テロリストをドローンでピンポイント爆撃! 映画『アイ・イン・ザ・スカイ』の話題性

テロリストをドローンでピンポイント爆撃! 映画『アイ・イン・ザ・スカイ』の話題性

 ドローンが戦争で使われるとしたら、戦士は何を考えるのか。〝戦争の未来〟を描いた映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦争」のプロデューサーが、専門誌のインタビューを受けて、映画の狙いを語った。日本では話題の中心にはなっていないが、一部識者の中で「この話題を避けては危険」の声が出始めている。国内での評価はさて。


 インタビューに応じたのは、イギリスの映画プロデューサー、ジェド・ドハティ氏。ドローンで潜伏するテロリストをとらえ、ピンポイント爆撃するリアリティーは、正しい戦争のありかたを提示することが目的であるわけではなく、むしろ、この映画をみて考えてほしいのだ、という。
…この記事の続きを読む

情報提供元:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0087605

この記事のライター

関連する投稿


アラン・リックマンさん最後の雄姿!戦争サスペンス映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』12月公開

アラン・リックマンさん最後の雄姿!戦争サスペンス映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』12月公開

 ドローンを使い、戦場から遠く離れた場所で進められる現代の戦争の闇を描く軍事サスペンス『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』から予告編が公開され、今年1月に永眠したアラン・リックマンさんがドローン戦争において苦渋の決断を迫られる一人として凄みのある演技を披露している。


最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。