オリジナル


オリジナルの記事一覧

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


「ユーザーのニーズをワンストップで」 新生エンルートの展望は⁉ 瀧川社長を直撃!

「ユーザーのニーズをワンストップで」 新生エンルートの展望は⁉ 瀧川社長を直撃!

 国内ドローン大手、エンルートが、新本社での事業を5月に開始し新体制として本格的にスタートを切った。2006年の創業以来経営を率いてきた伊豆智幸氏は経営から退いて技術顧問に就任。社長を継いだ瀧川正靖氏は、「開発、設計から販売、保守、スクール運営までユーザーにワンストップでサービスを提供する」と利便性を追求する方針だ。


建築学会が「第1回建築ドローンシンポ」 国の動向、民間の事例など報告

建築学会が「第1回建築ドローンシンポ」 国の動向、民間の事例など報告

 一般社団法人日本建築学会材料施工委員会耐久・保全委員会は5月18日、「第1回建築ドローンシポジウム 建築×ドローン2017」を建築会館ホールで開催した。当日は立ち見が出るほどに観覧者がつめかけ、関心の高さを伺わせた。


日本航空大学校が「ドローンコース」を2018年4月から開設

日本航空大学校が「ドローンコース」を2018年4月から開設

日本航空大学校(石川県輪島市 学長:浅川正人)は、2018年4月から航空整備技術(2年制)に新たに「ドローンコース」を開設すると発表した。幅広い専門知識を身につけることで、様々な業界への就職に有利になる。


楽天、ドローン配送のレギュラー運用スタート 千葉・御宿のゴルフ場で隔週土曜に

楽天、ドローン配送のレギュラー運用スタート 千葉・御宿のゴルフ場で隔週土曜に

 楽天は5月14日、千葉県御宿町のゴルフ場「キャメルゴルフリゾート」で、注文した商品をドローンで届ける配送サービス「そら楽」のレギュラー運用を始めた。スマートフォンで注文すると所定の場所にドローンがら品物が届く。隔週土曜日に実施する計画で次回は5月27日。この日は花の贈り物もあり、母の日に彩りを添えた。


【第一人者4人が熱弁③】「UTMは感覚的な安全も提供」 楽天・虎石氏~新経済サミット2017から

【第一人者4人が熱弁③】「UTMは感覚的な安全も提供」 楽天・虎石氏~新経済サミット2017から

 新経済連盟が春に開催したカンファレンス「新経済サミット2017」で行われたパネルセッション「広がるドローン活用と空の安全管理」では、ドローンの第一人者4人とモデレーターとの間で熱のこもった質疑応答が繰り広げられた。3回目の連載をお届けする。


【第一人者4人が熱弁②】「ドローン同士が交流すれば」ガジャン氏~新経済サミット2017から

【第一人者4人が熱弁②】「ドローン同士が交流すれば」ガジャン氏~新経済サミット2017から

 新経済連盟が春に開催したカンファレンス、新経済サミット2017で催したパネルセッション「広がるドローン活用と空の安全管理」では、4人の登壇者がモデレーターから投げかけられた質問にていねいに説明した。前回に続き、ステージの様子をお伝えする。


【第一人者4人が熱弁①】「ドローンで世界中の生活の改善を」AirMap・マーカスCEO~新経済サミット2017から

【第一人者4人が熱弁①】「ドローンで世界中の生活の改善を」AirMap・マーカスCEO~新経済サミット2017から

 新経済連盟はこの春に開催したカンファレンス「新経済サミット2017」で、ドローンのキーパーソン4人によるパネルセッション「広がるドローン活用と空の安全管理」を企画した。登壇者は業界注目の第一人者ばかり。科学技術ジャーバリストのティム・ホーニャック氏がモデレーターを務めた活気あふれるステージを3回に分けてお伝えする。


「ドローンムービーコンテスト2017」特別賞・竹内佳嗣さん 「ドローン映像は作品のスパイス」その1

「ドローンムービーコンテスト2017」特別賞・竹内佳嗣さん 「ドローン映像は作品のスパイス」その1

第2回目となるドローンムービーコンテスト2017で、特別賞(DroneTimes賞)に輝いた竹内佳嗣さんに受賞作品の制作での苦労や、ドローン空撮の魅力についてうかがった。


空撮クリエイター集団、DPCAがカメラ講座と編集講座 京都で5月から

空撮クリエイター集団、DPCAがカメラ講座と編集講座 京都で5月から

 ドローン空撮のクリエイターで構成する一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA、京都市)は、5月にカメラ講座と映像編集講座を開興する。多くの空撮依頼を受けた実績と、ドローンスクールとして500人の受講生を育ててきた経験をいかし、DPCA所属のクリエイターたちが直接、指導する。


【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

 慶大とドローンの利活用に関わる包括連携協定を結んでいる福島県田村市で、市内にある県立船引高校の生徒がドローンで、ちょうど見ごろを迎えた桜の撮影にのぞんだ。2本の大きなしだれ桜が目を引く万福寺で慣れた手つきでドローンをフライトさせた。


ドローンを活用した人道支援に取り組むユニセフ(国連児童基金)のunicef innovation

ドローンを活用した人道支援に取り組むユニセフ(国連児童基金)のunicef innovation

アフリカのマラウイ政府とユニセフは2016年12月、ドローンの人道支援をテストするための飛行ルートを開設したと発表した。2017年1月に現地で整備されたテスト空域への参加を募るために、unicef innovationのChris Fabian氏が来日し、国際ドローン展のシンポジウムでドローンと人道支援について語った。


【第3回国際ドローン展2017】3DR SOLOの測量ソリューション Site Scanを芝本産業と日創建が協力して販売

【第3回国際ドローン展2017】3DR SOLOの測量ソリューション Site Scanを芝本産業と日創建が協力して販売

第3回 国際ドローン展2017に、3D Robotics社のドローン「SOLO」の輸入販売を手掛ける芝本産業株式会社が出展した。空撮測量から3D化までを自動で処理する測量ソリューションのSite Scanで、新たな測量現場の利活用を提案している。


道路も空も! 自動車学校として初のJUIDA認定スクール! 5月に岩手・奥州市で

道路も空も! 自動車学校として初のJUIDA認定スクール! 5月に岩手・奥州市で

 岩手県初のJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定のドローンスクール「岩手ドローンスクール」が5月に開校することになり、運営する株式会社江刺自動車学校(岩手県奥州市)が21日、記者会見した。自動車教習所がJUIDA認定スクールを開校するのは初めて。


【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

 ドローンでの町おこしに取り組んでいる徳島県那賀町は、昨年11月に製作した「那賀町オリジナルドローン nk1612―96H」を幕張メッセ(千葉市)で開催されている「国際ドローン展」で公開した。首都圏で同機が披露されたのは今回が初めて。


【第3回国際ドローン展2017】 i-Constructionやデータ加工の技術セミナーが賑わう

【第3回国際ドローン展2017】 i-Constructionやデータ加工の技術セミナーが賑わう

幕張メッセで開催されている第3回国際ドローン展 2017の2日目、ドローンのテクノロジーに関するセッションが開催され、i-Constructionやデータ加工にAIなどの取り組みが紹介された。


ドイツで二人乗りドローンのVolocopter 2Xが登場

ドイツで二人乗りドローンのVolocopter 2Xが登場

有人マルチコプターとして2016年3月30日に、世界で初めて認可されたVolocopter VC200の最新モデルVolocopter 2Xが、4月18日からドイツで開催されている航空ショー(AERO)に登場。


「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ受賞者・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その2

「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ受賞者・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その2

第2回目となるドローンムービーコンテスト2017で、グランプリに輝いた佐々木光洋さんに受賞作品の制作での苦労や、ドローン空撮の魅力についてうかがった。


ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

2017年は産業用ドローン元年と言われているが、一方でドローンの性能が向上することは、新たな犯罪の火種になる。その危険性について警鐘を鳴らし、ドローンを識別する検出システムを開発している会社が米国にある。


ドローンをダンスに取り入れてきたパフォーマンス集団が最新作を公開 今後は飛ばすかも?

ドローンをダンスに取り入れてきたパフォーマンス集団が最新作を公開 今後は飛ばすかも?

東京ドームシティ(東京都文京区)に新たに作られた「大人のための遊べるギャラリー」を目指すGallery AAMO(ギャラリーアーモ)。そのこけら落とし公演で、仮想現実やドローンなどを積極的にダンスに取り入れるパフォーマンス集団が、最新作を披露した。