ドローン空撮動画で町の魅力を再発見「ドローンコンテスト#PORTO3316」を実施

ドローン空撮動画で町の魅力を再発見「ドローンコンテスト#PORTO3316」を実施

ICT を活用した地域活性化や中小企業支援を行なっている一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会と佐賀県伊万里市の地域間連携プロジェクト「PORTO3316IMARI」では、「ドローン動画コンテスト#PORTO3316」を2016年12月5日(月)より実施


最優秀賞には10万円!地域に魅力を伝えるクリエイター求む

 ICT を活用した地域活性化や中小企業支援を行なっている一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会(以下 JASISA、東京都渋谷区)と佐賀県伊万里市の地域間連携プロジェクト「PORTO3316IMARI」では、「ドローン動画コンテスト#PORTO3316」を2016年12月5日(月)より実施する。
 2016年10月には訪日外国人旅行者数が2000万人を突破し、観光立国を掲げ各地での観光振興の取り組みが盛り上がる一方、外国人旅行者は延べ宿泊数の全体の約65%を東京都、大阪府、北海道、京都府、千葉県の5つの都道府県で占めるなど、訪問エリアに偏りも見られる。観光振興に力を入れる地域においては「選んでもらうため」に、地域の魅力を様々な方法で伝える必要がある。
 そこで、人間の目ではなく鳥の目で地域を捉え、これまで気づかなかった地域の美しさを教えてくれる可能性について、ドローンでの撮影動画に着目し、「新しい地域の魅力を発掘・発信する」をテーマにドローン空撮コンテストを開催いたします。地域の魅力を引き出すツールとしてのドローンの認知度・イメージアップを図り、撮影された地域の情報発信の支援とあわせ、地域の魅力を引き出すクリエティブ人材の発掘にも努めるという。

1.コンテスト概要
応募期間:
2016年12月5日(月)〜12月20日(火)

応募資格・条件:
国籍、年齢、性別、経験は問いませんが、以下の条件を守って作品を提出すること。
・ドローンで空撮した5分以内(300秒以内)の作品。
・作品時間の60%以上をドローンで撮影している。
・応募作品に使用される楽曲は、第三者から使用差し止め等のクレームを受けることのない楽曲に限ります。また応募者自身が著作権を有したオリジナル楽曲(著作権管理団体に信託譲渡されていない作品)も可能。

賞品・賞金:
最優秀賞 1作品(奨励金10万円) 優秀賞 2作品(奨励金3万円) スポンサー賞 2作品(奨励金2万円)

主催:
一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会・PORTO3316IMARI

後援:
伊万里市 、DJI JAPAN 株式会社. DRONE MEDIA 、一般社団法人セキュアドローン協議会、産業経済新聞社、フジサンケイビジネスアイ、イノベーションズアイ

審査委員:
池田 浩 氏 RKB 毎日放送株式会社 メディア事業局コンテンツ開発部 チーフプロデューサー
井手 広法 氏 株式会社いまココ 代表取締役
西脇 資哲 氏 日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員

2.応募方法
ドローン動画コンテスト#PORTO3316 特設ページより
http://www.biz-solution.org/porto3316dorone/

【法人概要】
法人名:一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会|JASISA
発足日:2010年6月1日(法人化:2010年10月1日)
代表者:代表理事 森戸 裕一 所在地:東京都渋谷区渋谷3-5-16-2F
サイト:http://www.biz-solution.org/ 電 話:0120-640-702 [フリーダイヤル]
メール:info@biz-solution.org
活 動:クラウド(crowd,cloud)思考で組織再生(ワークスタイル変革、ワークライフバランス実現、マネジメント変革)と地方創生(販路拡大・ブランディング、コミュニティ連携、新規事業プロデュース)、人材育成(次世代リーダー育成、プロデューサー育成、コミュニティシップ養成)を行っています。経革広場(http://www.keikakuhiroba.net/)の運営を通じて地域や企業活性化のヒントとなる情報の提供、コミュニティ間連携を行なっています

3.お問合せ窓口
一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会運営事務局 安藤・櫻木(0120-640-702)

この記事のライター

関連するキーワード


#PORTO3316

最新の投稿


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。