人気記事一覧


エンルートM'sのドローン中継システム 自治体などが注目(Inter Bee)

エンルートM'sのドローン中継システム 自治体などが注目(Inter Bee)

量産型ドローンの組み立て・販売などを行う株式会社エンルートM's(エムズ)(本社:福島県福島市、代表:辺見俊彦)は、Inter BEE 2016の会場で、ドローンで空撮した映像をリアルタイムで地上に伝送する中継システムを展示した。自治体などからの引き合いが多いという。(田中亘)


【注意】平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更

【注意】平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更

平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更になる。これまでの国土交通省の本省から、地方航空局へと移管される。


エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸)の自社オリジナルブランド、 Zion(ザイオン)製品の7機種が、 国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請にで、 「資料の一部を省略することができる無人航空機」として認定された。


ドローンを活用した「ノリ養殖」-佐賀県・ドコモ・オプティムなど6者間連携協定を締結

ドローンを活用した「ノリ養殖」-佐賀県・ドコモ・オプティムなど6者間連携協定を締結

佐賀県農林水産部、国立大学法人佐賀大学農学部、佐賀県有明海漁業協同組合、農林中央金庫、株式会社NTTドコモおよび株式会社オプティムは、佐賀有明海域における主要産業である「ノリ養殖」におけるIoT/AI/Robotの活用を行うべく、本日「6者間連携協定」を締結した。


農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

土木測量や農薬散布など小型無人機ドローンを使った産業支援を手掛けるドローンベンチャー、テラドローン(東京都渋谷区)は、9月15日、ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。(田中亘)


総務省、「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等) に関する協定」を全国63事業者と締結

総務省、「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等) に関する協定」を全国63事業者と締結

総務省は「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等)に関する協定」に ついて、63事業者と協定を締結。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


新型ドローン「PowerEgg」の発売を 2017 年 11 月 11 日(土)に開始

新型ドローン「PowerEgg」の発売を 2017 年 11 月 11 日(土)に開始

中国の商業用ドローンの開発・販売を手掛けてきたパワービジョンの日本法人である臻廸(しんてき)日本株式会社(所在地:東京都多摩市、代表:王 珈瑶)は、ドローンの概念を変えるデザインと機能を兼ね備えた新型ドローン「PowerEgg」の発売を2017 年 11 月 11 日(土)に開始すると発表した。


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


『CEATEC JAPAN 2016』、ドローン最前線

『CEATEC JAPAN 2016』、ドローン最前線

幕張メッセ(千葉市美浜区)で『CEATEC JAPAN 2016』が開催された。ドローン関係の展示は昨年より増え、大手ドローンベンダーの出展や産業用ドローンの新たな取り組みなど、ドローンを取り巻く先進的なショーケースが紹介された。(田中亘)


丸の内の地下トンネル「洞道」で設備点検実験 三菱地所、丸の内熱供給など4社がドローンを活用

丸の内の地下トンネル「洞道」で設備点検実験 三菱地所、丸の内熱供給など4社がドローンを活用

 東京・丸の内の地下で2月6日、地域冷暖房のために蒸気や冷水など熱を供給する配管を通す専用の「洞道(どうどう)」と呼ばれる地下トンネル内を、ドローンが自律航行して点検する実験が報道陣に公開された。現在、すべて人手で行われている点検作業について、ドローンによる効率化や作業分担の可能性を模索することが目的だ。


【基調講演】呉韜代表取締役社長が 「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」

【基調講演】呉韜代表取締役社長が 「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」

Japan Drone 2017、2日目の基調講演には、DJI JAPAN 株式会社の呉韜代表取締役社長が登壇し、「DJIが目指すドローンビジネスの将来像」について講演した。


オリックス・レンテックがDJI「MATRICE200 シリーズ」 の販売とレンタルを開始

オリックス・レンテックがDJI「MATRICE200 シリーズ」 の販売とレンタルを開始

 電子計測器やIT機器などのレンタルや販売を手掛けるオリックス・レンテックは、DJIの産業用ドローン最新機種「MATRICE 200 シリーズ」のレンタルと販売を開始すると発表した。これを記念して12月31日までの間、「MAVIC PRO FLY MORE コンボ」の限定販売や、レンタル料割引きキャンペーンを実施する。


佐賀大学の佐藤和也研究室が取り組むドローンの自律飛行

佐賀大学の佐藤和也研究室が取り組むドローンの自律飛行

2017年1月18日〜20日。第1回ロボデックス展でenRoute M'sのブースに参加した佐賀大学の佐藤和也教授は、画像処理と自律制御を組み合わせて、ドローンを自動飛行させる研究を紹介した。


次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

2016年10月12日から幕張メッセで開催された「次世代農業EXPO」に、最新の農業用ドローンが集まった。農薬や肥料の散布から圃場のセンシングにデモフライトまで、農業で活躍するドローンの最前線を取材した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018・発見!】「OITAドローンフェスタ」9月に開催! 広瀬知事がDRONE STARを手に表明

【ジャパンドローン2018・発見!】「OITAドローンフェスタ」9月に開催! 広瀬知事がDRONE STARを手に表明

 大分県の広瀬勝貞知事は千葉・幕張メッセで開催されたJapan Drone 2018を訪問し、9月23、24の両日、大分県で「OITAドローンフェスタ」を開催すると発表した。ドローンレースや映像コンテストが行われる見込みだ。


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


DJIの最新フライングカメラ2機種「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」に見る空撮映像の進化

DJIの最新フライングカメラ2機種「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」に見る空撮映像の進化

千葉県の幕張メッセで開催された国際メディア総合展示会Inter BEEの会場で、空撮用ドローンで世界的なシェアを誇るDJI Japan社はInspire 2とPhantom 4 Proの発表会を開催した。(田中亘)


DJIのSparkに新撮影機能追加、180°パノラマ写真作成モードや ジェスチャーで動画撮影の開始や停止が可能に

DJIのSparkに新撮影機能追加、180°パノラマ写真作成モードや ジェスチャーで動画撮影の開始や停止が可能に

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、 小型ドローン「DJI SPARK」にファームウェアのアップデートで新しい撮影機能が追加できると8月3日に発表した。