ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

デジタルハリウッドが運営をする「Digital Hollywood Robotics Academy」では、 昨年に引き続き「Drone Movie Contest 2017」を開催する。このコンテストは、 ドローンで空撮映像作品を対象とし、3月の「Japan Drone 2017」の企画の一つとして開催される。


 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、 2015年11月に開校した「Digital Hollywood Robotics Academy」は、 昨年に引き続き「Drone Movie Contest 2017」を開催する。
 このコンテストは、 ドローンで撮影した映像作品を対象としたもので、「Japan Drone 2017」の企画の一つとして開催される。 ドローン空撮映像の新しい可能性を示していくことを目指し、各方面から映像作品を募る。
 本コンテストの応募締め切りは、 2017年2月26日迄となっております。

 昨年開催をした「Drone Movie Contest2016」では、 初めての開催にも関わらず多数の作品応募があり、今年もも引き続き開催することとなった。
 昨年は空撮や測量など産業分野でのドローンの利活用への期待が広がった一方で、 ドローンによる事故が未だ絶えないのも事実。 ドローンが社会的な価値を発揮していくためには、 安全な運行体制を整備したうえで、 ポジティブな事例を増やしていくことが必要と考えている。

 このコンテストの3つのポイント。

 1点目は安全運航体制。
 航空法や電波法、 道路交通法、 各種ガイドラインなど、 国内の法制度を守ったうえで、 安全に飛行させた状態での撮影が必要になること。 海外で撮影された映像の場合は、 現地の法制度に基づいて撮影が行われている必要がある。 危険な撮影が行われた場合は、 審査の対象外となる。

 2点目は、 ジャンルは問わないということ。
 審査のために、 映像は3分以内で、 映像の50%以上をドローンで撮影すること、 という基準は設けあるが、 応募者の自由な発想を促すために、 ジャンルは設定していない。

 3点目は、 ドローンやエンターテイメント産業の実務経験者を中心に審査を行うこと。
 審査委員長は昨年に引き続き、 デジタルハリウッド大学の杉山知之学長が務め、 豊富なフライト経験のある企業や国際的なドローンメーカーである企業のご担当者らが審査委員になる。
  投稿された映像作品を審査委員会が審査し、 ファイナリスト・入賞者の選考を行う。

【募集要項】

■対象:
・ドローンで空撮した3分以内の動画作品を審査対象とする。
・作品時間の50%以上をドローンで撮影している。


■審査基準:
・JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っている。
・映像作品としての芸術性や、 技術的な先進性などを審査ポイントとする。 作品のジャンルは問わない。
 差別的な表現や、 危険な撮影手法などがある作品は審査の対象外とする。

■審査プロセス:
・作品投稿(2017年1月上旬~2月下旬)
 YouTube等の動画投稿サービスに作品を投稿(パスワード設定または限定公開設定)。
 ウェブサイトの応募フォームにURLとともに連絡先などを記載して添付。

・予備審査(2017年2月末~3月上旬)
 審査基準を満たしているか事務局で予備審査。

・作品審査会(2017年3月上旬)
 審査委員がファイナリスト作品を選定。

・ファイナリスト発表(2017年3月上旬)
 上位作品(5作品前後)をファイナリスト作品としてウェブサイトで発表。

・授賞式(2017年3月23日)
 Japan Drone 2017の特設ステージで入賞者を発表。

審査委員(予定):
デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー 学長 杉山知之
有限会社レイブプロジェクト 代表取締役 請川博一様
DJI JAPAN株式会社 映像ディレクター 熊田雄俊様
ロボティクスアカデミーカリキュラム監修 株式会社Dron é motion

応募・過去の受賞作品については下記よりご覧下さい。
公式ウェブサイト: http://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

審査委員(予定):
デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー 学長 杉山知之
有限会社レイブプロジェクト 代表取締役 請川博一様
DJI JAPAN株式会社 映像ディレクター 熊田雄俊様
ロボティクスアカデミーカリキュラム監修 株式会社Dron é motion

応募・過去の受賞作品については下記よりご覧下さい。
公式ウェブサイト: http://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

この記事のライター

関連する投稿


ドローンで見る東北大学星陵キャンパス

ドローンで見る東北大学星陵キャンパス

東北大学星陵キャンパスをドローンで撮影しました。


栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市の「ハンターマウンテンゆりパーク」で、ドローン撮影。


坂本の棚田(初夏)・三重県亀山市の phantom4Pro

坂本の棚田(初夏)・三重県亀山市の phantom4Pro

phantom4Proで空撮した棚田百選に選ばれている三重県亀山市の「坂本の棚田」空撮映像。


「森林浴コース」を」空撮 宍戸ヒルズカントリークラブ ショートムービー <佐々木賢一氏>

「森林浴コース」を」空撮 宍戸ヒルズカントリークラブ ショートムービー <佐々木賢一氏>

樹齢を重ねた豊な自然林の中に展開する36ホール。東コースは雄大な林間コース。陽の光が織りなす美しい樹木の中でのラウンドは、「森林浴コース」の愛称で賞賛されている。


新城市四谷千枚田 ドローン空撮

新城市四谷千枚田 ドローン空撮

愛知県新城市の四谷千枚田でドローン撮影をした映像。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。