ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


【第1位】ドコモがセルラードローンの実証実験を開始、KDDIはスマートドローンを発表

 産業用ドローンが目指している「目視外での遠距離飛行」を実現するために、欠かせないのが広域に対応した通信網。その実現にとって、携帯電話の通信事業者は、大きな鍵を握る。海外では、すでに大手の通信事業者が、ドローン市場に向けた取り組みを開始していたが、国内ではNTTドコモがいち早く名乗りを上げた。セルラードローンという名称を登録商標し、ドコモがドローンプロジェクトをスタートした。
 一方セルラードローンの発表に遅れること約2ヶ月、12月19日に国内大手キャリアのKDDIも、スマートドローン事業を発表した。プロドローン、ゼンリンと組んで、商用化に向けた業務提携と実証実験を行っていく。これで、ドコモとKDDIがドローン事業に参入し、2017年は残る大手一社の動向が注目される。

ドコモ・ドローンプロジェクトが本格始動

〝セルラードローン〟で買い物にGO! ドコモ、エンルート、MIKAWAYA21が福岡で実験

2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

砂浜から荷物を取り付けて離陸する楽天の配送用ドローン「天空」はACSLの新型機。世田谷の楽天本社からLTEネットワークによって遠隔操作されたドローンは700m離れた稲毛海浜公園プールに荷物を配送した。「セルラードローン」はドコモの登録商標となった=11月22日、千葉県・稲毛海浜公園のいなげの浜

KDDI、プロドローン、ゼンリンが、スマートドローン事業で業務提携を記者発表=12月19日、東京・渋谷区のヒカリエホール

【第2位】199グラムの自撮りドローン「Dobby」発売、ミニドローンが注目される

 2015年の12月に改正航空法が施行されてから、プライベートでドローンを飛ばすのが難しくなっていたが、申請が不要な199グラムという軽量を実現したDobbyは、日本でもヒット商品になった。テレビのバラエティ番組でも取り上げられ、Facebookなどで買って自慢する人たちが増えてきて、発売から数ヶ月が経過しても人気は高い。
 ラジコンの老舗・京商も重量約130gの「かっこいい空飛ぶクルマ」をイメージしたドローン「DRONE RACER」を11月25日に発売した。個人ユーザーの裾野を広げるきっかけとなるかもしれない。

人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

小型高性能ドローン「Dobby」10月7日発売

ZEROTECH社「DOBBY」〜飛行申請がいらない199グラムの小型自撮りドローン ZEROTECH社「DOBBY」

京商が低空を滑空するレース用ドローン「DRONE RACER」を発表〜全日本模型ホビーショー

改正航空法施行以降、200グラム以下の小型ドローンに人気が集中。中でもDobbyは10月7日発売前からセルフィードローンとして当サイトでも長期間人気ランクトップをつづけた。

【第3位】ドローンニュース専門サイト「ドローンタイムズ」創刊

 ドローン専門のニュースサイト、「ドローンタイムズ」が8月に創刊した。日本のドローン産業が、社会課題を解決する手段として健全に発展し、人々に親しまれる存在となることを願いながら、技術的な側面からも鋭く、深く描くことに取り組む。2016年にはドローンの第一線で活躍する識者を招いた「ドローンタイムズセミナー」を2回、開催した。2017年も、意義ある記事の配信を通じ、より広く支持される専門メディアとなることを目指していく。

8月1日、日々増えるドローン関連のニュースを取り上げる専門サイト「ドローンタイムズ」が創刊。来年もユーザーの皆様にビビッドなニュースを伝えるべく努力したいと思います。

【第4位】DJI があきる野市で同社初となる自律飛行を公開

 産業用ドローンの多くが、自律飛行を前提にしているのに対して、空撮用ドローン最大手のDJIでは、自動飛行用のアプリは提供しているものの、完全な自律飛行型のドローンは発表していなかった。しかし、11月20日にあきる野市で行われた防災訓練では、DJI初となる自律飛行システムが披露された。まだ開発中のシステムだが、2017年には何らかの形で市場に提供されると予測される。

DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

自動着陸後、空輸ボックスから救援物資を投下するMatrice 600=11月20日、東京・あきる野市立五日市小学校

【第5位】楽天が千葉、福岡で物流ドローンの実証実験を行う

 物流ドローンの実験が相次いで実施された。インターネット通販大手の楽天は、特区に指定されている千葉市を中心に、「そら楽」というブランドで、ゴルフ場や海岸でドローン配送の実験を繰り返している。生活支援サービスのMIKAWAYA21がNTTドコモ、エンルートと組んで実験を進めている。

〝そら楽プロジェクト〟を世界No.1に  楽天が描くドローン物流の展望

千葉市でLTEを活用したドローン宅配の実証実験〜楽天、ACSL、ドコモ

〝セルラードローン〟で買い物にGO! ドコモ、エンルート、MIKAWAYA21が福岡で実験

世田谷の楽天本社からLTEネットワークによって遠隔操作されたドローンは700m離れた稲毛海浜公園プールに荷物を配送した=11月22日、千葉県・稲毛海浜公園プール

この記事のライター

関連するキーワード


10大ニュース 精密農業

関連する投稿


新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

国内で100台を超える販売実績を誇るエンルート社の農業用ドローンZion(ザイオン)AC940-D。その上位モデルで最大9リットルの薬剤を積載できる新型がZion Ac1500。その開発の経緯と特長について、機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。