2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

株式会社NTTドコモ(本社:東京都、代表取締役:吉澤和弘、以下ドコモ)は、2016年9月6日にセルラードローンを発表し、10月に横須賀のR&Dセンターで飛行実験を、11月に福岡市と千葉市で実証実験を行ってきた。その取り組みと2017年に向けた展望を取材した。(田中亘)


多様なドローンの機体に対応する柔軟な通信環境を提供

 ドコモのセルラードローンは、これまでの実証実験で株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県、代表取締役CEO:野波 健蔵)が開発している機体と、株式会社エンルート製の機体を使っている。それぞれの機体が採用しているフライトコントローラーは、異なる仕様になっている。両ドローンの違いに対して、ドコモではどのように対応したのか。その具体的な解決策は、テザリングというシンプルな接続方法になる。テザリング機能とは、パソコンやタブレットなどの電子機器をインターネットに接続するために、スマートフォンに搭載されているネットワークの中継システム。
 まず、千葉市で行われた実証実験では、すでに千葉市のゴルフ場で自律飛行に成功している楽天株式会社(本社:東京都、代表取締役:三木谷 浩史、以下 楽天)が、「天空」と名付けた配送用ドローンを飛行させた。この機体は、WiFi(無線)通信を使って操縦者からの命令を受信し、自律飛行中のデータを送信する。その仕組みをそのまま遠距離で利用するために、「天空」にLTE対応のスマートフォンを取り付け、WiFi通信をセルラー通信網に中継するテザリング機能を使った。テザリングによって、WiFiの電波が届かない遠方からでも、インターネットを介してドローンの制御が可能になる。その結果、世田谷のコントロールセンターから、遠隔で「天空」の飛行指示を送信し、飛行中のデータをモニタできた。この単純で柔軟な仕組みならば、どのような機体のドローンであっても、WiFi通信に対応していれば、セルラー網を使った操作と監視が可能になる。

楽天のドローン「天空」はスマートフォンを搭載しテザリングで遠隔通信を行う

独自のブリッジを開発しドコモの閉域網を活用したエンルート

 福岡市で離島への空輸を行ったエンルート製のドローンによる実証実験でも、テザリングによる通信を利用している。しかし、実験機では機体を制御するためのフライトコントローラーとスマートフォンを接続するために、独自のブリッジを開発した。エンルートのドローンは、Pixhawk(ピックスホーク)という制御装置にArduPilot(アルジュパイロット)というオープンソースを組み合わせたフライトコントローラーを搭載している。このフライトコントローラーをドコモの閉域網に接続させるために、エンルートではRaspberry Pi(ラズベリーパイ)というシングルボードコンピュータで機能するブリッジ(中継)用のシステムを開発した。このブリッジを介して、ドローンのフライトコントローラーとスマートフォンの通信モジュールが、相互に信号を交換できるようになり、 遠隔オートパイロットを実現した。

エンルートの通信方法

社会課題の解決の一つの手段になることを願ってメニュー化に取り組む

 ドコモでは、セルラードローンが社会課題を解決する手段の一つになると考えている。離島への物資搬送に、災害現場の中継など、ドローンによる空からの目や空輸は、少子高齢化や自然災害にインフラの老朽化といった課題を抱える日本にとって、甚大な被害の低減や、物流弱者への配慮など、多くの効果が期待できる。
 ドコモでは、2017年には具体的なセルラードローンのサービス提供に向けたメニユーに取り組んでいく考え。そのためには、既存の通信インフラを最大限に活用し、なおかつ通常の利用者に影響を与えないための電波状況の把握や帯域制御など、実験と検証を重ねて解決しなければならない課題も多い。それでも、日本のドローン産業が世界から遅れてしまわないように、積極的に取り組み、課題を乗り越えていくという。

モバイル技術とプラットフォーム技術で社会課題の解決に取り組む
ドコモのドローンプロジェクト

この記事のライター

関連する投稿


Japan Drone 2017速報・国内のパートナーとの連携が際立つエンルートの産業用ドローン

Japan Drone 2017速報・国内のパートナーとの連携が際立つエンルートの産業用ドローン

Japan Drone 2017に出展した国内ドローン製造メーカーのエンルート社は、数々の実証実験で使われた機体や、国内の主要なビジネスパートナーと連携したソリューションを展示していた。


エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸)の自社オリジナルブランド、 Zion(ザイオン)製品の7機種が、 国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請にで、 「資料の一部を省略することができる無人航空機」として認定された。


エンルートが札幌支店開設

エンルートが札幌支店開設

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市)は、 業務の拡張に伴い札幌支店を開設し3月20日より業務を開始すると発表した。 支店長には宮下幹人氏が就任する。


ドローンを活用した「ノリ養殖」-佐賀県・ドコモ・オプティムなど6者間連携協定を締結

ドローンを活用した「ノリ養殖」-佐賀県・ドコモ・オプティムなど6者間連携協定を締結

佐賀県農林水産部、国立大学法人佐賀大学農学部、佐賀県有明海漁業協同組合、農林中央金庫、株式会社NTTドコモおよび株式会社オプティムは、佐賀有明海域における主要産業である「ノリ養殖」におけるIoT/AI/Robotの活用を行うべく、本日「6者間連携協定」を締結した。


エンルートが革新的な液剤・粒剤散布ドローンを発表

エンルートが革新的な液剤・粒剤散布ドローンを発表

株式会社エンルート(代表取締役社長 伊豆智幸)は、 2017年春の発売に向けて、 農業を中心とした液剤散布用ドローン、 Zion(ザイオン)AC1500(以下AC1500)を完成させた。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。