ドローンで森林健康調査を効率化へ 5人がかり1週間の作業が2分!

ドローンで森林健康調査を効率化へ 5人がかり1週間の作業が2分!

 重要性が高まる森林研究で、ひとつひとつ木に登る手間をドローンが肩代わりできないか試すプロジェクトがアメリカで進んでいる。カリフォルニア大学バークレー校のプロジェクトは、5人がかりで1週間かかる作業が、2分で済んだらしい。


 プロジェクトでは「マルチスペクトル画像技術」を活用していて、ドローンメーカーParrot社と、画像テテクノロジー企業Pix4D社が、危険で時間がかかる調査の効率化に挑んでいるという。…この記事の続きを読む

情報提供元:TechCrunch Japan
http://jp.techcrunch.com/2016/12/09/20161208berkeley-project-tests-tracking-imperiled-forests-with-3d-multispectral-drone-imaging/

この記事のライター

関連するキーワード


マルチスペクトル画像処理

最新の投稿


PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwCコンサルティング合同会社が6月26日、企業のドローン活用に関するセミナー、「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制  最新情報~」を開く。PwCのロボテフィクス専門チームや、ゲストが最新動向を紹介する。


ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

日本で唯一最大スケールのプロカメラマン向けフォトビジネスフェア「PHOTONEXT 2017」が横浜市西区のみなとみらいのパシフィコ横浜で6月20日、21日の両日開催され、SONYのブース内ではセミナーが開かれSONY製のカメラを搭載したドローンによる撮影方法や写真ビジネスの提案などが行われた。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


セキドがはじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナーを東京・大手町で開催!

セキドがはじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナーを東京・大手町で開催!

DJI社の正規代理店である、株式会社 セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は、7月25日(火)東京 大手町ファーストスクエアカンファレンスにて、はじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナー【ドローン自動航行検定付】を開催する。


福島のFSGカレッジリーグが「ドローン人材育成プロジェクト」を発表

福島のFSGカレッジリーグが「ドローン人材育成プロジェクト」を発表

福島県郡山市にある専門学校グループ「FSGカレッジリーグ」では、空の産業革命と呼ばれ、物流・災害救助・点検測量・観光振興・農業・映像利用など、様々な業界や地方公共団体等で活用が高まっているドローンについて、その知識や操作技術、活用方法を習得した人材の重要性を認識し、新たな人材育成プロジェクトをスタートさせる。