ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(2)

ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(2)

ドローンタイムズは、昨年12月に2回目となるセミナーを開催した。基調講演に続く「ドローン前提社会」講演では、慶應義塾大学総合政策学部教授でドローン社会共創コンソーシアム代表の古谷知之 氏が登壇し、コンソーシアムの活動や、第四次産業革命の生き残り戦略などを語った。


【講演】ドローン前提社会

 ドローン社会共創コンソーシアムは、教育・研究・社会応用という3つの領域を柱として、ドローンが前提となる社会の実現に向けた活動を展開している。2016年12月現在で参加している企業や自治体は15団体に及び、慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパスの約20の研究室と30名以上の研究者が、200機以上のドローンを保有している。同コンソーシアムでは、シンポジウムや勉強会などを定期的に開催し、学部や大学院でのドローン人材の育成にも取り組んでいる。古谷教授は「我々のキャンパスは、DID外という立地特性にあり、国家戦略特区とロボット特区とライフイノベーション特区という3つの特区になっています。この立地条件を活かして、コンソーシアムを立ち上げました」と設立の背景を話す。

慶應義塾大学総合政策学部教授でドローン社会共創コンソーシアム代表の古谷知之氏

 同コンソーシアムでは、それぞれの研究領域で取り組んでいる課題を共有して、新たな社会形成を前提とした実証実験や包括的な議論を通して、ドローン前提社会の実現に貢献していく。古谷教授は「国の成長戦略とか、規制改革や経済の再生とかにも、楔を打ち込んで制度の再設計をしていこう」と考えている。また、地方創生の足かせとなっているのが、労働力人口の減少にあると指摘する。2060年に不足すると予測されている1000〜1500万人の労働力人口の不足や労働生産性の低下を「何でどのように転換するかの中長期戦略が必要で、間違いなくロボットやドローンやIoTにAIが必須になる」と提言する。そして「ドローンは、さまざまな社会課題を解決するための選択肢の一つでしかない」と明言し、「30年後には普通に使われている」とも予測する。
 さらに古谷教授は、福島県の南相馬市立総合病院での取り組みについて触れ、ドローンと自動運転車両を使って、医療物流における病院間や薬局と病院、そして病院と薬局と患者を結ぶための仕組みや課題についても紹介した。講演の最後には、緩和すべき規制と整備すべき制度について提唱し、第4次産業革命の生き残り戦略にも言及した。古谷教授は「過去の産業革命でも、日本は特にイニシアティブをとってはいない。市場をどのように拡大して、ユーザーを増やすのか。日本では、ドローンを使う人をどうやって増やすのかを考え、標準化などの面倒なことは他の国に任せて、市場拡大に貢献すべきだ」と指摘した。

この記事のライター

関連する投稿


慶大コンソとDPAが防災シンポ 自民・平氏「特区やサンドボックスの活用を念頭に」と呼びかけ

慶大コンソとDPAが防災シンポ 自民・平氏「特区やサンドボックスの活用を念頭に」と呼びかけ

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(古谷知之代表)は、一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA、小林一郎理事長)と共催で、防災面でのドローン活用の可能性を探るため、「ドローン防災シンポジウム2017」を開催した。講演やパネルディスカッションが行われ、各界の論客が意見を述べた。


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


【セミナー】 “ドローンが切り開く日本の地方創生”第2回ドローンタイムズセミナー

【セミナー】 “ドローンが切り開く日本の地方創生”第2回ドローンタイムズセミナー

ドローンをつかって日々社会貢献活動をされている方々の基調講演やトークセッション等が行われます。ドローン議連、ドローン社会共創コンソーシアム、内閣府地方創生推進事務局、日本山岳救助機構、ブルーイノベーション、国土交通省、テラドローン、楽天が参加します。ぜひご参加ください!


“慶應ドロコン”「ドローン社会実現」への研究体

“慶應ドロコン”「ドローン社会実現」への研究体

“慶應ドロコン”のキーマン2人 古谷知之、南政樹氏に聞く


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。