三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

「空から無限の情報を。」というキャッチフレーズを掲げる株式会社スカイマティクス(本社:東京、代表取締役COO:渡邉善太郎)は、三菱商事株式会社と株式会社日立製作所の出資により設立された新会社。同社はドローンによるリモートセンシングサービスで、農業や建築分野へのソリューションを提供していく。(田中亘)


ドローンの飛行からデータ解析までをワンストップで提供

 スカイマティクスのCOOを務める渡邉氏は、1998年に三菱商事が設立した日本スペースイメージング株式会社で、衛星画像ビジネスに携わってきた。同社には、2013年に日立製作所が資本参加し、ITを活用した事業を展開してきた。渡邉氏は「衛星画像は高価なので、日本では産業用途には普及してきませんでした。そこで、ドローンによるリモートセンシングならば、農業や建築などの分野で、ソリューションを提供できると考え、ワンストップでサービスを提供できる新会社を設立しました」と設立の背景を語る。SkymatiXという社名は、空(Sky)と情報科学(informatics)と無限(X)を組み合わせた造語。その意図が「空から無限の情報を。」というキャッチフレーズと、Remote Sensing as a Serviceというワードに込められている。
 「いまの業界は、ドローンを作る会社とAIやIoTを専門に扱う会社が、それぞれに事業を展開しているので、ユーザーは自分で個別に選ばなければなりません。ここに私たちは解決策を見出していきたいのです。ドローンの提供やフライトから、リモートセンシングで収集したデータの解析と可視化までをクラウドとAIを活用して、ワンストップで実現するソリューションを提供します」と渡邉氏。

スカイマティクス代表取締役COOの渡邉善太郎氏

農業、建設、プラント、資材管理に向けた製品を販売

 スカイマティクスでは、2017年に農業や建設にプラントや資材管理などの用途に向けた製品の販売を計画している。そのサービスのイメージは、同社の動画に集約されている。タブレット端末から田圃や鉱山や資材置き場などのエリアを選択すると、ドローンが自律飛行でリモートセンシングを行い、データをクラウドに送りユーザーに必要な解析結果を伝える。
 このサービスを実現するために、同社では株式会社プロドローン(本社:愛知県、代表:河野雅一)に機体の開発を依頼し、出資もしている。プロドローンを選んだ理由について、渡邉氏は「産業用のドローンは、用途に合わせたカスタマイズが求められます。私たちが国内の開発元をリサーチした結果、プロドローンの開発・製造技術が最適だと判断して、農業や建設に適したドローンを設計してもらうことにしました」と説明する。
 ドローンによる正確なリモートセンシングを行うためには、撮影対象となる現場に合わせたカメラを搭載して飛行する必要がある。それぞれの用途に合わせた違いがあるので、ドローンにもペイロードや飛行の安定性など、求められる条件が異なってくる。そうした違いに対応するためには、コンシューマ向けの汎用製品ではなく、カスタマイズあるいは専用設計の機体が求められるという。
 一方で、同社のイメージビデオに描かれている完全な自動化を実現するためには、機体の設計だけではなく、法制度の面からも解決しなければならない課題は多い。その点について渡邉氏は「目視外での自律飛行を実現するためには、実証実験を繰り返して技術的な課題をクリアしていくことと、産学官が協力して制度の整備やイノベーションを加速していく必要があるでしょう」と話す。

プロドローンによってカスタマイズされた機体

AIを活用した農業分野でのイノベーションを目指す

 ドローンによる空からのリモートセンシングをワンストップのサービスとして提供するために、同社では取得したデータを蓄積するデータプラットフォームとAIによる解析サービスにも取り組んでいる。この分野では、共同出資社の日立製作所から同社にCTOが常駐しているという。
 AIによる分析の一例として、渡邉氏は稲の葉色解析について触れ「例えば、熟練の農家であれば、空から撮影した葉色を見るだけで、その稲がきちんと生育しているか、病気にかかっているかが判断できます。その農家の知見を機械学習していくことで、次の年度からは葉色の違いを通知できるようになります。さらにAIによる学習が進めば、葉色の違う稲に対して、どのような対策を施せばいいのかを農業経験の浅い農業従事者に教えられるようになります」と話す。
 完全な自律飛行による空からのリモートセンシングサービスを目指す同社の今後の動向は、日本のドローン産業の可能性を測る上でも注目に値する。

この記事のライター

関連する投稿


スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

株式会社スカイマティクス(以下「当社」)は、高性能農薬散布ドローンX-F1と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、及び高性能測量ドローンX-S1と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始します。


プロドローン、長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を開発

プロドローン、長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を開発

株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一、以下:PRODRONE)は、この度、長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を開発したことをお知らせいたします。


プロドローン、精密レーザー測量機専用エアバッグ「PD-B-R」を開発

プロドローン、精密レーザー測量機専用エアバッグ「PD-B-R」を開発

株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一、以下:PRODRONE)は、この度、ドローンに搭載する精密レーザー測量機専用エアバッグ「PD-B-R」を開発したことをお知らせいたします。


キヤノンMJがPRODRONEと超高感度の多目的カメラ搭載の災害対策用ドローンを発表 7月販売開始

キヤノンMJがPRODRONEと超高感度の多目的カメラ搭載の災害対策用ドローンを発表 7月販売開始

 キヤノンマーケティングジャパン(東京都港区港南)は、株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)が開発したヘキサコプターに、キヤノン製の多目的カメラを搭載した災害対策用のドローン「PD6E2000-AW-CJ1」を7月に販売開始すると4日、発表した。


ドローンによる動画データの完全秘匿中継技術を開発

ドローンによる動画データの完全秘匿中継技術を開発

撮影ドローンが写した動画データを、中継ドローンを介して、電波が直接届かない場所であるカバレッジホールまで完全秘匿化したまま、無線局免許不要の市販Wi-Fi機器を用いて伝送する技術を開発。


最新の投稿


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

2014年に、農家からの問い合わせに応える形で誕生したエンルート社の農業用ドローンZion AC940-D。機体の設計や開発は順調に進んだが、農家へ普及させるためには、越えなければならない制度の壁があった。その取り組みの経緯について、開発に携わってきた同社技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


 1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

 世界各国の企業や研究機関で関連研究が進むなか、米カーネギーメロン大学(以下、CMU)のロボット研究者たちは、ユニークな方法でドローンに衝回避能力を付与しようとしている。


物流用ドローンポートシステムの可能性

物流用ドローンポートシステムの可能性

IDE TOKYOドローンソリューション&技術展で、熊田 貴之(ブルーイノベーション株式会社 代表取締役)氏が、「物流用ドローンポートシステムの可能性」について講演した。


DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでSPARK体験イベント開催

DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでSPARK体験イベント開催

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、5 月 25日に発表したばかりの新製品の小型高性能ドローン「SPARK」の無料空撮体験会を、横浜ランドマークプラザ 1F ガーデンスクエアの特設ゲージで27日、開催した。体験会は28日まで。


米国Alta DevicesとPowerOasis社がソーラーパワーUAVのリファレンスデザインを開発

米国Alta DevicesとPowerOasis社がソーラーパワーUAVのリファレンスデザインを開発

カリフォルニア州サニーベール、Alta Devices社とPowerOasis社は、世界初となるUAV用の太陽電池とリチウムイオン(Li-ion)バッテリ電源システムのリファレンスデザインの開発を5月24日、発表した。