Adam Clark Estes氏のDJI Mavic Proレビュー:コンパクトなサイズと性能の微妙な関係

Adam Clark Estes氏のDJI Mavic Proレビュー:コンパクトなサイズと性能の微妙な関係

さまざまなドローンを試してレビューをしてきた米GizmodoのAdam Clark Estes氏がMavic Proのレビューをしました。数々のドローンを試してきたからこそわかる、Mavic Proの利点と欠点が語られていますよ。以下、どうぞ。


Mavic Proがオフィスに届いたときの第一声は、「なんてこった、すごく小さい」でした。折りたたみ式のドローンは、どっしりしたイタリアンサンドイッチくらいの重さとサイズと思っていましたが、このMavic Proは驚異的にコンパクトなサイズ。しかしこのサイズ、使ってみると、良い面であり悪い面であることがわかりました。

まず最初にいえるのは、このドローンを飛ばすのはとってもスリリングです。

…この記事の続きを読む

情報提供元:GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2016/12/dji-mavic-pro-review.html

この記事のライター

関連するキーワード


Mavic Pro

関連する投稿


EdgyBee 社がDJI 製ドローンの操縦法が学べるAR モバイルア プリ「Drone Prix」を発表

EdgyBee 社がDJI 製ドローンの操縦法が学べるAR モバイルア プリ「Drone Prix」を発表

拡張現実(AR)技術を提供する EdgyBees 社は、DJI の「PHANTOM 3 PRO」、「PHANTOM 4」シリーズと「MAVIC PRO」に対応した、ドローンの操縦方法を学べる AR モバイルア プリ「Drone Prix」を発表した。


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


DJI 、CP+ 2017に最新ドローンとハンディスタビライザーを出展

DJI 、CP+ 2017に最新ドローンとハンディスタビライザーを出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」(2/24-26) に出展し、 今年1月にCESで発表したハンディスタビライザーの新シリーズ「OSMO MOBILE SILVER」をはじめとするDJIの各製品を出品する。


DJI、MAVIC PRO向けの新アクセサリー7製品を発表

DJI、MAVIC PRO向けの新アクセサリー7製品を発表

無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJIは、 折りたたみ式のコンパクトドローン「MAVIC PRO」向けに、 飛行の安全性を高め、 より快適で安全な飛行体験を実現する新しい7製品のアクセサリーを発表した。


セキドがDJI最新機体を無料体験!NEW PILOT EXPERIENCE in 横浜 3/3(金)

セキドがDJI最新機体を無料体験!NEW PILOT EXPERIENCE in 横浜 3/3(金)

シリーズ最新機体「Phantom4 Pro Plus」、最新折り畳み式ドローン「Mavic Pro」の2機を体験できる絶好のチャンス!


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。