公共測量業務へのドローン活用促進に向けた国土地理院の取り組み

公共測量業務へのドローン活用促進に向けた国土地理院の取り組み

昨年11月25日、「G空間EXPO2016」内で開催されたシンポジウム「地籍の未来」(日本土地家屋調査士会連合会)において、国土地理院企画部測量指導課長の安藤暁史氏(写真)より「UAV導入に向けた国土地理院の取り組み」として測量業務におけるドローン(UAV)活用の現状と公共測量への活用に向けた同院の動きが紹介された。


測量業者のUAV保有率は1年間で1.5倍に

国土交通省では、ICTを建設現場等に適用することで建設精算システム全体の生産性向上を目指す「i-Construction」の取り組みを進めている。その背景には、今後予測される建設現場における労働力不足がある。測量業務についても同様で、ドローン活用による生産性向上が期待されている。

従来の測量はトータルシステムによる現地測量もしくは有人航空機による航空写真測量を目的に応じて使い分けてきたが、ドローンという新しい選択肢が増えた。ドローンは小型で運用しやすく、狭い範囲だけを詳細に撮影することも可能で小回りがきく。価格も幅があるが安いものは中小事業者でも手が届く範囲で導入しやすく、ここ数年は測量分野でも活用の機運が高まっている。
…この記事の続きを読む

情報提供元:Wireless Wire News
https://wirelesswire.jp/2016/12/58113/

この記事のライター

最新の投稿


群馬県・妙義山空撮 FLIGHTS Drone Agent

群馬県・妙義山空撮 FLIGHTS Drone Agent

夕日・雲海の絶景


絶景!天空のポピー 秩父高原牧場内のポピー畑

絶景!天空のポピー 秩父高原牧場内のポピー畑

埼玉県皆野町と東秩父村にまたがる秩父高原牧場内のポピー畑では、標高500メートル、面積5.0haの敷地内に約1500万本のシャレーポピーが植栽され、5月下旬から6月にかけて満開となる。


PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwCコンサルティング合同会社が6月26日、企業のドローン活用に関するセミナー、「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制  最新情報~」を開く。PwCのロボテフィクス専門チームや、ゲストが最新動向を紹介する。


ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

日本で唯一最大スケールのプロカメラマン向けフォトビジネスフェア「PHOTONEXT 2017」が横浜市西区のみなとみらいのパシフィコ横浜で6月20日、21日の両日開催され、SONYのブース内ではセミナーが開かれSONY製のカメラを搭載したドローンによる撮影方法や写真ビジネスの提案などが行われた。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。