ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


【第6位】ドローン専用飛支援サービス「SORAPASS(ソラパス)」提供を開始

 SORAPASS(ソラパス)は、一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンによって、飛行禁止空域を地図上で一目で確認できるサービスとして2016年5月にスタートした。
 その後、飛行申請書を簡単に作成できる機能が備わり、申請書作成にかかっていた手間を大幅に省くことができるようになっただけでなく、行政書士ネットワークとの連携で複雑な飛行申請手続のサポートも行ない、現在では会員登録者数が1万人を超えた。
 今後、新機能として①気象情報、②3次元地図、③報告書作成サポー トの 3 つのサービスを新たに追加し、12 月 5 日(月)から提供を開始すると発表した。

「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

ゼンリンが取り組むSORAPASS戦略 〜空の地図でドローンの商用利用をサポート〜

来年2月には、気象情報も提供される。

【第7位】DJI Japanが相次いで新機種発表

 空撮用ドローンで世界的なシェアを誇るDJI Japanが、2016年は新機種を立て続けに発表した。中には、品薄になるほどの人気機種もあり、空撮の目的に合わせて充実したラインアップから、ドローンを選択できるようになった。

空撮の楽しさを広げるDJIの新型パーソナルドローン Mavic Pro

DJIの最新フライングカメラ2機種「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」に見る空撮映像の進化

Mavic Proを手に記者発表するDJI JAPAN株式会社の呉韜(ご とう)代表取締役社長=9月29日、東京・秋葉原

【第8位】慶大が、福島県田村市で地元高校生にドローン特別講座の提供を開始

 ドローンが国内で普及するには、次世代を担う人材の育成が欠かせない。専門領域横断的な研究機関「ドローン社会共創コンソーシアム」を設置している慶應大が、12月21日、福島県田村市と、ドローンの利活用に関する連携協力協定を締結した。慶大は協定の一環として市内にある県立船引高校の生徒に、ドローンの知識、技術を伝える「特別講座」を開始。高校、中学、小学校などジュニア世代の教育現場に、ドローンが浸透する呼び水となることが期待されている。

慶大、福島県田村市と〝ドローン連携〟締結 人材育成の一環で高校に「特別講座」を提供

慶大が福島県田村市と初の〝ドローン連携〟 21日に締結 高校生に特別講座提供

協定締結後、記念写真に収まる冨塚宥暻田村市長(中央右)と古谷知之慶應大学総合政策学部教授(中央左)=12月21日、福島県の田村市役所

【第9位】軽井沢でドローンコンテストを開催

 オープンソースのフライトコントローラーとして有名なArduPilot(アルジュパイロット)のエンジニアを日本でも育てるために、ドローン・ジャパンの主催するコンテストが、11月11日、軽井沢で開催され、第一期生による成果が発表された。ここで技能を磨いたエンジニアが、近い将来は日本のドローン産業をテクノロジーで支えるキーパーソンに育っていく。

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

ドローンジャパン株式会社の春原久徳会長、勝俣喜一朗社長をはじめ、JapanDrones株式会社のランディ・マッケィ社長と、養成塾の成果説明を行った第1期優秀修了者ら=11月11日、長野県軽井沢町の風越公園

【第10位】新しいドローンの使い方に世界が注目「ドローン片手に世界1周」した夫婦の「空飛ぶ絶景400日」

 ドローン撮影をしながら世界の絶景をアップした動画が、 SNSで拡散、世界的に大ブレイクをした。ドローンによるセルフィーは、旅のあり方すら変えてしまう程に衝撃的だ。Honeymoon Traveler山口夫妻が提案する新たなドローンの使い方と言えるのでは。
 12月には旅をまとめた初の著書『ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日』が発売された。 未公開映像を含む各地の絶景動画をまとめたDVDも付いている。
 ドローンタイムズでも「報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』」で現役新聞社スタッフカメラマンが、ドローンを持ってアメリカを旅する連載企画を行い話題となった。

あのハネムーン・トラベラーが「ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日」を発売!

世界初の400日ドローン新婚旅行が完結へ

最近出版された著書には世界の絶景が切り取られている。

この記事のライター

関連する投稿


精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

ドローン用画像解析ソフトを開発するPix4D(スイス)は、精密農業に最適化されたPix4Dfieldsを発表した。


精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

市場調査会社のRESEARCH&MARKETS社(米国)は、2018年の精密農業市場が50.9億ドル(約5,650億円)に達すると予測し、CAGRが13.38%で2023年には95.3億ドル(約1兆円)になるとの予測を発表した。(田中亘)


JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVACとコマツは、i-Constructionに対応したドローンを活用した測量を行うためのパイロット育成コースを共同開発し、6月より開始予定。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


Terra Mapper、リンクを送るだけで点群データを共有できる点群ビューワー 機能を追加

Terra Mapper、リンクを送るだけで点群データを共有できる点群ビューワー 機能を追加

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 i-Construction対応のドローン測量用画像処理ソフト「Terra Mapper デスクトップ版」 に、 リンクを送るだけ点群データを共有できる点群ビューワー機能を追加した。


最新の投稿


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。