記事一覧


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。


Amazonが北米でドローン配達「Prime Air」の公開実験に成功

Amazonが北米でドローン配達「Prime Air」の公開実験に成功

アマゾンが、北米における初のドローン配達「Prime Air」に成功した。


残業中の社員に迫る巡回ドローンでオフィス監視と社員の健康を守る「T-FREND」今秋にも登場

残業中の社員に迫る巡回ドローンでオフィス監視と社員の健康を守る「T-FREND」今秋にも登場

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。JAPAN DRONE 2017の大成ブースでは、オフィスを巡回するドローンソリューション「T-FREND」を参考展示していた。


【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

日本、アジア、北米、欧州など世界のドローン産業の可能性とビジネスモデルの将来について、各国を代表するパネリストが、それぞれの立場から意見を述べた。


ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(1)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(1)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、2015年10月に設立され、ドローンなどのロボティクス技術とビジュアルコミュニケーション技術を組み合わせたソリューションの企画・開発・販売を⾏う。同社の取り組みを出村氏に聞いた。


【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

Japan Drone 2017、2日目の基調講演は、アメリカ航空宇宙局(NASA) エイムズ・リサーチセンター シニアテクノロジストのパリマル・コパーデカー博士が、「低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について」ビデオで講演した。


Japan Drone 2017続報・使い切りライター製造のライテックが中国製ドローンを輸入販売へ

Japan Drone 2017続報・使い切りライター製造のライテックが中国製ドローンを輸入販売へ

使い切りライターを主力製品として製造、販売しているライテック社は、Japan Drone 展に出展、今後中国のSMD社のドローンを日本国内で販売していく。


株式会社NTTネオメイトがドローンを活用した「太陽光パネル点検ソリューション」を提供開始

株式会社NTTネオメイトがドローンを活用した「太陽光パネル点検ソリューション」を提供開始

西日本電信電話株式会社(大阪市中央区、 代表取締役社長:村尾 和俊)と株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(大阪市中央区、 代表取締役社長: 坂口隆冨美、 以下、 NTTネオメイト)は、 2017年3月24日(金)より、 ドローンを活用した太陽光パネル点検ソリューションの提供を開始と発表した、


Japan Drone 2017速報・国内ドローン産業を支援する産官学の取り組み

Japan Drone 2017速報・国内ドローン産業を支援する産官学の取り組み

Japan Drone 2017の国際展示会には、国内のドローン産業を支援するための行政や組織も参加していた。その中から、注目された国産ドローンを紹介する。


【基調講演】呉韜代表取締役社長が 「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」

【基調講演】呉韜代表取締役社長が 「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」

Japan Drone 2017、2日目の基調講演には、DJI JAPAN 株式会社の呉韜代表取締役社長が登壇し、「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」について講演した。


Japan Drone 2017速報・高価なセンサー類を落下リスクから守る日創建のエアバッグ

Japan Drone 2017速報・高価なセンサー類を落下リスクから守る日創建のエアバッグ

 〝本邦初公開〟のドローン用エアバッグの実演が、Japan Drone 2017でひときわ目立つ演出で、客足を止めている。ただし保護するのは、ドローン本体ではなく、搭載したセンサーやスキャナーだ。


Japan Drone 2017速報・40時間の連続飛行が可能な海上探査向けリモートパイロット式航空機(RPA)

Japan Drone 2017速報・40時間の連続飛行が可能な海上探査向けリモートパイロット式航空機(RPA)

General Atomics Aeronautical Systems, Inc. (GA-ASI)社は、マルチモード海上探査レーダーを搭載したSkyGuardianというリモートパイロット式航空機(RPA)を紹介していた。


Japan Drone 2017速報・ドローンの完全自動運行を実現するDRONEBOXが登場

Japan Drone 2017速報・ドローンの完全自動運行を実現するDRONEBOXが登場

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンの展示コーナーには、ドローンの離発着と充電に格納を全自動で運用できるDRONEBOXが置かれていた。


Japan Drone 2017速報・ササモモさん大活躍!デモフライトもPRも

Japan Drone 2017速報・ササモモさん大活躍!デモフライトもPRも

 幕張メッセで開幕中のJapan Drone 2017で、ドローンに関わる女子の活動チーム、「ドローン女子」を運営するササモモさん(佐々木桃子さん)が大活躍している。多忙の合間に、DroneTimesのブースにも立ち寄ってくれた。


Japan Drone 2017速報・ドローンで新たな産業を興す「福島ロボットテストフィールド」

Japan Drone 2017速報・ドローンで新たな産業を興す「福島ロボットテストフィールド」

福島県の商工労働部は、平成30年度から順次開所を予定している「福島ロボットテストフィールド」や南相馬市復興工業団地などを案内し、その隣ではJUTMが3月に行われた航空管制の実証実験の様子を紹介していた。


Japan Drone 2017速報・ジェピコのサーモグラス、1億画素カメラシステムに熱視線

Japan Drone 2017速報・ジェピコのサーモグラス、1億画素カメラシステムに熱視線

 幕張メッセで開幕中のJapan Drone 2017で、スマートデバイスなどの電子部品商社、株式会社ジェピコ(JEPICO、東京・新宿)がブースを出展し、ドローン関連製品を展示し、来場者の視線を集めている。


  • 1
  • ...