広島県庄原市がドローンセミナー「募集開始し、すぐ満席」 3月には操縦者講習を計画

広島県庄原市がドローンセミナー「募集開始し、すぐ満席」 3月には操縦者講習を計画

 地方自治体のドローン活用が広がりを見せている。ドローンの活用で産業振興、地域活性化を目指している広島県庄原市は12月20日、同市総合体育館で、一般社団法人UAS多用推進技術会(UMTA、兵庫県明石市)を講師に招き、ドローン活用啓発セミナーを開催する。募集開始後、すぐに満席になったという。


 庄原市が開催するセミナーは、講演と模擬フライトを含め3時間で構成。参加費は無料。
 当初は先着30人で参加者を募集したが、11月下旬に募集を開始したところ、すぐに満席となった。その後も参加希望が相次いだことから、会場を変更。セミナーの開催回数も1回増やし、午前、午後の2部構成にした。
 庄原市企画振興部いちばんづくり課によると、建設、農業、林業、設計、撮影、測量など参加予定は業界の幅が広く「幅広い層がドローンに関心を寄せていること改めて分かった。庄原市としては、ドローンで地域振興に取り組みたいし、実際に取り組みをしていることを知って頂ければうれしい」と話している。
 当日、講師を務めるUMTAの真野方仁事務局長も、「地域にはそれぞれ産業があり、事情がある。地方創生を目的、テーマにしたセミナーでは、その地域の産業を取り上げてお話をすることが大切に。今回のセミナーでもその方針だ。多くの方にさらに関心を高めて頂きたい」と期待している。
 同市は来年3月中、下旬にはドローン操縦者を育成するための講習会を開催する計画で、1月にも募集を始める予定だ。

この記事のライター

関連するキーワード


庄原市 UMTA

最新の投稿


群馬県・妙義山空撮 FLIGHTS Drone Agent

群馬県・妙義山空撮 FLIGHTS Drone Agent

夕日・雲海の絶景


絶景!天空のポピー 秩父高原牧場内のポピー畑

絶景!天空のポピー 秩父高原牧場内のポピー畑

埼玉県皆野町と東秩父村にまたがる秩父高原牧場内のポピー畑では、標高500メートル、面積5.0haの敷地内に約1500万本のシャレーポピーが植栽され、5月下旬から6月にかけて満開となる。


PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwCコンサルティング合同会社が6月26日、企業のドローン活用に関するセミナー、「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制  最新情報~」を開く。PwCのロボテフィクス専門チームや、ゲストが最新動向を紹介する。


ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

日本で唯一最大スケールのプロカメラマン向けフォトビジネスフェア「PHOTONEXT 2017」が横浜市西区のみなとみらいのパシフィコ横浜で6月20日、21日の両日開催され、SONYのブース内ではセミナーが開かれSONY製のカメラを搭載したドローンによる撮影方法や写真ビジネスの提案などが行われた。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。