テロリストをドローンでピンポイント爆撃! 映画『アイ・イン・ザ・スカイ』の話題性

テロリストをドローンでピンポイント爆撃! 映画『アイ・イン・ザ・スカイ』の話題性

 ドローンが戦争で使われるとしたら、戦士は何を考えるのか。〝戦争の未来〟を描いた映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦争」のプロデューサーが、専門誌のインタビューを受けて、映画の狙いを語った。日本では話題の中心にはなっていないが、一部識者の中で「この話題を避けては危険」の声が出始めている。国内での評価はさて。


 インタビューに応じたのは、イギリスの映画プロデューサー、ジェド・ドハティ氏。ドローンで潜伏するテロリストをとらえ、ピンポイント爆撃するリアリティーは、正しい戦争のありかたを提示することが目的であるわけではなく、むしろ、この映画をみて考えてほしいのだ、という。
…この記事の続きを読む

情報提供元:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0087605

この記事のライター

関連する投稿


アラン・リックマンさん最後の雄姿!戦争サスペンス映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』12月公開

アラン・リックマンさん最後の雄姿!戦争サスペンス映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』12月公開

 ドローンを使い、戦場から遠く離れた場所で進められる現代の戦争の闇を描く軍事サスペンス『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』から予告編が公開され、今年1月に永眠したアラン・リックマンさんがドローン戦争において苦渋の決断を迫られる一人として凄みのある演技を披露している。


最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。