テラドローンと東急コミュニティ『スタジアム点検に自動運行ドローンを活用』静岡県エコパスタジアム

テラドローンと東急コミュニティ『スタジアム点検に自動運行ドローンを活用』静岡県エコパスタジアム

ドローン土木測量の日本最大手テラドローン株式会社(東京都渋谷区)と、 大手総合不動産管理会社の株式会社東急コミュニティー(東京都世田谷区)は、 静岡県袋井市の小笠山総合運動公園内エコパスタジアムの管理業務において、 自動航行ドローンを活用した空撮システム(運行管理システム/UTM)を導入すると発表した。


自動運行ドローンによる空撮システムを施設管理に導入開始

 エコパスタジアムは、 静岡県袋井市の小笠山総合運動公園内に所在し、 2002年FIFAワールドカップの会場にもなった静岡県最大規模の競技場。 東急コミュニティーは指定管者である静岡県サッカー協会グループの構成企業であり、 2011年より施設の管理業務を担っている。

 東急コミュニティーはエコパスタジアムの管理において、 テラドローンの運行管理システム(UTM)を導入する。 スタジアム屋根部分の点検目視業務は、 これまで作業員が実施していたが、 長時間を要し、 危険を伴う作業だった。 自動運行ドローンでは予め運行管理システムで指定したスタジアム屋根部分を、 カメラによる目視点検業務を行うので、 今までより広範囲で詳細に行うことが可能になった。このため安全かつ効率的な作業が実現する。
 また今まで専門の作業員が長時間かけて実施していた屋根幕の穿孔(穴)チェックについては、 カメラで撮影して判定することも検討しているという。 実現すると短時間で正確なデータを取得することが可能になる。

この記事のライター

関連する投稿


KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


ドローン運行管理システムの現在--各国がテクノロジーを競う目視外飛行の実現

ドローン運行管理システムの現在--各国がテクノロジーを競う目視外飛行の実現

ドローン産業の発展に欠かすことの出来ない基盤と言っても過言ではないUTMについて、その重要性や、機能、取り組みを紹介する。


テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン株式会社(本社:東京 代表取締役:徳重 徹)は、札幌市中央区に北海道支社と北見市に道東営業所をを設立したと発表した。同社の国内支社は仙台、名古屋、広島、福岡に続き、5支社目の設立となり、全国展開および北海道の事業強化をしていくことになる。


テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、 社長:徳重 徹/以下、 テラドローン)は、 太陽光発電関連事業者向けの新たな主力サービスとして、 かねてより注力していた山間部での3次元レーザー計測に加え、 今後は計測後のCIMモデリング分野にも注力していく。


テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 Riegl社製レーザー搭載の固定翼無人機「Terra Powerlifter」開発した。 すでに対応済みのVelodyne社製レーザーと使い分けることで、 高精度な測量が必要顧客のニーズにも対応可能となる。


最新の投稿


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

2014年に、農家からの問い合わせに応える形で誕生したエンルート社の農業用ドローンZion AC940-D。機体の設計や開発は順調に進んだが、農家へ普及させるためには、越えなければならない制度の壁があった。その取り組みの経緯について、開発に携わってきた同社技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


 1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

 世界各国の企業や研究機関で関連研究が進むなか、米カーネギーメロン大学(以下、CMU)のロボット研究者たちは、ユニークな方法でドローンに衝回避能力を付与しようとしている。


物流用ドローンポートシステムの可能性

物流用ドローンポートシステムの可能性

IDE TOKYOドローンソリューション&技術展で、熊田 貴之(ブルーイノベーション株式会社 代表取締役)氏が、「物流用ドローンポートシステムの可能性」について講演した。


DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでSPARK体験イベント開催

DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでSPARK体験イベント開催

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、5 月 25日に発表したばかりの新製品の小型高性能ドローン「SPARK」の無料空撮体験会を、横浜ランドマークプラザ 1F ガーデンスクエアの特設ゲージで27日、開催した。体験会は28日まで。


米国Alta DevicesとPowerOasis社がソーラーパワーUAVのリファレンスデザインを開発

米国Alta DevicesとPowerOasis社がソーラーパワーUAVのリファレンスデザインを開発

カリフォルニア州サニーベール、Alta Devices社とPowerOasis社は、世界初となるUAV用の太陽電池とリチウムイオン(Li-ion)バッテリ電源システムのリファレンスデザインの開発を5月24日、発表した。