ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


【第1位】小型高性能ドローン「Dobby」発売

 ZEROTECH Intelligence Technology Co., Ltd.(本社:中国)の小型高性能ドローン「Dobby(ドビー)」が、10月7日に大手家電量販店、各ECサイトで発売されると、当サイトでも長期間トップでランクインしつづけた。

https://www.dronetimes.jp/articles/251

室内で安定した飛行をするZEROTECH社の「Dobby」

【第2位】固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」発売

 フランスのドローンメーカー・Parrotが固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot DISCO)」を発売すると発表。1月のCES(Consumer Technology Association)2016で披露された機体が、実機として製品化された。

https://www.dronetimes.jp/articles/159

Parrot社の固定翼機型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」

【第3位】テラドローン・Terra1シリーズ~圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

 農薬散布用UAVのTerra1シリーズを発表し、小型で軽量かつ低コストな無人ヘリで市場に参入。初年度の一年間で100台の販売を予定している。

https://www.dronetimes.jp/articles/152

農薬散布用UAVのTerra1シリーズ(C)テラドローン

【第4位】「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開講

 田中電気は秋葉原駅から徒歩1分という絶好のロケーションに、ドローン操縦士(パイロット)及び安全運航管理者養成コースが学べるJUIDA認定ドローンスクールを開講した。都心部の認定校ということもあり注目されている。

https://www.dronetimes.jp/articles/436

ショールーム内に設けられた室内練習場

【第5位】新モデル続々と登場「200グラム未満」「折りたたみ式」

 フランスのドローンメーカーParrot(パロット)は飛行申請のいらない200グラム未満の「Mambo」と「SWING」の2モデルを発表。また、DJI JAPANが「Mavic Pro」、米国のアクションカメラメーカー GoPro(ゴープロ)が「Karma(カルマ)」の折りたたみモデルを相次いで発表した。

https://www.dronetimes.jp/articles/393

Parrotの「Mambo」

【第6位】DJIが「Inspire2」と「Phantom4 Pro」を発表

 無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJIは、 プロフェッショナルな映像制作を可能にする2つのドローン「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」を発表した。

https://www.dronetimes.jp/articles/561

Inspire2を手に新機種の発表をするDJI JAPAN株式会社の代表取締役社長・呉韜氏。手前はPhantom4Pro

【第7位】テラドローンが農薬散布市場に本格参入へ 10月発売の「Terra 1」のデモフライト公開

 ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、9月15日に農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。

https://www.dronetimes.jp/articles/261

農薬散布ドローン「Terra 1」

【第8位】「CEATEC JAPAN 2016」 ドローン最前線

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で『CEATEC JAPAN 2016』が開催。ドローン関係の展示は昨年より増え、大手ドローンベンダーの出展や産業用ドローンの新たな取り組みなど、ドローンを取り巻く先進的なショーケースが紹介された。

https://www.dronetimes.jp/articles/350

DJIのブースにはケージが設置され、先日発表されたMavic Proがデモフライトを行った。

【第9位】最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

 米国ラスベガスで、9月7日から開催されたInterDrone 2016。イベント会場には、国内外から参加した数多くのドローンベンダーが、最新モデルを展示した。

https://www.dronetimes.jp/articles/234

PowerVision社のPowerEGG。左が飛行形態。プロペラなどを収納するとタマゴ型になる。

【第10位】広げて、空中にそっと置くだけ! Zero Zero Roboticsの自撮りドローン 

 中国のスタートアップ「ゼロ ゼロ ロボティクス(Zero Zero Robotics)」が、二つ折りの自撮り用ドローンカメラ「ホバー カメラ パスポート(Hover Camera Passport)」を発表した。

https://www.dronetimes.jp/articles/415

「ホバー カメラ パスポート(Hover Camera Passport)」

この記事のライター

関連する投稿


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。


DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

無人化技術分野のリーダーたちが集う国際展示会「AUVSI XPONENTIAL」で、 DJIとAUVSIが主催する第2回「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」への応募が開始された。


DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

2019年1月11日 - 欧州。DJI EMEAは、ドローン事件の初期報告を評価する際には注意するようにと喚起した。過去の誤認には、ビニール袋やバルーンがあったという。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。