ドローンジャパンがドローンのソフトウェア・エンジニア養成塾の第三期募集を開始

ドローンジャパンがドローンのソフトウェア・エンジニア養成塾の第三期募集を開始

ドローンの「コンサル・農業・教育」で事業を展開しているドローンジャパン株式会社(本社:東京、代表:勝俣喜一郎)は、平成29年4月から第三期となる「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」を開催すると発表した。


日本から優秀なドローンのオープン・ソフトウェア・エンジニアを育成する塾

 「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」は、JapanDrones株式会社(本社:長野県、代表:Randy Mackay)とドローン・ジャパンが協働で運営しているエンジニア向けの教育事業。欧米や中国のドローン先進国と互角に勝負できる優秀なドローンのオープン・ソフトウェア・エンジニアを2020年までに「1,000人」 育成することを目指している。1,000人という数は、世界のドローン向けオープン・ソフトウェア・エンジニアの10%以上になる。
 これまで2回の養成塾が開催され、2016年の初年度は55名の塾生に修了賞が授与されている。「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」の概要は、軽井沢でのデモフライトとArduPilot(アルジュパイロット)の概要説明に始まり、九段下と東京近郊で4回のセミナーや体験飛行を行い、最後に九段下で成果発表と修了が認定される。カリキュラムの内容は、ArduPilotの技術解説を中心に、自動航行やプログラミングなどを学んでいく。詳細な募集要項と講義内容に関しては、ドローンジャパンのサイトに掲載されている。

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」の概要

スキルと目的に合わせた3つのコース

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」は、3つのコースで構成されている。
1.ArduPilot Professional Operator Course (10万円+税)
自動航行Softwareのオペレーションを学ぶトレーニングコース。プログラムなどの経験はなくても、ArduPilotを使いこなせる技能の習得を目指す。

2.ArduPilot Application Developer Course(12万円+税)
Ardupilotの基礎とDroneKitのプログラミングを学ぶコース。Java・パイソンのプログラム経験または理解力が必要。ArduPilot(DroneKit)を活用したソフトウェア開発者を目指す。

3.ArduPilot Flight code Programing Course(8万円+税)
Ardupilotのプログラミングを学ぶコース。C++のプログラミング経験か理解力が求められる。ArduPilot(FlightCode)によるドローン制御やドライバーの開発者を目指す。

複数のコースを並行して受講する場合には、割引もある。

 塾を開催するドローンジャパンの勝俣氏は「この養成塾は、一般のドローンスクール卒業レベルの操縦士と差別化する技術を身に着けたい方や、これからのIoT社会に求められるドローン・ソフトウェア技術者を育成します。今、世界のIT業界における日本のプレゼンスが、相対的に低くなっていることを深慮しています。しかし、IoT時代は先端ソリューションを日本から発信できるチャンスだと思います。それだけに、ドローンを中核としたオープン・ソフトウェアのエンジニアが国内で数多く育てば、日本のデバイスづくりとセンシング技術の優位性が世界にも広がっていくと期待しています」と話している。

募集案内のサイト
http://www.drone-j.com/dronecode-japan/semester03/

ドローン・ジャパンの勝俣喜一朗代表取締役社長

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でオープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。プレゼンテーションの最後では、塾長のランディ・マッケイ(Randy Machay)氏が、最新の取り組みを紹介した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

7月21日。ドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催した。デモフライトの会場は、軽井沢の「ペンションにいみ」を中心とした地元の方たちが、休耕地の雑草を刈り込んで離着陸のスペースを確保した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢の「ペンションにいみ」と「馬越ゴルフ倶楽部」などで、オープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。


米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

2018年6月13日から16日まで、米国のメリーランド州で開催されたAUVSI SUAS 2018競技で、シャーブルック大学(Sherbrooke)が優勝し、入賞した10チームのうち9チームが、オープンソースのArdupilotにより自律飛行ミッションをクリアした。


トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

ドローン・コンサルティング事業を手がける株式会社トルビズオン(福岡市中央区)は、福岡市内で、開発者向けの「ドローンソフトウェア開発概要講座」を2月13日に開催する。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。