ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(3)

ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(3)

地方創生をテーマにしたドローンタイムズのセミナーに、内閣府地方創生推進事務局 審議官 藤原豊氏が登壇し、「『国家戦略特区』におけるドローンの技術実証」について講演した。藤原氏は、岩盤規制の改革に挑む国家戦略とドローンによる地方創生の取り組みについて語った。


【講演】「国家戦略特区」におけるドローンの技術実証

 「国家戦略特区」は、安倍政権によって特区の仕組みがバージョンアップされた、と藤原氏は切りだす。医療や農業や教育など、岩盤規制の改革に向けた国家戦略として、三年前に特区法が成立し、具体的なニーズのあるところを中心に、現在は10箇所が特区に指定されている。藤原氏は「特区に指定されている10箇所は、日本の経済活動の約6割を占める地域です。特区による一国二制度により、日本全体の半分以上が元気になる」と話す。その特区の中で、ドローンなどの先端技術の活用に取り組んでいるのが、秋田県の仙北市と千葉県の千葉市になる。「仙北市では、去年の夏から10km四方の国有林で、遭難者の捜索などさまざまな実証実験をスタートしました」と藤原氏。一方の千葉市では、先進的な取り組みに理解者が多い幕張新都心を中心に、ドローンを活用したマンションへの配送などを目指した実証実験に取り組んでいる。

内閣府地方創生推進事務局 審議官の藤原豊氏

 「国家戦略特区のポイントは、特区担当大臣である『国』と、自治体の『首長』、そして民間の3者による『推進役』で構成される『区域会議』で、互いが台頭の立場で決定できる点にあります。また、『特区諮問会議』では、総理の前で規制担当大臣を含めたオープンな場で、最終的には総理のリーダーシップで決断します」と岩盤規制を改革するための取り組みについて藤原氏は説明する。区域会議や特区諮問会議の成果として、仙北市では平成27年にスキー場でのデモンストレーションを、平成28年には国際ドローン協議会を開催している。千葉市でも、平成28年4月に商業施設や地上から、公園や10階建てのマンションに、ワインや薬を輸送するデモンストレーションを都市部で初めて行った。さらに平成28年11月には、稲毛海浜公園でモバイル通信の電波を利用してドローンの自律飛行による商品の空輸も行っている。
 「稲毛海岸での実証実験では、700mの飛行のために消防署や漁業者など20箇所の調整が必要でした。それでも、首長に『リスクを取ってもやろう』という覚悟があると、ドローンの実証実験は実現します。こうしたパブリックスペースでの実証実験は、沢山やればやるほど、さまざまなデータが収集されて、社会実装も進んでいきます。そのためには、特区制度を活用して、さらなる規制緩和を追求していく必要があります」と藤原氏は提唱する。

この記事のライター

関連する投稿


Japan Drone 2017速報・国内ドローン産業を支援する産官学の取り組み

Japan Drone 2017速報・国内ドローン産業を支援する産官学の取り組み

Japan Drone 2017の国際展示会には、国内のドローン産業を支援するための行政や組織も参加していた。その中から、注目された国産ドローンを紹介する。


ドローンコラム:ドローン実用化に向け進む実証実験、一方課題も浮上

ドローンコラム:ドローン実用化に向け進む実証実験、一方課題も浮上

ドローンの利活用に向け国家戦略特区などを中心に様々な実証実験が活発に行われているが、一方実験を行うにあたり飛行規制によってドローンを臨機応変に運用できないという課題も浮かび上がた。


千葉市でLTEを活用したドローン宅配の実証実験〜楽天、ACSL、ドコモ

千葉市でLTEを活用したドローン宅配の実証実験〜楽天、ACSL、ドコモ

22日、楽天株式会社、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)、株式会社NTTドコモは、国家戦略特区である千葉市の稲毛浜と周辺海上で通信回線LTEを活用したドローン宅配の実証実験を行った。世田谷の楽天本社からLTEネットワークによって遠隔操作されたドローンは700m離れた稲毛海浜公園プールに荷物を配送した。(田中亘)


ドローン19年宅配実用化へ 千葉市舞台に「空の産業革命」第一歩

ドローン19年宅配実用化へ 千葉市舞台に「空の産業革命」第一歩

 荷物を積んだ小型無人機「ドローン」がマンションのベランダに次々着陸-。千葉市と国、大手企業などが、高層マンションの立ち並ぶ同市美浜区の幕張新都心を舞台に、ドローン宅配を2019年ごろに実用化する検討を本格化させている。安全面やコストなど課題は残るが、関係者は「『空の産業革命』の第一歩」と意気込んでいる。


クリス・アンダーソン氏が講演 「ドローンで地球を管理する」

クリス・アンダーソン氏が講演 「ドローンで地球を管理する」

ドローン元年と呼ばれた2015年を経て、ドローンの話題を目にすることも増えました。今後は、ホビー用途としてだけでなく、BtoBマーケット、産業領域での活用がより進むことが予想されます。


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。