まるで扇風機!?…サムスンが独創的デザインのドローン特許出願

まるで扇風機!?…サムスンが独創的デザインのドローン特許出願

韓国電子メーカー大手・サムスンが、ドローンの開発準備を進めているという案が浮上した。このたび、サムスンがドローンの特許を申請していたという動きが、韓国メディアによって伝えられた。サムスンのドローンに特許は、今年4月の段階で韓国特許庁に申請されていた。特別な技術的要素の出願はなく、デザインにおける特許申請となっている。


Photo by 大韓民国特許庁

 公開されたデザインは、扇風機を連想させる。複数のプロペラがついた一般的なドローンとは異なり、その数はひとつだけ。しかも、それを保護するケージがついている。なお、ドローン下部には折りたたみ式の脚も搭載。中央にはカメラが備え付けられている。…この記事の続きを読む

情報提供元:ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/7035

この記事のライター

関連するキーワード


サムスン 特許

関連する投稿


アマゾン、飛行船とドローンを活用した配送システムで米特許取得

アマゾン、飛行船とドローンを活用した配送システムで米特許取得

通販サイト大手のアマゾン・ドット・コム(アマゾン)が、アメリカ特許商標庁(USPTO)に対して、飛行船やドローンを活用した新たな配送システムの特許を出願、取得していたことが明らかになり、話題となっています。


「ドローンを活用した仮想観光システム」の特許 DJIが出願

「ドローンを活用した仮想観光システム」の特許 DJIが出願

 DJIが「ドローンを活用した仮想観光システムと方法」という特許を出願した。


最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。