人気記事一覧


エンルートが役員人事及び事業再編 株式会社エンルートラボを設立

エンルートが役員人事及び事業再編 株式会社エンルートラボを設立

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸、 以下エンルート)は、 ドローンを始めとする無人航空機、 無人車両等に於ける先端技術の研究・開発の機能を強化し営業推進・サービス提供体制を強化する為、 役員人事の変更及び事業再編を発表した。


スマホでも操縦ができるドローン「PXY Wi-Fi」

スマホでも操縦ができるドローン「PXY Wi-Fi」

ドローンなどラジオコントロール機器を手がけるジーフォース(東京都千代田区)は、スマートフォン(スマホ)と連携するドローン「PXY Wi-Fi(ピクシィ・ワイファイ)」を2016年7月27日に発売した。


ドローン産業の鍵を握るフライトコントローラーのトップエンジニア(1)

ドローン産業の鍵を握るフライトコントローラーのトップエンジニア(1)

ドローンが正確に飛行する上で欠かすことのできないテクノロジーが、フライトコントローラー。そのフライトコントローラーのオープンソースプロジェクトが、ArduPilot(アージュパイロット)。そのトップエンジニアであるランディーマッカイ氏に、開発の意義とドローン産業のビジョンについてインタビューした。(田中亘)


8月10日に「ドローンタイムズセミナー」経産、国交、総務の3省も講演

8月10日に「ドローンタイムズセミナー」経産、国交、総務の3省も講演

 産経新聞社と日本工業新聞社は、ドローンに特化したニュースサイト「ドローンタイムズ」を8月1日に開設するのを記念し、「創刊記念ドローンタイムズセミナー~ドローンから始まる日本の産業革命~」を8月10日、東京・大手町で開催する。


Parrotが10月15日に「Parrot Disco」「Bebop 2 FPVパック」など新製品の発売を開始

Parrotが10月15日に「Parrot Disco」「Bebop 2 FPVパック」など新製品の発売を開始

仏Parrot が9月に発表した新型ドローン「Parrot Disco」、「Bebop 2 FPVパック」、ミニドローン「Parrot Mambo」および「Parrot Swing」の発売日が10月15日(土)に決定した。全国の家電量販店及びオンラインストアにて販売を開始する。


書籍サイズの2つ折りドローン「Hover Camera」が発売開始でセール中

書籍サイズの2つ折りドローン「Hover Camera」が発売開始でセール中

 「当たってもケガしないし、破損もしない」ー。そんな触れ込みで開発段階から話題だった二つ折りドローン「Hover Camera」が発売を開始した。セール期間中は、549ドル、日本円で約5万7000円(定価は599ドル、日本円で約6万2000円)だという。


顔認識して自動でフォロー。自撮りに特化したスティック型ドローン

顔認識して自動でフォロー。自撮りに特化したスティック型ドローン

これがあればもう自撮り棒は不要? 撮影対象の人物の顔を認識して追従する、自撮りに特化したスティック型ドローンが登場した。


空撮も可能なホビー向けの超小型ドローンがジーフォースから

空撮も可能なホビー向けの超小型ドローンがジーフォースから

株式会社ジーフォースは、世界最小クラスのWi-Fiカメラ搭載ドローン『PXY Wi-Fi』を、2016年7月27日に発売する。


都内に4万平方メートル! 世界最大級の屋内ドローンコート、操縦士協会が開設

都内に4万平方メートル! 世界最大級の屋内ドローンコート、操縦士協会が開設

 ドローン操縦士の技能向上に取り組む一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA=ディーパ、小林一郎理事長)は6日、世界最大級の屋内ドローンコートを東京都内に開設、10月21日に運用を始めると発表した。


DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

11月20日、あきる野市立五日市小学校(東京都)の校庭で、あきる野市が防災訓練を開催した。この訓練の中で、DJI Japanは開発中の自律飛行ドローンを使った救援物資の空輸実証実験を行なった。(田中亘)


資格認定の仕組みを発表 ドローン操縦士協会

資格認定の仕組みを発表 ドローン操縦士協会

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA=ディーパ、小林一郎理事長)が、「ドローンの日」にあたる10月6日に発表会を開催し、操縦者資格の仕組みと概要を発表した。


エンルートが「ドローンパイロットスクール」を全国展開

エンルートが「ドローンパイロットスクール」を全国展開

産業用ドローンドロ-ンの先端を走る株式会社エンルート(本社:埼玉県ふじみ野市)は、 2016年10月6日より、 ドローンパイロットスクールを全国で開講する。


ジーフォース、GPS&気圧センサー搭載のドローン「HUBSAN X4 DESIRE」

ジーフォース、GPS&気圧センサー搭載のドローン「HUBSAN X4 DESIRE」

ジーフォースは、GPS搭載のドローン「HUBSAN X4 DESIRE」を発表。8月5日より発売する。


テラドローンが国内初となるレーザー測量用の固定翼無人機の開発を開始

テラドローンが国内初となるレーザー測量用の固定翼無人機の開発を開始

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹/以下、テラドローン)は、測量用のRiegl 社製レーザーを搭載する固定翼無人機の開発を開始した。来年度4月の実用開始を予定している。


10月6日ドローンの日に「岡山県ドローン協会」発足

10月6日ドローンの日に「岡山県ドローン協会」発足

 ドローンによる事業全般を行うドローンデパートメント株式会社は、 ドローンの日にあたる10月6日に「岡山県ドローン協会」を発足すると発表した。


ドローンコラム:ドローン実用化に向け進む実証実験、一方課題も浮上

ドローンコラム:ドローン実用化に向け進む実証実験、一方課題も浮上

ドローンの利活用に向け国家戦略特区などを中心に様々な実証実験が活発に行われているが、一方実験を行うにあたり飛行規制によってドローンを臨機応変に運用できないという課題も浮かび上がた。


i-costructionに挑む国際航業 ドローン活用の「3次元空間解析クラウドシステム」運用

i-costructionに挑む国際航業 ドローン活用の「3次元空間解析クラウドシステム」運用

ドローン運航・3次元計測スクールを運営している国際航業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土方聡)は、ドローンに搭載したカメラで撮影した画像からi-costructionに対応する3次元測量データを作成する「3次元空間解析クラウドシステム」の運用を開始した。(田中亘)


【セミナー】 “ドローンが切り開く日本の地方創生”第2回ドローンタイムズセミナー

【セミナー】 “ドローンが切り開く日本の地方創生”第2回ドローンタイムズセミナー

ドローンをつかって日々社会貢献活動をされている方々の基調講演やトークセッション等が行われます。ドローン議連、ドローン社会共創コンソーシアム、内閣府地方創生推進事務局、日本山岳救助機構、ブルーイノベーション、国土交通省、テラドローン、楽天が参加します。ぜひご参加ください!


ドローンの「レーザー計測システム」に高まる期待

ドローンの「レーザー計測システム」に高まる期待

 ドローンを利用する測量の主流は「写真測量」と言われる方法だ。測量の可能性を飛躍的に高めた一方、限界もある。それを乗り越える技術として期待が寄せられているのが、レーザー計測システムだ。


ドローンを活用した「ノリ養殖」-佐賀県・ドコモ・オプティムなど6者間連携協定を締結

ドローンを活用した「ノリ養殖」-佐賀県・ドコモ・オプティムなど6者間連携協定を締結

佐賀県農林水産部、国立大学法人佐賀大学農学部、佐賀県有明海漁業協同組合、農林中央金庫、株式会社NTTドコモおよび株式会社オプティムは、佐賀有明海域における主要産業である「ノリ養殖」におけるIoT/AI/Robotの活用を行うべく、本日「6者間連携協定」を締結した。