JUIDA認定校ドローン大学校、スクール修了生を対象にティーチングアシスタントプログラムを発表!

JUIDA認定校ドローン大学校、スクール修了生を対象にティーチングアシスタントプログラムを発表!

修了生のドローン(小型無人機)ビジネス参入とドローン業界における雇用の創造をビジョンとする一般社団法人ドローン大学校は、 特に操縦技能や運航知識の高かった修了生に向けて「ドローン大学校認定 ティーチングアシスタント(TA)検定」と称する新たな雇用創出プログラムを発表した。


一般社団法人ドローン大学校 JUIDA「操縦技能証明証・安全運航管理者証明証」取得後雇用創出プログラム第1弾

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)では、 現在全国に約40校ある認定スクールにおいて、 JUIDAが定める科目を修了した操縦士にJUIDA「操縦技能証明証」を、 また無人航空機の安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントを習得した修了生にJUIDA「安全運航管理者証明証」の交付を行っている。
 JUIDAの認定スクールであるドローン大学校では、 検定場所の制限を受けない一定の検定基準と減点法による実技修了検定を行っている。 その実技修了検と学科(座学)修了検定において操縦技能や運航知識の高い修了生を対象に「ティーチングアシスタント(TA)検定」を行う。

 ドローン大学校認定 ティーチングアシスタント(TA)検定に合格すると、 ドローン大学校の教育プログラムにおいてJUIDA認定講師の補助・支援を行い、 ドローン教育現場における経験を重ねることになる。 さらに2年間の ティーチングアシスタント(TA)経験を重ねた後に「JUIDA認定座学講師」と「JUIDA認定技能講師」の資格取得を目指す。

【エントリー資格】

ドローン大学校の修了生であり、 学科(座学)修了検定、 実技修了検定ともに90点以上で合格した者。

【検定審査】

健康状態・リーダーシップ・学習意欲・操縦技術・運航知識・安全意識などティーチングアシスタント(TA)として必要なスキルを取得しているとドローン大学校理事・講師全員が認めた者を合格とする。

この記事のライター

関連する投稿


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン荷物配送時代で活躍するドローン・オペレーターの育成を目指すドローン大学校“瀬戸内キャンパス"が5月13日に開講する。


【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい地区)が3月1日開催され、ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)や一般社団法人ドローン大学校などが出展した。4日まで。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。