ドローン空撮動画で町の魅力を再発見「ドローンコンテスト#PORTO3316」を実施

ドローン空撮動画で町の魅力を再発見「ドローンコンテスト#PORTO3316」を実施

ICT を活用した地域活性化や中小企業支援を行なっている一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会と佐賀県伊万里市の地域間連携プロジェクト「PORTO3316IMARI」では、「ドローン動画コンテスト#PORTO3316」を2016年12月5日(月)より実施


最優秀賞には10万円!地域に魅力を伝えるクリエイター求む

 ICT を活用した地域活性化や中小企業支援を行なっている一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会(以下 JASISA、東京都渋谷区)と佐賀県伊万里市の地域間連携プロジェクト「PORTO3316IMARI」では、「ドローン動画コンテスト#PORTO3316」を2016年12月5日(月)より実施する。
 2016年10月には訪日外国人旅行者数が2000万人を突破し、観光立国を掲げ各地での観光振興の取り組みが盛り上がる一方、外国人旅行者は延べ宿泊数の全体の約65%を東京都、大阪府、北海道、京都府、千葉県の5つの都道府県で占めるなど、訪問エリアに偏りも見られる。観光振興に力を入れる地域においては「選んでもらうため」に、地域の魅力を様々な方法で伝える必要がある。
 そこで、人間の目ではなく鳥の目で地域を捉え、これまで気づかなかった地域の美しさを教えてくれる可能性について、ドローンでの撮影動画に着目し、「新しい地域の魅力を発掘・発信する」をテーマにドローン空撮コンテストを開催いたします。地域の魅力を引き出すツールとしてのドローンの認知度・イメージアップを図り、撮影された地域の情報発信の支援とあわせ、地域の魅力を引き出すクリエティブ人材の発掘にも努めるという。

1.コンテスト概要
応募期間:
2016年12月5日(月)〜12月20日(火)

応募資格・条件:
国籍、年齢、性別、経験は問いませんが、以下の条件を守って作品を提出すること。
・ドローンで空撮した5分以内(300秒以内)の作品。
・作品時間の60%以上をドローンで撮影している。
・応募作品に使用される楽曲は、第三者から使用差し止め等のクレームを受けることのない楽曲に限ります。また応募者自身が著作権を有したオリジナル楽曲(著作権管理団体に信託譲渡されていない作品)も可能。

賞品・賞金:
最優秀賞 1作品(奨励金10万円) 優秀賞 2作品(奨励金3万円) スポンサー賞 2作品(奨励金2万円)

主催:
一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会・PORTO3316IMARI

後援:
伊万里市 、DJI JAPAN 株式会社. DRONE MEDIA 、一般社団法人セキュアドローン協議会、産業経済新聞社、フジサンケイビジネスアイ、イノベーションズアイ

審査委員:
池田 浩 氏 RKB 毎日放送株式会社 メディア事業局コンテンツ開発部 チーフプロデューサー
井手 広法 氏 株式会社いまココ 代表取締役
西脇 資哲 氏 日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員

2.応募方法
ドローン動画コンテスト#PORTO3316 特設ページより
http://www.biz-solution.org/porto3316dorone/

【法人概要】
法人名:一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会|JASISA
発足日:2010年6月1日(法人化:2010年10月1日)
代表者:代表理事 森戸 裕一 所在地:東京都渋谷区渋谷3-5-16-2F
サイト:http://www.biz-solution.org/ 電 話:0120-640-702 [フリーダイヤル]
メール:info@biz-solution.org
活 動:クラウド(crowd,cloud)思考で組織再生(ワークスタイル変革、ワークライフバランス実現、マネジメント変革)と地方創生(販路拡大・ブランディング、コミュニティ連携、新規事業プロデュース)、人材育成(次世代リーダー育成、プロデューサー育成、コミュニティシップ養成)を行っています。経革広場(http://www.keikakuhiroba.net/)の運営を通じて地域や企業活性化のヒントとなる情報の提供、コミュニティ間連携を行なっています

3.お問合せ窓口
一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会運営事務局 安藤・櫻木(0120-640-702)

この記事のライター

関連するキーワード


#PORTO3316

最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。