パネルディスカッションの司会をする野市議会議員の天野正昭氏。

講演会に駆けつけた沢井敏和あきる野市長

この記事のライター

関連する投稿


東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:呉 韜)は、 東京都あきる野市(市長:澤井敏和)が、 自然災害に対応するため、 DJIの災害対策ソリューションを活用したと発表、 実際の訓練の状況や市職員の声を収録した活用事例動画DJI Stories「自動飛行で進化する災害対策」を公開した。


DJI JAPANプロモーション作品「With My Eyes- Toyama Japan」〜空撮への憧れ

DJI JAPANプロモーション作品「With My Eyes- Toyama Japan」〜空撮への憧れ

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:呉 韜、以下 DJI JAPAN)は、Inspire 2とPhantom 4 Professionalのプロモーションとして、日本の美しい自然をテーマにした動画「With My Eyes」を発表した。


DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、従業員増加と事業拡大に対応す るため、2017 年 5 月 8 日(月)より本社を品川へ移転し、業務を開始することになった。


【基調講演】呉韜代表取締役社長が 「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」

【基調講演】呉韜代表取締役社長が 「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」

Japan Drone 2017、2日目の基調講演には、DJI JAPAN 株式会社の呉韜代表取締役社長が登壇し、「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」について講演した。


DJIの農薬散布ドローン「アグラスMG-1」の製品発表会を開催 東京・あきる野市

DJIの農薬散布ドローン「アグラスMG-1」の製品発表会を開催 東京・あきる野市

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、3月8日に東京都あきる野市で、報道関係者や販売代理店を対象に農薬散布用ドローン「AGRAS(アグラス) MG-1」の製品発表会を開催した。会場には、実機が用意されて農薬に見立てた水を散布する様子などが披露された。


最新の投稿


栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市の「ハンターマウンテンゆりパーク」で、ドローン撮影。


DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米国時間の8月1日に公開された特許によれば、米アマゾンは故障したUAVを自動的に保守できる移動式の修理車両を開発する考えだ。


senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbris(アルブリス)のデモンストレーションを実施した。


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。