ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


【第1位】ドコモがセルラードローンの実証実験を開始、KDDIはスマートドローンを発表

 産業用ドローンが目指している「目視外での遠距離飛行」を実現するために、欠かせないのが広域に対応した通信網。その実現にとって、携帯電話の通信事業者は、大きな鍵を握る。海外では、すでに大手の通信事業者が、ドローン市場に向けた取り組みを開始していたが、国内ではNTTドコモがいち早く名乗りを上げた。セルラードローンという名称を登録商標し、ドコモがドローンプロジェクトをスタートした。
 一方セルラードローンの発表に遅れること約2ヶ月、12月19日に国内大手キャリアのKDDIも、スマートドローン事業を発表した。プロドローン、ゼンリンと組んで、商用化に向けた業務提携と実証実験を行っていく。これで、ドコモとKDDIがドローン事業に参入し、2017年は残る大手一社の動向が注目される。

ドコモ・ドローンプロジェクトが本格始動

〝セルラードローン〟で買い物にGO! ドコモ、エンルート、MIKAWAYA21が福岡で実験

2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

砂浜から荷物を取り付けて離陸する楽天の配送用ドローン「天空」はACSLの新型機。世田谷の楽天本社からLTEネットワークによって遠隔操作されたドローンは700m離れた稲毛海浜公園プールに荷物を配送した。「セルラードローン」はドコモの登録商標となった=11月22日、千葉県・稲毛海浜公園のいなげの浜

KDDI、プロドローン、ゼンリンが、スマートドローン事業で業務提携を記者発表=12月19日、東京・渋谷区のヒカリエホール

【第2位】199グラムの自撮りドローン「Dobby」発売、ミニドローンが注目される

 2015年の12月に改正航空法が施行されてから、プライベートでドローンを飛ばすのが難しくなっていたが、申請が不要な199グラムという軽量を実現したDobbyは、日本でもヒット商品になった。テレビのバラエティ番組でも取り上げられ、Facebookなどで買って自慢する人たちが増えてきて、発売から数ヶ月が経過しても人気は高い。
 ラジコンの老舗・京商も重量約130gの「かっこいい空飛ぶクルマ」をイメージしたドローン「DRONE RACER」を11月25日に発売した。個人ユーザーの裾野を広げるきっかけとなるかもしれない。

人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

小型高性能ドローン「Dobby」10月7日発売

ZEROTECH社「DOBBY」〜飛行申請がいらない199グラムの小型自撮りドローン ZEROTECH社「DOBBY」

京商が低空を滑空するレース用ドローン「DRONE RACER」を発表〜全日本模型ホビーショー

改正航空法施行以降、200グラム以下の小型ドローンに人気が集中。中でもDobbyは10月7日発売前からセルフィードローンとして当サイトでも長期間人気ランクトップをつづけた。

【第3位】ドローンニュース専門サイト「ドローンタイムズ」創刊

 ドローン専門のニュースサイト、「ドローンタイムズ」が8月に創刊した。日本のドローン産業が、社会課題を解決する手段として健全に発展し、人々に親しまれる存在となることを願いながら、技術的な側面からも鋭く、深く描くことに取り組む。2016年にはドローンの第一線で活躍する識者を招いた「ドローンタイムズセミナー」を2回、開催した。2017年も、意義ある記事の配信を通じ、より広く支持される専門メディアとなることを目指していく。

8月1日、日々増えるドローン関連のニュースを取り上げる専門サイト「ドローンタイムズ」が創刊。来年もユーザーの皆様にビビッドなニュースを伝えるべく努力したいと思います。

この記事のライター

関連するキーワード


10大ニュース 精密農業

関連する投稿


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。特別講演に続いて、田上利博事務局長が登壇し、ドローンを活用した精密農業の成果を報告した。


オプティムと藤枝市がドローン利用を見据えた精密農業を開始

オプティムと藤枝市がドローン利用を見据えた精密農業を開始

IT企業の株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表者:菅谷俊二)は、静岡県藤枝市の「IoT(LPWA)プラットフォームを活用した公共テーマ型実証実験事業」の「圃場データの可視化による農業の圃場管理支援」事業者に選定され、ドローン活用も見据えた精密農業の「圃場管理支援事業」を開始する。


新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

国内で100台を超える販売実績を誇るエンルート社の農業用ドローンZion(ザイオン)AC940-D。その上位モデルで最大9リットルの薬剤を積載できる新型がZion Ac1500。その開発の経緯と特長について、機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。