ソフトバンクC&S、DJI製ドローンに標準添付される最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大

ソフトバンクC&S、DJI製ドローンに標準添付される最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大

ソフトバンクC&Sは、DJI製ドローン「Phantom 4」限定で標準添付されている最大4億円の賠償責任保険の対象機種を、 2016年12月19日出荷分より拡大する。


 ソフトバンク コマース&サービス(以下「ソフトバンクC&S」)、 およびソフトバンクC&Sの販売代理店が、 法人向けに販売する「Phantom 4」には、 購入後1年間1事故につき最大で対人4億円、 対物3億5,000万円の賠償責任保険が標準で添付されているが、 「Phantom 4」に加え、 「Phantom 4 Pro」「Mavic Pro」「Inspire 2」の3機種にも同額の賠償責任保険を適用することになった。
 なお、 各機種の販売価格に変更はない。

■概要
【対象機種】

【補償内容】

※2年目以降も保険をご希望の場合は、 エアロエントリー株式会社が提供している、 「DJI賠償責任保険」の有償プランにご加入する必要がある。 ( http://aeroentry.co.jp/liability/

■申し込み
エアロエントリー株式会社のWebサイト( https://aeroentry.co.jp/register/ )から申し込める。
※申し込み・登録をしないと補償が受けられないので、 注意すること。

■問い合わせ先
ソフトバンク コマース&サービス株式会社 「DroneBank」( http://www.it-ex.com/distribution/drone/index.html

この記事のライター

関連する投稿


ソフトバンクC&Sが ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」の提供開始

ソフトバンクC&Sが ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」の提供開始

ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)は、 ブルーイノベーション株式会社(東京都千代田区)と協業し、 ドローンを利用者(法人・個人)向けの情報やサービスを提供するプラットフォーム「SORAPASS」(ソラパス)の提供を開始したと発表。


BCNフォーラムでソフトバンク C&Sが空の産業革命として注目のドローン現状と課題、今後の展開を紹介

BCNフォーラムでソフトバンク C&Sが空の産業革命として注目のドローン現状と課題、今後の展開を紹介

「BCNフォーラム」のセッションでは、ソフトバンク C&SのICT事業本部MD本部ドローン&ロボティクスマーケティング室の湯浅昭吾氏が、産業用ドローンの現状と課題、今後の展開について講演。


DJI製ドローンに標準添付される 最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大 ソフトバンクC&S

DJI製ドローンに標準添付される 最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大 ソフトバンクC&S

DJI製ドローン「Phantom 4」限定で標準添付されている最大4億円の賠償責任保険の対象機種を、2016年12月19日出荷分より拡大します。


進化する中国ドローン

進化する中国ドローン

商用、ホビー用ともにドローン市場で大きなシェアを持つDJI。そのドローンの進化には、目を見張るほどだ。2016年前半に発売された「Phantom 4」には、実に90個を超えるチップが使われている。


DJIのPhantom 4に対応  ワンダーシェアーの「スーパーメディア変換!」

DJIのPhantom 4に対応 ワンダーシェアーの「スーパーメディア変換!」

 ワンダーシェアー(東京)の動画変換ソフト「スーパーメディア変換!」は、DJIのPhantom 4 Proの4K H.265 映像の再生、編集、変換、DVD作成に対応している。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。