広島県庄原市がドローンセミナー「募集開始し、すぐ満席」 3月には操縦者講習を計画

広島県庄原市がドローンセミナー「募集開始し、すぐ満席」 3月には操縦者講習を計画

 地方自治体のドローン活用が広がりを見せている。ドローンの活用で産業振興、地域活性化を目指している広島県庄原市は12月20日、同市総合体育館で、一般社団法人UAS多用推進技術会(UMTA、兵庫県明石市)を講師に招き、ドローン活用啓発セミナーを開催する。募集開始後、すぐに満席になったという。


 庄原市が開催するセミナーは、講演と模擬フライトを含め3時間で構成。参加費は無料。
 当初は先着30人で参加者を募集したが、11月下旬に募集を開始したところ、すぐに満席となった。その後も参加希望が相次いだことから、会場を変更。セミナーの開催回数も1回増やし、午前、午後の2部構成にした。
 庄原市企画振興部いちばんづくり課によると、建設、農業、林業、設計、撮影、測量など参加予定は業界の幅が広く「幅広い層がドローンに関心を寄せていること改めて分かった。庄原市としては、ドローンで地域振興に取り組みたいし、実際に取り組みをしていることを知って頂ければうれしい」と話している。
 当日、講師を務めるUMTAの真野方仁事務局長も、「地域にはそれぞれ産業があり、事情がある。地方創生を目的、テーマにしたセミナーでは、その地域の産業を取り上げてお話をすることが大切に。今回のセミナーでもその方針だ。多くの方にさらに関心を高めて頂きたい」と期待している。
 同市は来年3月中、下旬にはドローン操縦者を育成するための講習会を開催する計画で、1月にも募集を始める予定だ。

この記事のライター

関連するキーワード


庄原市 UMTA

最新の投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。


ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

米国インテルは、科学者や専門家と提携し、ドローンと人工知能(AI)を活用して、北極熊やクジラなどの野生生物の生態研究をサポートしている。