ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

デジタルハリウッドが運営をする「Digital Hollywood Robotics Academy」では、 昨年に引き続き「Drone Movie Contest 2017」を開催する。このコンテストは、 ドローンで空撮映像作品を対象とし、3月の「Japan Drone 2017」の企画の一つとして開催される。


 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、 2015年11月に開校した「Digital Hollywood Robotics Academy」は、 昨年に引き続き「Drone Movie Contest 2017」を開催する。
 このコンテストは、 ドローンで撮影した映像作品を対象としたもので、「Japan Drone 2017」の企画の一つとして開催される。 ドローン空撮映像の新しい可能性を示していくことを目指し、各方面から映像作品を募る。
 本コンテストの応募締め切りは、 2017年2月26日迄となっております。

 昨年開催をした「Drone Movie Contest2016」では、 初めての開催にも関わらず多数の作品応募があり、今年もも引き続き開催することとなった。
 昨年は空撮や測量など産業分野でのドローンの利活用への期待が広がった一方で、 ドローンによる事故が未だ絶えないのも事実。 ドローンが社会的な価値を発揮していくためには、 安全な運行体制を整備したうえで、 ポジティブな事例を増やしていくことが必要と考えている。

 このコンテストの3つのポイント。

 1点目は安全運航体制。
 航空法や電波法、 道路交通法、 各種ガイドラインなど、 国内の法制度を守ったうえで、 安全に飛行させた状態での撮影が必要になること。 海外で撮影された映像の場合は、 現地の法制度に基づいて撮影が行われている必要がある。 危険な撮影が行われた場合は、 審査の対象外となる。

 2点目は、 ジャンルは問わないということ。
 審査のために、 映像は3分以内で、 映像の50%以上をドローンで撮影すること、 という基準は設けあるが、 応募者の自由な発想を促すために、 ジャンルは設定していない。

 3点目は、 ドローンやエンターテイメント産業の実務経験者を中心に審査を行うこと。
 審査委員長は昨年に引き続き、 デジタルハリウッド大学の杉山知之学長が務め、 豊富なフライト経験のある企業や国際的なドローンメーカーである企業のご担当者らが審査委員になる。
  投稿された映像作品を審査委員会が審査し、 ファイナリスト・入賞者の選考を行う。

【募集要項】

■対象:
・ドローンで空撮した3分以内の動画作品を審査対象とする。
・作品時間の50%以上をドローンで撮影している。


■審査基準:
・JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っている。
・映像作品としての芸術性や、 技術的な先進性などを審査ポイントとする。 作品のジャンルは問わない。
 差別的な表現や、 危険な撮影手法などがある作品は審査の対象外とする。

■審査プロセス:
・作品投稿(2017年1月上旬~2月下旬)
 YouTube等の動画投稿サービスに作品を投稿(パスワード設定または限定公開設定)。
 ウェブサイトの応募フォームにURLとともに連絡先などを記載して添付。

・予備審査(2017年2月末~3月上旬)
 審査基準を満たしているか事務局で予備審査。

・作品審査会(2017年3月上旬)
 審査委員がファイナリスト作品を選定。

・ファイナリスト発表(2017年3月上旬)
 上位作品(5作品前後)をファイナリスト作品としてウェブサイトで発表。

・授賞式(2017年3月23日)
 Japan Drone 2017の特設ステージで入賞者を発表。

審査委員(予定):
デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー 学長 杉山知之
有限会社レイブプロジェクト 代表取締役 請川博一様
DJI JAPAN株式会社 映像ディレクター 熊田雄俊様
ロボティクスアカデミーカリキュラム監修 株式会社Dron é motion

応募・過去の受賞作品については下記よりご覧下さい。
公式ウェブサイト: http://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

審査委員(予定):
デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー 学長 杉山知之
有限会社レイブプロジェクト 代表取締役 請川博一様
DJI JAPAN株式会社 映像ディレクター 熊田雄俊様
ロボティクスアカデミーカリキュラム監修 株式会社Dron é motion

応募・過去の受賞作品については下記よりご覧下さい。
公式ウェブサイト: http://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

この記事のライター

関連する投稿


京都大覚寺に出現した巨大石絵、ドローン空撮映像「ONE PIECE ART NUE大覚寺『魔獣と姫と誓いの花』展」

京都大覚寺に出現した巨大石絵、ドローン空撮映像「ONE PIECE ART NUE大覚寺『魔獣と姫と誓いの花』展」

京都大覚寺の約600平方メートルの広大な日本庭園に、「ONE PIECE 史上最大のビジュアル」を展示中。そのなかの石絵をドローンで空撮した映像(各5アングル)は、まさに思わず息を呑む美しさといえる。


香川県五剣山 <空撮映像>

香川県五剣山 <空撮映像>

香川県五剣山をドローン空撮した映像。


徳島県上勝町 樫原の棚田 <ドローン空撮・Minakuchi Tomoki>

徳島県上勝町 樫原の棚田 <ドローン空撮・Minakuchi Tomoki>

Minakuchi Tomokiさんの樫原の棚田空撮映像



Amazing Landscapes Aerial Shoot of Japan - Sanjo Rice Paddy

Amazing Landscapes Aerial Shoot of Japan - Sanjo Rice Paddy

三条の水田4K空撮。新潟への道中、北陸道からの眺めがあまりにも素晴らしく、衝動的に途中下車して撮影を敢行。 明らかに自然のものとは思えないが、同時に人の手の技であるとも信じがたい、美しく区切られ敷き詰められた稲穂、稲穂、稲穂。 パースが消失し、ミクロとマクロを判別する神経回路が混乱していく錯覚。


最新の投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。


ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

米国インテルは、科学者や専門家と提携し、ドローンと人工知能(AI)を活用して、北極熊やクジラなどの野生生物の生態研究をサポートしている。