三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

「空から無限の情報を。」というキャッチフレーズを掲げる株式会社スカイマティクス(本社:東京、代表取締役COO:渡邉善太郎)は、三菱商事株式会社と株式会社日立製作所の出資により設立された新会社。同社はドローンによるリモートセンシングサービスで、農業や建築分野へのソリューションを提供していく。(田中亘)


ドローンの飛行からデータ解析までをワンストップで提供

 スカイマティクスのCOOを務める渡邉氏は、1998年に三菱商事が設立した日本スペースイメージング株式会社で、衛星画像ビジネスに携わってきた。同社には、2013年に日立製作所が資本参加し、ITを活用した事業を展開してきた。渡邉氏は「衛星画像は高価なので、日本では産業用途には普及してきませんでした。そこで、ドローンによるリモートセンシングならば、農業や建築などの分野で、ソリューションを提供できると考え、ワンストップでサービスを提供できる新会社を設立しました」と設立の背景を語る。SkymatiXという社名は、空(Sky)と情報科学(informatics)と無限(X)を組み合わせた造語。その意図が「空から無限の情報を。」というキャッチフレーズと、Remote Sensing as a Serviceというワードに込められている。
 「いまの業界は、ドローンを作る会社とAIやIoTを専門に扱う会社が、それぞれに事業を展開しているので、ユーザーは自分で個別に選ばなければなりません。ここに私たちは解決策を見出していきたいのです。ドローンの提供やフライトから、リモートセンシングで収集したデータの解析と可視化までをクラウドとAIを活用して、ワンストップで実現するソリューションを提供します」と渡邉氏。

スカイマティクス代表取締役COOの渡邉善太郎氏

農業、建設、プラント、資材管理に向けた製品を販売

 スカイマティクスでは、2017年に農業や建設にプラントや資材管理などの用途に向けた製品の販売を計画している。そのサービスのイメージは、同社の動画に集約されている。タブレット端末から田圃や鉱山や資材置き場などのエリアを選択すると、ドローンが自律飛行でリモートセンシングを行い、データをクラウドに送りユーザーに必要な解析結果を伝える。
 このサービスを実現するために、同社では株式会社プロドローン(本社:愛知県、代表:河野雅一)に機体の開発を依頼し、出資もしている。プロドローンを選んだ理由について、渡邉氏は「産業用のドローンは、用途に合わせたカスタマイズが求められます。私たちが国内の開発元をリサーチした結果、プロドローンの開発・製造技術が最適だと判断して、農業や建設に適したドローンを設計してもらうことにしました」と説明する。
 ドローンによる正確なリモートセンシングを行うためには、撮影対象となる現場に合わせたカメラを搭載して飛行する必要がある。それぞれの用途に合わせた違いがあるので、ドローンにもペイロードや飛行の安定性など、求められる条件が異なってくる。そうした違いに対応するためには、コンシューマ向けの汎用製品ではなく、カスタマイズあるいは専用設計の機体が求められるという。
 一方で、同社のイメージビデオに描かれている完全な自動化を実現するためには、機体の設計だけではなく、法制度の面からも解決しなければならない課題は多い。その点について渡邉氏は「目視外での自律飛行を実現するためには、実証実験を繰り返して技術的な課題をクリアしていくことと、産学官が協力して制度の整備やイノベーションを加速していく必要があるでしょう」と話す。

プロドローンによってカスタマイズされた機体

AIを活用した農業分野でのイノベーションを目指す

 ドローンによる空からのリモートセンシングをワンストップのサービスとして提供するために、同社では取得したデータを蓄積するデータプラットフォームとAIによる解析サービスにも取り組んでいる。この分野では、共同出資社の日立製作所から同社にCTOが常駐しているという。
 AIによる分析の一例として、渡邉氏は稲の葉色解析について触れ「例えば、熟練の農家であれば、空から撮影した葉色を見るだけで、その稲がきちんと生育しているか、病気にかかっているかが判断できます。その農家の知見を機械学習していくことで、次の年度からは葉色の違いを通知できるようになります。さらにAIによる学習が進めば、葉色の違う稲に対して、どのような対策を施せばいいのかを農業経験の浅い農業従事者に教えられるようになります」と話す。
 完全な自律飛行による空からのリモートセンシングサービスを目指す同社の今後の動向は、日本のドローン産業の可能性を測る上でも注目に値する。

この記事のライター

関連する投稿


KDDI、プロドローン、ゼンリンが、スマートドローン事業で業務提携

KDDI、プロドローン、ゼンリンが、スマートドローン事業で業務提携

12月19日。KDDI株式会社(本社:東京都、社長:田中孝司)と、株式会社プロドローン(本社:愛知県、社長:河野雅一)と、株式会社ゼンリン(本社:福岡県、社長:高山善司)は、「スマートドローンプラットフォーム」の商用化に向けた業務提携を発表した。(田中亘)


三菱商事と日立、ドローン事業で合弁設立 産業用途や衛星画像で活用広げる

三菱商事と日立、ドローン事業で合弁設立 産業用途や衛星画像で活用広げる

三菱商事と日立製作所は5日、小型無人機(ドローン)事業で新会社を設立し、営業を開始したと発表した。資本金は2億9000万円で三菱商事が66%、日立が34%を出資した。


『CEATEC JAPAN 2016』、ドローン最前線

『CEATEC JAPAN 2016』、ドローン最前線

幕張メッセ(千葉市美浜区)で『CEATEC JAPAN 2016』が開催された。ドローン関係の展示は昨年より増え、大手ドローンベンダーの出展や産業用ドローンの新たな取り組みなど、ドローンを取り巻く先進的なショーケースが紹介された。(田中亘)


プロドローン、天井面・垂直壁面両方の検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を開発

プロドローン、天井面・垂直壁面両方の検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を開発

株式会社プロドローン(PRODRONE 本社:愛知県名古屋市中区、 代表取締役社長:河野 雅一)は、 社会インフラ検査市場向けに水平面・垂直面両方の壁面検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を開発したと発表した。


プロドローン、世界初の2本のロボットアームをもつ直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発

プロドローン、世界初の2本のロボットアームをもつ直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発

株式会社プロドローン(PRODRONE 本社:愛知県名古屋市中区、 代表取締役社長:河野 雅一)は、 2本のドローン専用ロボットアームを装備した直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発したと発表した。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。