広島県庄原市がドローンセミナー「募集開始し、すぐ満席」 3月には操縦者講習を計画

広島県庄原市がドローンセミナー「募集開始し、すぐ満席」 3月には操縦者講習を計画

 地方自治体のドローン活用が広がりを見せている。ドローンの活用で産業振興、地域活性化を目指している広島県庄原市は12月20日、同市総合体育館で、一般社団法人UAS多用推進技術会(UMTA、兵庫県明石市)を講師に招き、ドローン活用啓発セミナーを開催する。募集開始後、すぐに満席になったという。


 庄原市が開催するセミナーは、講演と模擬フライトを含め3時間で構成。参加費は無料。
 当初は先着30人で参加者を募集したが、11月下旬に募集を開始したところ、すぐに満席となった。その後も参加希望が相次いだことから、会場を変更。セミナーの開催回数も1回増やし、午前、午後の2部構成にした。
 庄原市企画振興部いちばんづくり課によると、建設、農業、林業、設計、撮影、測量など参加予定は業界の幅が広く「幅広い層がドローンに関心を寄せていること改めて分かった。庄原市としては、ドローンで地域振興に取り組みたいし、実際に取り組みをしていることを知って頂ければうれしい」と話している。
 当日、講師を務めるUMTAの真野方仁事務局長も、「地域にはそれぞれ産業があり、事情がある。地方創生を目的、テーマにしたセミナーでは、その地域の産業を取り上げてお話をすることが大切に。今回のセミナーでもその方針だ。多くの方にさらに関心を高めて頂きたい」と期待している。
 同市は来年3月中、下旬にはドローン操縦者を育成するための講習会を開催する計画で、1月にも募集を始める予定だ。

この記事のライター

関連するキーワード


庄原市 UMTA

最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。