DJIの「SkyPixel」が 2016年ドローン空撮イメージのグランプリを発表

DJIの「SkyPixel」が 2016年ドローン空撮イメージのグランプリを発表

DJIが運営する世界最大規模の空撮写真/映像コミュニティーサイト「SkyPixel(スカイピクセル)」は、 世界各国のクリエイターを対象とした2ヶ月に及ぶコンテストを経て、 ドローンで撮影された空撮イメージの2016年のグランプリおよび入賞作品を発表した。


2016 SkyPixel Photo of the Year <Grand Prize>

Fishermen close the net / Ge Zheng氏

 2016年度のグランプリとなる「SkyPixel Photo of the Year」には、 Ge Zheng氏が中国福建省で撮影した「Fishermen close the net」が選ばれた。
 この作品は、 水面への反射と色彩、 さらに魚捕り網や支柱、 そして水面が織りなす圧倒的な構図が、 ドローン空撮による独特な遠近法で捉えられている。
 当コンテストは、 世界131ヶ国より2万7千件を超える応募作品の中から、 Ge Zheng氏のグランプリ作品やその他カテゴリーの入賞者を選定した。 入賞作品の審査は、TIME および Condé Nast Travelerなどのフォトジャーナリストや過去に受賞した写真家、 旅行写真家によって選定された。
  今回のグランプリ受賞者Ge Zheng氏には、 「DJI INSPIRE 2」、 「DJI MAVIC PRO」、 「Epson Moverio BT-300スマートグラス」、 「Epson SureColor P400大判フォトプリンター」、 および「Adobe Creative Cloudフォトグラフィープラン」(1年間のメンバーシップ)が贈られる。

 SkyPixelはグランプリに加え、 「beauty」、 「360」、 「drones in use」の3カテゴリーを設け、 それぞれのカテゴリーで上位3作品を選出した。
 またプロとアマチュアからの応募作品は、 それぞれのカテゴリー別に審査が行われた。SkyPixelで最も「いいね」が多かった作品には、 「人気賞」を授与した。
 SkyPixelコンテスト2016のスポンサーは、 DJIのほか、 Epson、 Adobe、 Insta360そしてCtrip。 ディアパートナーは、 TIME、 Condé Nast TravelerおよびFStoppersとなっている。

【最終選考に残ったその他の作品について】
以下のサイトですべての入賞作品を見ることができる。:
www.skypixel.com/events/photocontest2016

SkyPixelについて
SkyPixelは、 2014年に開設された、 世界最大規模の空撮写真、 映像作家のコミュニティー。 現在、 100万人を超えるユーザーが登録し、 世界中から数千もの空撮写真や映像が毎日共有されている。 2016年に開催した世界最大規模の空撮写真コンテストでは、 世界146ヵ国より2万7千件を超える応募があった。 また、 ドローンによる空撮コミュニティーの発展を促進するために、 SkyPixelでは空撮映像の専門家を特集し、 最高の空撮映像を作り出すためのヒントを紹介している。
www.skypixel.com

この記事のライター

最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。