ドローンビジネスフランチャイズ「aotori(アオトリ)」が フランチャイズ募集

ドローンビジネスフランチャイズ「aotori(アオトリ)」が フランチャイズ募集

「空の産業革命」と位置付けられ、 インターネットやスマートフォンの普及期と同じ状況で発達しているドローン関連ビジネスに「参入する方」「新技術、 サービスを拡大したい方」をサポートするためのフランチャイズ募集を開始。


ドローンを使用した空撮をはじめとするビジネスパッケージ


 一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市:以下DBA)は、 「ドローン操縦技術」「許可申請」「撮影技術」「営業先・ツール」などの必要ノウハウをパッケージ化した ドローンビジネスフランチャイズ「aotori」の募集を開始した。

■概要
ドローン(無人航空機)を活用したサービスのフランチャイズ

・空撮、 測量、 レース開催、 イベント開催などのサービス技術の提供
・飛行許可申請のサポート
・営業先や営業資料などの提供
・新技術、 法令、 情報管理などの業界情報の提供
・全国ネットワークによる業務エリア連携

■特徴
 2016年は様々なタイプのドローンが発売され、それに伴いドローンを活用したサービスは急速に発展、 拡大した。
 ドローンビジネスを開始するには「ドローン操縦技術」「許可申請」「撮影技術」「営業先・ツール」などサービスの準備には様々なものがある。
「aotori」フランチャイズでは、 ドローンサービスをスタートするにあたり必要なノウハウをパッケージし、 短期間の研修によりドローンビジネスを始められるようにした。
 また、 加盟地域や加盟店の状況に合わせた営業ツールや営業リストを準備し、 運営のサポートも行う。

■サービス(空撮)
・「イロトリ」
簡易空撮:動画テンプレートからを選択して空撮
5万円~
活用例:新築住宅、 進水式、 結婚式、 卒業記念など

・「クロトリ」
本格空撮:オリジナルストーリーによる空撮
20万円~
活用例:企業PV、 商品PVなど

■募集内容
・概要:「aotori」(ドローンによる空撮をはじめとしたドローン関連サービス)のフランチャイジーを募集します
・資格:個人、 法人を問いません ※副業・兼業可
・募集エリア:全国
・契約期間:5年(自動更新あり)
・加盟金:100万円 ※ドローンなど機材費用含む
・その他初期費用:パソコンなど
・研修制度:ドローン操作、 撮影技術、 動画編集、 経営・営業・経理など研修制度有
 ※最低10時間のフライトを行い、 飛行許可申請を行う。

★地域本部制度
・都道府県単位で地域本部FCを1店設置する。
・地域本部FCには、 担当エリアにあるFCをサポート(研修・営業など)をしてもらう。

■(一社)日本ドローンビジネスサポート協会について
ドローンビジネスを安全・安心に行うために、 全国の各関連団体、 組織、 企業とネットワークを築き、 新技術・サービスの情報共有を行う。
 また、 法整備、 運用危機管理などが未整備でトラブルが発生した際にも対応できるよう、 情報提供を活発に行う。

http://www.drone-business.jp

【企業概要】
会社名:一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会
代表者:森本宏治 森本亜矢子
所在地:岡山市東区政津255-2
設立:2016年10月06日
TEL:086-948-2761
Mail:info@drone-business.jp
URL: http://www.drone-business.jp

この記事のライター

最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。