セキドが「 DJI ドローン操縦士育成セミナー」を横浜と立川で1月に計14回開催

セキドが「 DJI ドローン操縦士育成セミナー」を横浜と立川で1月に計14回開催

DJI社 正規代理店である、株式会社 セキド(東京都国立市)は「 DJI ドローン操縦士育成セミナー」を2017年1月に横浜、立川で計14回開催する。本セミナーは法人・個人問わず、 これからドローンの運用を予定されているフライト未経験者の方やフライトに不安を感じている人を対象とした内容となっている。


▽本講習会の特徴
・フライト経験豊富なセキドスタッフによる的確な指導で効率よく習得できる。
・国の規制が厳しくなり、 ドローン操縦に不安が残る人も、 必要な知識をしっかり学べる。
・安全なフライトのための事前機体チェックの基本が学べる。
・実機を利用したアプリ(APP)の使用方法が学べる。
・機体のメンテナンス方法から各種設定の方法まで学べる。

■1月度実施予定
1月10日横浜 半日/1日コース
1月11日立川 1日コース
1月12日横浜 1日コース
1月17日横浜 半日コース
1月18日立川 半日コース
1月19日横浜 半日コース
1月20日横浜 半日コース
1月24日横浜 1日コース
1月25日横浜/立川 半日コース
1月26日横浜 半日コース
1月27日横浜 半日コース
1月31日横浜 半日コース

1日基礎コース(5時間半)と半日基礎コース(3時間)の2種類あるので、 都合のよいコースをお選ぶことができる。

▽受講費
半日基礎コース:通常価格32,400円(税込):セキド会員価格30,240円(税込)
1日基礎コース:通常価格14,040円(税込):セキド会員価格10,800円(税込)

▽DJIドローン操縦士育成セミナー詳細についてはこちら
http://sekidocorp.com/workshop_program…/workshop_program_02/

▽DJIドローン操縦士育成セミナーの申込みはこちら
http://www.sekido-rc.com/?mode=cate&cbid=2214491&csid=0

▽横浜会場
会場:横浜市金沢産業振興センター(大会議室/体育館)
所在地:横浜市金沢区福浦1-5-2

▽立川会場
会場:たちかわ創造舎
所在地:〒190-0013 東京都立川市富士見町6-46-1 旧多摩川小学校

この記事のライター

関連する投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


Japan Drone 2017速報・DJIブースにあった注目すべき参考出品ドローン

Japan Drone 2017速報・DJIブースにあった注目すべき参考出品ドローン

Japan Drone 2017のDJIブースは、初披露となったMATRICE 200の他にも、農薬散布用ドローンのAGRAS MG-1など、業務用モデルが数多く展示されていた。その中でも、注目すべき参考出品がいくつかあった。


ドローンが米国や中国などで59名の人命を救助=DJIレポート=

ドローンが米国や中国などで59名の人命を救助=DJIレポート=

DJIは、Lives Saved:A Survey of Drones in Action(人命救助:ドローンの実態調査)と題するレポートを発表した。レポートによれば、ドローンは米国や中国などで18件の事例を通して、59名の人命を救助した。


DJI が注目の産業用ドローン「MATRICE 200シリーズ」を「ジャパン・ドローン2017」に国内初出品

DJI が注目の産業用ドローン「MATRICE 200シリーズ」を「ジャパン・ドローン2017」に国内初出品

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:呉 韜(ご とう))は、 3月23日(木)から25日(土)までの3日間、 千葉の幕張メッセで開催される「ジャパン・ドローン 2017」に出展し、 今年2月に発表した注目の「MATRICE 200シリーズ」を国内で初めて出品する。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。