ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


【第6位】ドローン専用飛支援サービス「SORAPASS(ソラパス)」提供を開始

 SORAPASS(ソラパス)は、一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンによって、飛行禁止空域を地図上で一目で確認できるサービスとして2016年5月にスタートした。
 その後、飛行申請書を簡単に作成できる機能が備わり、申請書作成にかかっていた手間を大幅に省くことができるようになっただけでなく、行政書士ネットワークとの連携で複雑な飛行申請手続のサポートも行ない、現在では会員登録者数が1万人を超えた。
 今後、新機能として①気象情報、②3次元地図、③報告書作成サポー トの 3 つのサービスを新たに追加し、12 月 5 日(月)から提供を開始すると発表した。

「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

ゼンリンが取り組むSORAPASS戦略 〜空の地図でドローンの商用利用をサポート〜

来年2月には、気象情報も提供される。

【第7位】DJI Japanが相次いで新機種発表

 空撮用ドローンで世界的なシェアを誇るDJI Japanが、2016年は新機種を立て続けに発表した。中には、品薄になるほどの人気機種もあり、空撮の目的に合わせて充実したラインアップから、ドローンを選択できるようになった。

空撮の楽しさを広げるDJIの新型パーソナルドローン Mavic Pro

DJIの最新フライングカメラ2機種「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」に見る空撮映像の進化

Mavic Proを手に記者発表するDJI JAPAN株式会社の呉韜(ご とう)代表取締役社長=9月29日、東京・秋葉原

【第8位】慶大が、福島県田村市で地元高校生にドローン特別講座の提供を開始

 ドローンが国内で普及するには、次世代を担う人材の育成が欠かせない。専門領域横断的な研究機関「ドローン社会共創コンソーシアム」を設置している慶應大が、12月21日、福島県田村市と、ドローンの利活用に関する連携協力協定を締結した。慶大は協定の一環として市内にある県立船引高校の生徒に、ドローンの知識、技術を伝える「特別講座」を開始。高校、中学、小学校などジュニア世代の教育現場に、ドローンが浸透する呼び水となることが期待されている。

慶大、福島県田村市と〝ドローン連携〟締結 人材育成の一環で高校に「特別講座」を提供

慶大が福島県田村市と初の〝ドローン連携〟 21日に締結 高校生に特別講座提供

協定締結後、記念写真に収まる冨塚宥暻田村市長(中央右)と古谷知之慶應大学総合政策学部教授(中央左)=12月21日、福島県の田村市役所

【第9位】軽井沢でドローンコンテストを開催

 オープンソースのフライトコントローラーとして有名なArduPilot(アルジュパイロット)のエンジニアを日本でも育てるために、ドローン・ジャパンの主催するコンテストが、11月11日、軽井沢で開催され、第一期生による成果が発表された。ここで技能を磨いたエンジニアが、近い将来は日本のドローン産業をテクノロジーで支えるキーパーソンに育っていく。

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

ドローンジャパン株式会社の春原久徳会長、勝俣喜一朗社長をはじめ、JapanDrones株式会社のランディ・マッケィ社長と、養成塾の成果説明を行った第1期優秀修了者ら=11月11日、長野県軽井沢町の風越公園

【第10位】新しいドローンの使い方に世界が注目「ドローン片手に世界1周」した夫婦の「空飛ぶ絶景400日」

 ドローン撮影をしながら世界の絶景をアップした動画が、 SNSで拡散、世界的に大ブレイクをした。ドローンによるセルフィーは、旅のあり方すら変えてしまう程に衝撃的だ。Honeymoon Traveler山口夫妻が提案する新たなドローンの使い方と言えるのでは。
 12月には旅をまとめた初の著書『ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日』が発売された。 未公開映像を含む各地の絶景動画をまとめたDVDも付いている。
 ドローンタイムズでも「報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』」で現役新聞社スタッフカメラマンが、ドローンを持ってアメリカを旅する連載企画を行い話題となった。

あのハネムーン・トラベラーが「ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日」を発売!

世界初の400日ドローン新婚旅行が完結へ

最近出版された著書には世界の絶景が切り取られている。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、愛知県に中部支社設立~CIM/i-Construction のモデルケース発信へ

テラドローン、愛知県に中部支社設立~CIM/i-Construction のモデルケース発信へ

ドローン(UAV)土木測量の日本最大手テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、1月、愛知県に支社を設立した。この支社設立を通 して、中部地方におけるドローン測量を中心とした CIM/i-Construction への対応強化を行う。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

政府、自治体におけるドローン活用への期待が高まっており、規制緩和や評価基準の策定とともに、新しい産業の創出や、観光、物資などの運搬、調査・点検、災害などでの活用に向けた取り組みが始まっている。


産業用ドローンが持つ3つの役割と課題〜ドローンジャパン株式会社の春原久徳氏に聞く

産業用ドローンが持つ3つの役割と課題〜ドローンジャパン株式会社の春原久徳氏に聞く

ドローンを活用した先進農業に挑むドローンジャパン株式会社は、三井物産デジタルやマイクロソフトでPCの黎明期からビジネスに携わってきた春原久徳氏が取締役会長を勤めるベンチャー企業。ドローンに関するコンサルティングと農業と教育を事業の柱にしている。(DRONE TIMES 田中亘)


最新の投稿


JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)主催の「2017年新年パーティー」が、各界の無人航空機産業関係者を招き、1月24日、東京・日本橋のコングレスクエアで盛大に催された。


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。