ドローンの利活用方法をみんなで考える「ドロンソン」が秋田県で初開催

ドローンの利活用方法をみんなで考える「ドロンソン」が秋田県で初開催

今年のクリスマスはドローンで盛り上げます。 12月24日に秋田市にぎわい交流館AUにて「第1回ドロンソン」が開催される。 今回のテーマは「クリスマス×ドローン」。


 ドローンの啓発活動を行う株式会社skyer(代表取締役 宇佐美 孝太)は「世の中はドローンでもっと楽しくなる!」を提供するドロンソン運営事務局を開設。
 今回は「クリスマス×ドローン=wktkクリスマス(ハート)」がお題。
 優秀なアイデアを出したチームには話題のドローンをチーム全員にプレゼントする。 また、 選抜されたアイデアを実現させるために、 運営事務局がプロジェクト立ち上げを全面にサポートするという。
 今後は「農業×ドローン」「秋田県×ドローン」などと様々なテーマで実施予定。

 ドロンソンは「ドローン」と「アイデアソン」を組み合わせた造語で、 ある特定のテーマについて参加者がドローンの活用方法を話し合い、 自由にアイデアを出し合うプログラム。 このプログラムでは、 分野を問わず、 様々な世代・年代・性別・職種で構成された参加者がチームを組むことにより、 より幅広いアイデアを生み出す”場”を提供する。

 より良いアイデア創出のために以下のコンテンツを用意しております。
■操縦体験会
 アイデアソンの前にはドローンの操縦体験の場を用意。 実際に触ってイメージが膨らむ土台作りをする。

■インプットセミナー:テーマに関する知識を学ぶ場
 参加者が初めて知るテーマでも、 専門家からテーマに関する知識や情報を学び、 アイデア出しを効果的に行うことができる。

■アイデアWS:質より量!数多くアイデアを出した上で絞り込み!!
 コミュニケーションツールやブレインストーミングなどの手法を用いて、 幅広いアイデア出しのスキルを習得する。

□当日の流れ
2016年12月24日(土)9:30-16:30

【第1部】
9:30 開場
ドローン操縦体験会「ドローンで記念撮影をしよう!」

【第2部】
12:30-16:30 第1回ドロンソン
16:30 イベント終了

□賞品
【最優秀賞】Parrot MAMBO

□会場
秋田市にぎわい交流館AU(あう)

□定員
16名

□参加費
- 事前登録制・当日現金精算
男性:3,000円/1人
女性:2,000円/1人
学生:無料(要学生証)

割引
家族割:1,000円/1人
カップル割:1,000円/1人※性別不問
シルバー割:1,000円/1人※60歳以上

□参加方法
ドロンソンは「事前登録制」です。
参加申込は下記の公式サイトからお願いいたします。
http://dronethon.net/
(応募締め切り 12月19日23:59まで)

□主催
株式会社skyer
ドロンソン運営事務局

本件に関する問い合わせ先
ドロンソン運営事務局(株式会社skyer内)
担当:宇佐美
TEL:080-3948-9017 E-mail:info@skyer.biz

この記事のライター

関連する投稿


秋田県で第7回ドロンソン 「ドローン × 鉄道」

秋田県で第7回ドロンソン 「ドローン × 鉄道」

参加者同士がチームとなりドローンの活用方法を考えるドロンソン


ドロンソンが国内最大級の祭典にてBest of Drone Aword 2017を受賞 秋からは高等学校教育にも導入予定

ドロンソンが国内最大級の祭典にてBest of Drone Aword 2017を受賞 秋からは高等学校教育にも導入予定

株式会社skyerが運営する「ドロンソン」が国内最大級のドローンの祭典であるJapan Drone 2017にて審査員特別賞を受賞した。


【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

「東京で地方創生を考える」第3回ドロンソンが2月25日(土)東京都内で初開催。 ドローン体験会や参加者同士がチームになり、ドローンの利活用方法を考えるドロンソンを実施する。 これまでの最大規模の40名でドローンと地方の未来を考える。


<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

ドローンの利活用を考える「第2回ドロンソン」が、1月21日、秋田市にぎわい交流館AUで開催される。 午前中は入場無料の「ドローン de UFOキャッチャー」ブースを用意し、子供から大人までドローンの操縦を楽しんでもらう。 午後からは参加者同士がチームになり、 ドローンの活用方法を考えるアイディアソンを実施する。


最新の投稿


NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと(一財)日本気象協会は、10月24日から26日の3日間、ドローン向け気象情報提供のデータ連携の実証試験とドローンによる気象観測の実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施すると発表した。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。