Stef Hofferさんのドローン空撮映像が見せる多様な中国

Stef Hofferさんのドローン空撮映像が見せる多様な中国

これ全部、ひとつの国。Stef Hofferさんによるこちらのドローン映像。ただ見た目が美しいだけでなく、すぐ近くの中国がいかに色んな表情を持っているか考えさせてくれます。


China From Above

https://vimeo.com/194945117

China is a vast country with a seemingly endless variety of landscapes. From the modern skylines of Shanghai and Hong Kong to the ancient city walls of Xi'an,…

映像は日本人もよく見たことがある光景から始まります。…この記事の続きを読む

情報提供元:GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2017/01/drone_china_from_above.html

この記事のライター

関連するキーワード


空撮 中国

関連する投稿


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


【慶大×田村市:ドローン日記】石井さん、「笑顔になれる、いい作品を作りたい」

【慶大×田村市:ドローン日記】石井さん、「笑顔になれる、いい作品を作りたい」

2017年2月14日  こんにちは、船引高校の石井新一です。ドローンに触れて2か月がたちますが、ドローンが手だけでなく、頭も使うものだ、ということを改めて感じています。


【慶大×田村市:ドローン日記】「撮影の前に、企画書を作る」

【慶大×田村市:ドローン日記】「撮影の前に、企画書を作る」

 こんにちは、石井新一です。先日は通学している福島県立船引高校のドローン特別講座に参加して、初めてドローンに触れたときの様子を書きました。今回は、1月20日に行われた3回目の講座について書きたいと思います。


雲海に包まれる天空の城 越前大野城をドローン空撮

雲海に包まれる天空の城 越前大野城をドローン空撮

越前大野城(福井県大野市)が雲海に包まれた様子を空撮。


最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。