有人機とドローンは共存できるか!? ANA総研、天草市、東京大学が協定締結、今日実証実験!

有人機とドローンは共存できるか!? ANA総研、天草市、東京大学が協定締結、今日実証実験!

 有人機と無人機は共存できるか。実現のためには何が必要か。ANA総合研究所、天草市、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻鈴木・土屋研究室が、この問いに答えを導き出すことなどをテーマに、12月18日、協定を締結した。19日には実証実験も行う。


防災、水産業、観光でドローンの活用を目指す天草市と、3者は共存に関する調査、海上での高い自立飛行制御技術の研究などに取り組むという。…この記事の続きを読む

情報提供元:トライシー
http://www.traicy.com/20161218-anasouken

この記事のライター

関連するキーワード


ANA総研 天草市 東京大学

関連する投稿


障害物を自動で回避できる小型無人航空機の自動飛行システムを開発 -東京大学、リコー、ブルーイノベーションが共同開発-

障害物を自動で回避できる小型無人航空機の自動飛行システムを開発 -東京大学、リコー、ブルーイノベーションが共同開発-

東京大学の研究グループは、事務機器・光学機器メーカーの株式会社リコーと、ドロー ン・サービスプロバイダであるブルーイノベーション株式会社と共同で、非 GPS 環境下でも安定し て自動飛行するとともに、経路上の障害物を自動で回避できるドローンシステムを共同開発し、飛 行試験に成功したと発表した。


国交省/GLP座間で物流用ドローン、正確な離着陸に成功

国交省/GLP座間で物流用ドローン、正確な離着陸に成功

国土交通省は2月28日、神奈川県座間市のGLP座間で、システム開発のブルーイノベーション、東京大学とともに、開発中のドローンポートの実験を行った。


JUIDA海外視察報告会「世界の無人航空機(UAS)最新動向」を東大本郷キャンパスで開催のお知らせ

JUIDA海外視察報告会「世界の無人航空機(UAS)最新動向」を東大本郷キャンパスで開催のお知らせ

東京大学本郷キャンパスにて、JUIDA主催の「定例セミナー」を開催、参加者を募集中。


センサー搭載のドローンを使い「ブドウ」の収穫時期を分析

センサー搭載のドローンを使い「ブドウ」の収穫時期を分析

ワイン用のぶどう畑にセンサー搭載のドローンを飛ばし、水分量や糖度を計測、さらには収穫時期まで把握しようという実証実験が31日、長野県塩尻市の塩尻志学館高校のブドウ農園で実施された。


ドローンを使い「ブドウ」を分析する国内初の試み実施へ〜長野県塩尻市の高校で

ドローンを使い「ブドウ」を分析する国内初の試み実施へ〜長野県塩尻市の高校で

 ドローンをワイン用のぶどう畑に飛ばして、センサーで水分量や糖度、さらには収穫時期まで把握しようという実験が8月30日、長野県塩尻市の塩尻志学館高校で実施される。企業と教育機関がタッグを組んだ「IoWプロジェクト」の一環で、センサーを搭載したドローンを利用するのは国内初の試みとして注目される。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。