人気記事一覧


ドローン事業に本格参入する日立グループ

ドローン事業に本格参入する日立グループ

日立グループでは、ドローン事業への本格参入を開始する。その日立グループの中でITソリューションを提供している株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野昌宏)は、ドローン運用統合管理サービスの提供を開始した。(田中亘)


エンルート農業用ドローンの認定教習施設を、クロノス社と連携し開設

エンルート農業用ドローンの認定教習施設を、クロノス社と連携し開設

株式会社エンルートは、株式会社クロノスと共同で農業用ドローン(マルチコプター)の操縦資格を取得できる認定校を開設したことを発表した。


米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

ITベンダーの株式会社システナ(本社:東京、代表取締役社長:三浦賢治)の米国子会社のSystena America Incは、米国ラスベガスで開催された家電ショーのCES2017に、世界初となるLoRaDroneを出展した。(田中亘)


「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

11月11日、ドローンに関するコンサルティングや精密農業を展開するドローン・ジャパンは、軽井沢の風越公園アイスパーク会議室で、「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表を行った。また同社は、APTJ(ArduPilotTeamJapan)の設立も発表した。(田中亘)


エアロセンス株式会社 「国産ドローンで測量サービスを事業化」

エアロセンス株式会社 「国産ドローンで測量サービスを事業化」

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMPの共同出資によって、2015年8月に設立されたエアロセンス株式会社は、自律型無人航空機(UAV)とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションを提供する企業。ドローンの機体からクラウドサービスまでを自社で設計開発し、業務ニーズに合わせたソリューションを提供


取り付けて、放り投げる! GoPro向け空撮アクセサリー「AER」の新発想がヤバい!

取り付けて、放り投げる! GoPro向け空撮アクセサリー「AER」の新発想がヤバい!

GoProのアクションカメラを取り付けるスポンジ状のアクセサリー「AER」がとがっている。取り付けて、放り投げると、空撮するというしろものだ。


障害物を認識するドローンの「視覚」 Parrot など「S.L.A.M.dunk」開発

障害物を認識するドローンの「視覚」 Parrot など「S.L.A.M.dunk」開発

仏のドローンベンダーParrot社とUbuntu(Linux系OSの一種)を支援する英のCanonial社は、ドローンやロボットに自律回避能力を付加するParrot S.L.A.M(Simultaneous Localization and Mapping) .dunkという開発キットを発表した。(田中亘)


京商が低空を滑空するレース用ドローン「DRONE RACER」を発表〜全日本模型ホビーショー

京商が低空を滑空するレース用ドローン「DRONE RACER」を発表〜全日本模型ホビーショー

第56回全日本模型ホビーショーが、23日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で報道関係者らに事前公開され、京商のDRONE RACERが発表された。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都)は、11月29日、静岡県掛川市に11月29日『ドローンスクールジャパン静岡掛川校』を開校する。建設業の株式会社長尾機設(静岡県)と提携し、建設業を中心に地元で高まっているドローン操縦士需要に答え、雇用の創出も目指す。


人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

当サイトでも人気のZeroTech社の手の平サイズドローンの「Dobby」を飛ばしてみました。動画で楽しさは動画で確認してください。クリスマスにもまだ間に合います。産経netShopで取り扱っています。


最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(1)

最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(1)

次世代農業EXPOには、国内の主要なドローンベンダーが集まり、最新鋭の機体を展示した。すでに販売実績のあるモデルから、数年後の製品化を目指すプロトタイプまで、国内のドローン事情が俯瞰できる展示会となっていた。(田中亘)


エンルートM'sのドローン中継システム 自治体などが注目(Inter Bee)

エンルートM'sのドローン中継システム 自治体などが注目(Inter Bee)

量産型ドローンの組み立て・販売などを行う株式会社エンルートM's(エムズ)(本社:福島県福島市、代表:辺見俊彦)は、Inter BEE 2016の会場で、ドローンで空撮した映像をリアルタイムで地上に伝送する中継システムを展示した。自治体などからの引き合いが多いという。(田中亘)


ドローンを使い「ブドウ」を分析する国内初の試み実施へ〜長野県塩尻市の高校で

ドローンを使い「ブドウ」を分析する国内初の試み実施へ〜長野県塩尻市の高校で

 ドローンをワイン用のぶどう畑に飛ばして、センサーで水分量や糖度、さらには収穫時期まで把握しようという実験が8月30日、長野県塩尻市の塩尻志学館高校で実施される。企業と教育機関がタッグを組んだ「IoWプロジェクト」の一環で、センサーを搭載したドローンを利用するのは国内初の試みとして注目される。


あのハネムーン・トラベラーが「ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日」を発売!

あのハネムーン・トラベラーが「ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日」を発売!

ドローン撮影をしながら世界の絶景をアップした動画が、 SNSで世界的に大ブレイクをしているHoneymoon Traveler初の著書『ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日』が発売。 未公開映像を含めた各地の絶景動画をまとめたDVD付き。


8月10日に「ドローンタイムズセミナー」経産、国交、総務の3省も講演

8月10日に「ドローンタイムズセミナー」経産、国交、総務の3省も講演

 産経新聞社と日本工業新聞社は、ドローンに特化したニュースサイト「ドローンタイムズ」を8月1日に開設するのを記念し、「創刊記念ドローンタイムズセミナー~ドローンから始まる日本の産業革命~」を8月10日、東京・大手町で開催する。


DJI の 7 機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI の 7 機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、DJI製品の7機種が、国 土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリア したと発表した。また、新たに DJI 製品の 3 機種において、「資料の一部を省略す ることができる無人航空機」に認定された


インテルがドローン自作キット「Aero」を12月に発売

インテルがドローン自作キット「Aero」を12月に発売

 インテルが今年12月中に、ユーザーが自作できるドローン製作キットを販売すると発表した。キットには、ドローンの各パーツ、ソフトウェア、3Dカメラ、飛行コントローラがすべて含まれる。販売価格は600ドル台なかばが予想されている。


ドローン産業の鍵を握るフライトコントローラーのトップエンジニア(1)

ドローン産業の鍵を握るフライトコントローラーのトップエンジニア(1)

ドローンが正確に飛行する上で欠かすことのできないテクノロジーが、フライトコントローラー。そのフライトコントローラーのオープンソースプロジェクトが、ArduPilot(アージュパイロット)。そのトップエンジニアであるランディーマッカイ氏に、開発の意義とドローン産業のビジョンについてインタビューした。(田中亘)


テラドローン設立の背景 〜グローバルEVメーカーがドローンに賭ける次の一手〜

テラドローン設立の背景 〜グローバルEVメーカーがドローンに賭ける次の一手〜

2010年の創業から、電動二輪・三輪EVメーカーとして、アジア市場で年間3万台を製造・販売しているテラモーターズは、2016年3月にドローン測量の新会社テラドローンを設立した。テラドローンは、山形県に本社があるリカノスの技術を事業譲渡により誕生している。(DRONE TIMES 田中亘)