人気記事一覧


米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

ITベンダーの株式会社システナ(本社:東京、代表取締役社長:三浦賢治)の米国子会社のSystena America Incは、米国ラスベガスで開催された家電ショーのCES2017に、世界初となるLoRaDroneを出展した。(田中亘)


「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その1

「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その1

第2回目となるドローンムービーコンテスト2017で、グランプリに輝いた佐々木光洋さんに受賞作品の制作での苦労や、ドローン空撮の魅力についてうかがった。


ドローンファンド千葉功太郎氏インタビュー! 「投資家はお金を出す人ではなく、熱い志を応援する人」

ドローンファンド千葉功太郎氏インタビュー! 「投資家はお金を出す人ではなく、熱い志を応援する人」

 日本で初めて、世界でも珍しいドローンスタートアップ特化型ファンド「ドローンファンド」が6月1日、発足した。6月中に11社への出資を予定している。ファンドを率いる千葉功太郎氏は、DroneTimesのインタビューに応じ、「世界でゼロに近い日本のドローンのプレゼンスを高めたい」と語った。インタビューの内容をお届けする


業界初!屋内ドローンでオフィス監視を 大成、ブルーイノベーション、NTT東が提携

業界初!屋内ドローンでオフィス監視を 大成、ブルーイノベーション、NTT東が提携

 総合ビルメンテナンスの大成株式会社、ドローン技術統合サービスのブルーイノベーション株式会社、NTT東日本株式会社千葉事業部は23日、オフィス内でドローンを自動巡回させて、セキュリティー強化や、社員の残業監視を図る新サービス「T―FREND」を共同開発することで提携した。屋内ドローンによる監視サービスは業界初となる。


「管理団体」に4団体、「講習団体」に43団体 国交省がHPに掲載

「管理団体」に4団体、「講習団体」に43団体 国交省がHPに掲載

 国土交通省は1日、ドローンの講習団体と管理団体をHPに掲載した。管理団体には4団体が名を連ねた。掲載した団体の講習を修了すると、飛行申請時に手続きが簡素化される。


300機のドローンを群制御するIntel Shooting Starの最新テクノロジー

300機のドローンを群制御するIntel Shooting Starの最新テクノロジー

ハウステンボスの夜空を彩った300機のIntel Shooting Starは、現時点で世界最高のドローン制御テクノロジーを実現している。その開発の背景について、ライトショーのために来日したゼネラルマネージャーのNatalie Cheung(ナタリー・チョウ)氏に聞いた。


Parrot「Bebop 2」に「フォローミー機能」

Parrot「Bebop 2」に「フォローミー機能」

 仏Parrotは、空撮可能なドローン「Bebop 2」向けの新機能として、指定した人物などをドローンが自動で追跡しながら撮影する「フォローミー機能」を3日に提供した。


「福岡ドローンミートフェス」大盛況! 仏企業も出展で〝ドローンの街〟を強烈アピール!

「福岡ドローンミートフェス」大盛況! 仏企業も出展で〝ドローンの街〟を強烈アピール!

 国内外のドローン関連企業、団体が集結する「グローバルスタートアップ・ドローンミートフェス」が5月23日、福岡市の中心街にあるスタートアップ支援施設「フクオカ・グロース・ネクスト」で開催された。日本初出展のフランス企業を含め約20の企業などが出展したほか、キーマンの講演もあり、〝ドローンの街〟を強烈に印象付けた。


ドローン産業の鍵を握るフライトコントローラーのトップエンジニア(2)

ドローン産業の鍵を握るフライトコントローラーのトップエンジニア(2)

カナダ生まれで日本の軽井沢に居を構え、ドローンを飛ばするために欠かせないフライトコントローラーのArduPilot(アージュパイロット)を開発しているランディーマッカイ氏。なぜオープンソースにこだわるのか。その歴史を紐解く。(田中亘)


ドローン事業に本格参入する日立グループ

ドローン事業に本格参入する日立グループ

日立グループでは、ドローン事業への本格参入を開始する。その日立グループの中でITソリューションを提供している株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野昌宏)は、ドローン運用統合管理サービスの提供を開始した。(田中亘)


ドローン空撮動画、YouTube再生回数ベスト3

ドローン空撮動画、YouTube再生回数ベスト3

YouTubeにアップされているドローンで制作された人気動画を調べたところ、かなり面白い映像が見つかりました。そこで、本記事ではその再生回数ベスト3の動画を紹介したいと思います。


DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、従業員増加と事業拡大に対応す るため、2017 年 5 月 8 日(月)より本社を品川へ移転し、業務を開始することになった。


佐賀県で夜間の被災現場をドローンで確認する前代未聞の訓練 150人が効果実感

佐賀県で夜間の被災現場をドローンで確認する前代未聞の訓練 150人が効果実感

 夜間の災害対応にドローンを使う訓練が11月11日の日没後、佐賀県武雄市で行われた。緊急消防援助隊による綜合訓練のひとつで、九州沖縄各地区から参加した援助隊と、災害用カスタムドローンを持つ事業者が、暗闇の中の救難者捜索に力を合わせた。参加した150人が、夜間のドローン利用に手応えを実感した。


FPV映像に見る圧巻の超高速ドローンレース動画

FPV映像に見る圧巻の超高速ドローンレース動画

世界で今最も熱い最新スポーツが「FPVドローンレース」。FPVとは主観映像(First-Person View)の略。つまりドローンに搭載されたカメラの映像を見ながらドローンを操作してレースをするんです!


JUTMが大規模実験! 運航管理の実証と課題抽出 ドクターヘリ飛来で他のドローンに着陸要請も! 

JUTMが大規模実験! 運航管理の実証と課題抽出 ドクターヘリ飛来で他のドローンに着陸要請も! 

 多くのドローンが空を飛ぶ時代を見据え、上空でぶつからないように管理する運航管理システムを研究、開発する一般社団法人綜合研究奨励会・日本無人機運航管理コンソーシアム(JUTM)は10月26日、福島県南相馬市の市街地で、実際に複数のドローンを飛ばし、システムの運用を試す実証実験を実施した。実験には36の団体が参加した。


ドローン10大ニュース・下・第1位〜第5位

ドローン10大ニュース・下・第1位〜第5位

ドローンタイムズが勝手に選んだ2017年を振り返る恒例の「ドローン10大ニュース」を2回にわたって紹介します。


パイロットの視点が楽しめるドローン「FPV COMPACT DRONE」1万円以下で発売

パイロットの視点が楽しめるドローン「FPV COMPACT DRONE」1万円以下で発売

自動車雑誌、ファッション雑誌を発行する株式会社三栄書房(代表取締役社長:鈴木賢志)は「SAN-EIホビーシリーズ FPV COMPACT DRONE」を全国の書店で6月29日に発売を開始する。価格は税込9,990円。


【注意】平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更

【注意】平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更

平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更になる。これまでの国土交通省の本省から、地方航空局へと移管される。


最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

 ヤマハ発動機株式会社は、無人航空機(通称ドローン)の産業用ハイエンドモデルとなる自動航行型無人ヘリコプター「FAZER R G2(フェーザー・アール ジーツー)」を開発し、2017年4月から計測・観測・監視・撮影・運搬等の産業用途向けに機体のレンタル、業務受託を開始すると発表した。


ソフトバンクC&S ドローン搭載用赤外線カメラ取扱い開始

ソフトバンクC&S ドローン搭載用赤外線カメラ取扱い開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下ソフトバンクC&S)がドローン搭載用赤外線カメラの取扱いを4月12日から開始すると発表した。 ドローンに赤外線カメラを組み合わせることにより、 点検業務、 生態調査、 監視、 行方不明者の捜索など、 ドローン活用の幅がより一層広がる。