ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


【第6位】ドローン専用飛支援サービス「SORAPASS(ソラパス)」提供を開始

 SORAPASS(ソラパス)は、一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンによって、飛行禁止空域を地図上で一目で確認できるサービスとして2016年5月にスタートした。
 その後、飛行申請書を簡単に作成できる機能が備わり、申請書作成にかかっていた手間を大幅に省くことができるようになっただけでなく、行政書士ネットワークとの連携で複雑な飛行申請手続のサポートも行ない、現在では会員登録者数が1万人を超えた。
 今後、新機能として①気象情報、②3次元地図、③報告書作成サポー トの 3 つのサービスを新たに追加し、12 月 5 日(月)から提供を開始すると発表した。

「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

ゼンリンが取り組むSORAPASS戦略 〜空の地図でドローンの商用利用をサポート〜

来年2月には、気象情報も提供される。

【第7位】DJI Japanが相次いで新機種発表

 空撮用ドローンで世界的なシェアを誇るDJI Japanが、2016年は新機種を立て続けに発表した。中には、品薄になるほどの人気機種もあり、空撮の目的に合わせて充実したラインアップから、ドローンを選択できるようになった。

空撮の楽しさを広げるDJIの新型パーソナルドローン Mavic Pro

DJIの最新フライングカメラ2機種「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」に見る空撮映像の進化

Mavic Proを手に記者発表するDJI JAPAN株式会社の呉韜(ご とう)代表取締役社長=9月29日、東京・秋葉原

【第8位】慶大が、福島県田村市で地元高校生にドローン特別講座の提供を開始

 ドローンが国内で普及するには、次世代を担う人材の育成が欠かせない。専門領域横断的な研究機関「ドローン社会共創コンソーシアム」を設置している慶應大が、12月21日、福島県田村市と、ドローンの利活用に関する連携協力協定を締結した。慶大は協定の一環として市内にある県立船引高校の生徒に、ドローンの知識、技術を伝える「特別講座」を開始。高校、中学、小学校などジュニア世代の教育現場に、ドローンが浸透する呼び水となることが期待されている。

慶大、福島県田村市と〝ドローン連携〟締結 人材育成の一環で高校に「特別講座」を提供

慶大が福島県田村市と初の〝ドローン連携〟 21日に締結 高校生に特別講座提供

協定締結後、記念写真に収まる冨塚宥暻田村市長(中央右)と古谷知之慶應大学総合政策学部教授(中央左)=12月21日、福島県の田村市役所

【第9位】軽井沢でドローンコンテストを開催

 オープンソースのフライトコントローラーとして有名なArduPilot(アルジュパイロット)のエンジニアを日本でも育てるために、ドローン・ジャパンの主催するコンテストが、11月11日、軽井沢で開催され、第一期生による成果が発表された。ここで技能を磨いたエンジニアが、近い将来は日本のドローン産業をテクノロジーで支えるキーパーソンに育っていく。

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

ドローンジャパン株式会社の春原久徳会長、勝俣喜一朗社長をはじめ、JapanDrones株式会社のランディ・マッケィ社長と、養成塾の成果説明を行った第1期優秀修了者ら=11月11日、長野県軽井沢町の風越公園

【第10位】新しいドローンの使い方に世界が注目「ドローン片手に世界1周」した夫婦の「空飛ぶ絶景400日」

 ドローン撮影をしながら世界の絶景をアップした動画が、 SNSで拡散、世界的に大ブレイクをした。ドローンによるセルフィーは、旅のあり方すら変えてしまう程に衝撃的だ。Honeymoon Traveler山口夫妻が提案する新たなドローンの使い方と言えるのでは。
 12月には旅をまとめた初の著書『ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日』が発売された。 未公開映像を含む各地の絶景動画をまとめたDVDも付いている。
 ドローンタイムズでも「報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』」で現役新聞社スタッフカメラマンが、ドローンを持ってアメリカを旅する連載企画を行い話題となった。

あのハネムーン・トラベラーが「ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日」を発売!

世界初の400日ドローン新婚旅行が完結へ

最近出版された著書には世界の絶景が切り取られている。

この記事のライター

関連する投稿


新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


i-construction推進 クラウド型ドローン3Dマッピングソフトウェア「propeller」製品説明会 8/7開催

i-construction推進 クラウド型ドローン3Dマッピングソフトウェア「propeller」製品説明会 8/7開催

株式会社 セキド(本社:東京都国立市)は、ドローンクラウド型測量ソリューション「propeller」の説明会を 8月7日、横浜市金沢区産業振興センターで開催する。


国内の主要な産業用ドローンが集まった「空の建機展」

国内の主要な産業用ドローンが集まった「空の建機展」

 東京ビッグサイトで7月20日から開催されている「空の建機展」には、ドローンによる測量や点検などのソリューションを提供する国内サービスが集まっている。21日まで。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

国内で100台を超える販売実績を誇るエンルート社の農業用ドローンZion(ザイオン)AC940-D。その上位モデルで最大9リットルの薬剤を積載できる新型がZion Ac1500。その開発の経緯と特長について、機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


最新の投稿


特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

ドローンを飛ばしている人は、大きく二つに分かれる。一つはホビーで楽しむ人。もう一つはビジネスにしている人。趣味ではなく仕事でドローンを飛ばす人たちは、どんな仕事でどのくらいの収入があるのか、気になるところだ。


栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市の「ハンターマウンテンゆりパーク」で、ドローン撮影。


DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米国時間の8月1日に公開された特許によれば、米アマゾンは故障したUAVを自動的に保守できる移動式の修理車両を開発する考えだ。


senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbris(アルブリス)のデモンストレーションを実施した。