米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

 米国防総省は、昨年10月に超小型ドローンを使った実証実験をカリフォルニア州チャイナレイクで実施、世界最大規模となるマイクロドローン103機を編隊飛行させることに成功したと、9日発表した。


 この実験は、飛行中の3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機から103機のマイクロドローン「Perdix(パーディクス)」が放出され行われた。
 2012年に戦略能力研究局(SCO)を創設したAsh Carter国防長官は、「この実証実験の成功にお祝いを言った。これは私たちに敵対する勢力よりも1歩先に出る最先端のイノベーションで、自律システムの開発を進歩させることになる」と語った。
 国防総省戦略能力研究局のWilliam Roper局長によると「Perdixは事前にプログラムされ動くものではなく、ドローン各々が意思決定できる分散型の1つの頭脳を共有し、生物の群れのように相互に協力しながら行動する」と説明した。
 また「PerdixはすべてのPerdixとコミュニケーションをとりながら、他のPerdixと協力し合えるため命令する者を必要としない。群れへ入退場を行うドローンにもうまく対応できる」と付け加えた。
 今後ドローンが、ハチの群れのように敵対勢力を攻撃するような日が来るのだろうか。

Perdixを飛行中に放出した3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機

この記事のライター

関連するキーワード


米国防総省 Perdix

最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。