<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

ドローンの利活用を考える「第2回ドロンソン」が、1月21日、秋田市にぎわい交流館AUで開催される。 午前中は入場無料の「ドローン de UFOキャッチャー」ブースを用意し、子供から大人までドローンの操縦を楽しんでもらう。 午後からは参加者同士がチームになり、 ドローンの活用方法を考えるアイディアソンを実施する。


 ドローンの啓発活動を行う株式会社skyerは、「世の中はドローンでもっと楽しくなる!」を提供するドロンソン運営事務局を2016年12月に開設。 第1回目は昨年、「クリスマス×ドローン=wktkクリスマス(ハート)」をテーマに開催した。
 当日参加を含め約20名の親子がドローンの操縦体験やワークショップを楽しみ、審査員長には秋田県仙北市の門脇市長も駆けつけた。

 今回のテーマは「ドローン × 農業」全国市町村・事業者の農業業務での課題を募集し、 解決策を様々な視点から検討します。
 午前中は入場無料のドローン操縦体験会ブースを設置。 午後からは参加者同士がチームとなりドローンの活用方法を考えるアイディアソンを実施する。 優秀なアイデアを出したチームには豪華賞品を用意している。 また選抜されたアイデアを実現させるために、 運営事務局がプロジェクト立ち上げを全面にサポートするという。

【開催概要】
開催日程:2017年1月21日(土)
開催時間:13時00分 - 16時30分( 開場:10時00分 )
※当日は開場時間から同会場でドローン体験会を開催。だれでも自由に参加できる。

□ 参加方法
ドロンソンは「事前登録制」となっていて。 参加申込は下記の公式サイトからできる。
http://dronethon.net/  (応募締め切り 1月15日23:59まで)

□ 当日の開催スケジュール
【第1部】 10:00 開場 ドローン操縦体験会「ドローン de UFOキャッチャー」-好きなお菓子をゲットしよう-
【第2部】 13:00-16:30 第2回ドロンソン

□ 賞品:《最優秀賞》 豪華賞品を用意

□ 会場:秋田市にぎわい交流館AU(あう)2階 アート工房

□ 定員:30名

□ 参加費
- 事前登録制 - 当日現金精算
男性:3,000円/1人(税込)
女性:2,000円/1人(税込)
学生:無料(要学生証)
※各種割引あり
家族割:1,000円/1人(税込)
カップル割:1,000円/1人(税込)※性別不問
シルバー割:1,000円/1人(税込)※60歳以上

□ 主催
株式会社skyer
ドロンソン運営事務局
http://dronethon.net/

□ ドロンソンとは
ドロンソンは「ドローン」と「アイデアソン」を組み合わせた造語であり、 ある特定のテーマについて参加者の皆さまがドローンの活用方法を話し合い、 自由にアイデアを出し合うプログラムです。
こちらのプログラムでは、 分野を問わず、 様々な世代・年代・性別・職種で構成された皆さまがチームを組むことにより、 より幅広いアイデアを生み出す”場”を提供いたします。 より良いアイデア創出のために以下のコンテンツを用意しております。
・操縦体験会アイデアソンの前にはドローンの操縦体験の場を用意。
実際に触ってイメージが膨らむ土台作りをします。
・インプットセミナー:テーマに関する知識を学ぶ場参加者が初めて知るテーマでも、 専門家からテーマに関する知識や情報を学び、 アイデア出しを効果的に行うことができます。
・アイデアWS:質より量!数多くアイデアを出した上で絞り込み!!コミュニケーションツールやブレインストーミングなどの手法を用いて、 幅広いアイデア出しのスキルを習得します。

この記事のライター

関連する投稿


【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

「東京で地方創生を考える」第3回ドロンソンが2月25日(土)東京都内で初開催。 ドローン体験会や参加者同士がチームになり、ドローンの利活用方法を考えるドロンソンを実施する。 これまでの最大規模の40名でドローンと地方の未来を考える。


ドローンの利活用方法をみんなで考える「ドロンソン」が秋田県で初開催

ドローンの利活用方法をみんなで考える「ドロンソン」が秋田県で初開催

今年のクリスマスはドローンで盛り上げます。 12月24日に秋田市にぎわい交流館AUにて「第1回ドロンソン」が開催される。 今回のテーマは「クリスマス×ドローン」。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。