【キーマン】ドローンで篤農家をサポートする「ドローン米」プロジェクト

【キーマン】ドローンで篤農家をサポートする「ドローン米」プロジェクト

ドローンの「コンサル・農業・教育」で事業を展開しているドローンジャパン株式会社(本社:東京、代表:勝俣喜一郎)は、ドローンを活用した田圃の「見える化」を実現するDJアグリサービスで、篤農家をサポートしている。同社の農業に対する思いは、「ドローン米」というプロジェクトも生み出している。その取り組みを聞いた。(田中亘)


ドローンジャパンの勝俣喜一郎代表。

農薬や化学肥料に頼らずにドローンを活用した「ドローン米」とは

 ドローンジャパンは、2017年度からドローンとクラウドとAIを活用した「DJアグリサービスプラットフォーム」の提供を計画している。このサービスの開始に先立ち、2015年の創業時から、同社は日本各地の篤農家と協力して、ドローンを活用した田圃の「見える化」に取り組んできた。同社がドローンでサポートしてきた篤農家は、生態系を大切にして農薬や化学肥料に頼らず、自然との調和を心がけた稲作を実践している。2016年度はそうした篤農家の中から北海道旭川市の市川農場と、千葉県佐倉市の三門農園に、茨城県小美玉市の拓実の会が、同社と協働で「ドローン米」を生産した。
 「ドローン米は、篤農家が創ったお米を越後製菓のパック加工技術によって、炊きたてを味わえるパックご飯にしました。パックご飯にすることで、海外にも販路を拡大できます。海外でも、安全や安心な食への意識の高い消費者に、日本の美味しいお米を届けたいと考えています」と勝俣氏は話す。
 同社では、篤農家の米づくりをサポートするために、カメラやセンサーを搭載したドローンを活用して、稲の生育状況のリモートセンシングに取り組んできた。篤農家の田圃で実証実験を繰り返し、ドローンによるリモートセンシングの技術と精度を高めてきた。同時に、篤農家が生産する美味しくて安全な米のブランドを高め、収益性のあるビジネスにするために、「ドローン米」の生産と販売にも乗り出す。
 「日本の稲作は、大規模化を推進するか、小規模でもコスト競争力をつけて専業農家として継続していくか、いま大きな岐路に立たされています。我々のビジネスは、日本の稲作だけではなく、将来的には世界へも日本の米づくりを広めていくために、『ドローン米』というブランドの発信とドローンによる田圃の解析技術の向上に取り組んでいきます」と勝俣氏。

稲の上を飛ぶドローン

ドローンによる田圃の解析は世界的にもまだスタートライン

 海外では、小麦やぶどうなどの生育を衛星や航空機からの撮影で解析するサービスが、以前から提供されてきた。近年は、そこにドローンが登場して近接した空域から撮影した画像データやマルチスペクトルカメラによる光波データから、生育状況を分析する取り組みが進んでいる。しかし、世界的に見ても稲作における生育解析は、まだ実用化が進んでいない。
 「2016年度の『ドローン米』を生産するために協力してきた篤農家との実証実験では、ドローンがより正確に飛行する技術を改善していくことに加えて、カメラの性能も田圃の解析に適した改良や開発が必要だとわかりました。そこで来年度は、田圃の空撮やリモートセンシングに適したカメラの開発をメーカーと協力して推進していきたいと考えています。
 また、我々の提供するサービスは、あくまでもドローンによるリモートセンシングなので、農業向けのアグリサービスを提供しているプロバイダーとも協業して、農家に求められるソリューションを提供できればと願っています」と勝俣氏。

人材の育成も見据えた長期ビジョンでドローンによる米作りを支援していく

 ドローンジャパンでは、2017年度から国内でDJアグリサービスとドローン米の展開をスタートするが、その一方でグローバルでの米づくりも見据えた長期的なビジョンも描いている。
 「日本の米づくりに対する需要は、世界的にも高くなってきています。そこで、海外からの農業留学生を篤農家に受け入れてもらって、日本の稲作や土づくりを世界に広げていきたいと考えています。ドローンによるリモートセンシング技術を高めていくだけではなく、そのソリューションを活用した精密農業を実践できる人材を育成することで、ベトナムやタイやカンボジアなどでも、日本の米づくりを実現できると考えています」と勝俣氏。
 グローバルでの展開も計画している一方で、DJアグリサービスでは、空だけではなく「水」をセンシングできるドローンも開発している。「アイガモドローン」と名付けられたドローンは、空ではなく水田の中を自動航行して、センサーで水温などをセンシングする。
 「IoTやビッグデータにAIなど、これから発展するIT技術の多くは、日本人の勘と経験によって蓄積された熟練の技や知識を再付加価値化できると確信しています。ドローンを活用して、農薬や化学肥料に頼らない米づくりが広がっていけば、食の安全や安心につながるだけではなく、自然環境にも優しい国土を育むと思います」と勝俣氏は展望を語る。

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンがドローンのソフトウェア・エンジニア養成塾の第三期募集を開始

ドローンジャパンがドローンのソフトウェア・エンジニア養成塾の第三期募集を開始

ドローンの「コンサル・農業・教育」で事業を展開しているドローンジャパン株式会社(本社:東京、代表:勝俣喜一郎)は、平成29年4月から第三期となる「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」を開催すると発表した。


「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

11月11日、ドローンに関するコンサルティングや精密農業を展開するドローン・ジャパンは、軽井沢の風越公園アイスパーク会議室で、「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表を行った。また同社は、APTJ(ArduPilotTeamJapan)の設立も発表した。(田中亘)


ドローンを活用して稲の栽培を見える化する「DJアグリサービス」

ドローンを活用して稲の栽培を見える化する「DJアグリサービス」

ドローンのコンサルティングやサービスを提供するために2015年12月に設立されたドローン・ジャパン株式会社(代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、ドローンで田畑を解析し「見える化」する「DJアグリサービス」を2017年4月より開始する。(田中亘)


産業用ドローンが持つ3つの役割と課題〜ドローンジャパン株式会社の春原久徳氏に聞く

産業用ドローンが持つ3つの役割と課題〜ドローンジャパン株式会社の春原久徳氏に聞く

ドローンを活用した先進農業に挑むドローンジャパン株式会社は、三井物産デジタルやマイクロソフトでPCの黎明期からビジネスに携わってきた春原久徳氏が取締役会長を勤めるベンチャー企業。ドローンに関するコンサルティングと農業と教育を事業の柱にしている。(DRONE TIMES 田中亘)


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。