オリジナル


オリジナルの記事一覧

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


ドローン関連技術100件の特許出願を完了 ドローン知財のDIPLが出願完了を発表

ドローン関連技術100件の特許出願を完了 ドローン知財のDIPLが出願完了を発表

 ドローン技術関連の知財管理を手掛ける株式会社DRONE IP LAB(ドローンアイピーラボ、略称DIPL、東京)は11日、ドローンの機体や制御など基盤技術から応用技術までの関連技術100件について共同出願を完了したと発表した。特許庁の相談員は100件という規模の共同出願について「過去に聞いたことがない」と話している。


産業用ドローンの新たなビジネス市場を開拓する構造物の点検ソリューション

産業用ドローンの新たなビジネス市場を開拓する構造物の点検ソリューション

株式会社日立システムズ(代表取締役社長:北野昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)の開発した「3次元管理台帳サービス(仮称)」は、日立建設設計などのグループ企業と協力して開発した構造物の点検ソリューション。産業用ドローンの新たなビジネス市場の拡大に貢献する取り組みとして注目されている。


ドローンジョプラスが女性限定体験会 12月20日に大阪で開催

ドローンジョプラスが女性限定体験会 12月20日に大阪で開催

 女性の感性でドローンの普及に貢献する活動を続けている女性チーム、ドローンジョプラス(佐々木桃子代表)が12月20日、女性限定の操縦体験会を大阪で開催する。


オフィス内ドローン「T-FREND」来年4月サービス開始を発表 大成、ブルーイノベーション、NTT東日本

オフィス内ドローン「T-FREND」来年4月サービス開始を発表 大成、ブルーイノベーション、NTT東日本

 ビル管理の大成株式会社、ドローン技術開発のブルーイノベーション株式会社、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)千葉事業部は、12月7日、GPS信号が届かないオフィス内を自動で巡回する屋内ドローンで社員の健康管理やセキュリティー強化に活用するサービス「T-FREND」を4月に導入すると発表し、デモフライトを披露した。


大垣市のドローン落下で大阪航空局が業者に「厳重注意」 改正航空法施行後で初

大垣市のドローン落下で大阪航空局が業者に「厳重注意」 改正航空法施行後で初

 岐阜県大垣市で行われたイベントでドローンが墜落し近くにいた人に当たった事故に関連し、国土交通省大阪航空局は6日、同日付でドローンを飛ばしたドローン事業者を厳重注意したと発表した。2年前の2015年12月10日に改正航空法が施行してから、厳重注意は初めて。


インテルのドローンFalcon 8+は日本に上陸するのか?!

インテルのドローンFalcon 8+は日本に上陸するのか?!

半導体大手のインテル株式会社は、報道関係者を集めて2017年を総括する記者説明会を開催した。その会場で、同社の江田麻季子代表取締役社長は、産業用ドローンとして海外で多くの事例を発表しているインテル Falcon 8+ ドローンの日本上陸の可能性を示唆した。


【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作り操縦プログラムで交流の輪

【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作り操縦プログラムで交流の輪

慶大がドローン連携協定を結んでいる福島県田村市で12月3日、地元の県立船引高校に、福島県南相馬市にある県立小高産業技術高校の生徒が訪問し、ドローンの交流が実現した。扱い方の始動を受けてきた船引高校の生徒は、90分にわたり、学んできた経験やコツを伝授した。


講習団体は130 半年間でほぼ3倍に 国交省航空局の12月1日更新情報

講習団体は130 半年間でほぼ3倍に 国交省航空局の12月1日更新情報

 国交省航空局は12月1日でホームページの掲載情報を更新し、ドローンの操縦について一定水準の要件を満たす講習を提供する「講習団体」は、11月1日時点から17団体増え130団体となった。国交省航空局が今年(2017年)6月1日にHPでの掲載を開始したさいには43団体で、6か月でほぼ3倍になった。


米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米国時間2017年11月28日。米アマゾンは、UAVの断片化の指示に関する米国特許(9,828,097)を取得した。飛行中のドローンが自己の危険を察知して機体の部品を切り離す制御システムの特許になる。


「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県鎌倉市(神奈川県鎌倉市御成町、市長:松尾 崇)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は12月1日、災害時に協力する防災協定を締結し調印した。


マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

日本マイクロソフトは都内で開催された開発者やCIO向けのイベントで、ノルウェーに本社があるeSmartSystems(イースマートシステム)が、マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検のソリューションを開発していると紹介した。


ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行える「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)と「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内4カ所となった。


東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

11月19日。東京都あきる野市は、同市立の御堂中学校の校庭で、ドローンを用いた救助救出訓練を実施した。株式会社スカイシーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木政聡)のパイロットがサポートを行い、訓練メニューは一般社団法人ドローン安全推進協議会(本部:東京都中央区、代表理事:井上幸彦)が作成した。


「ドローンで飯が食えるか」に全員が「YES」! 第2回福島ドローンサミット郡山市で講演とパネル開催 19日にはワークショップ

「ドローンで飯が食えるか」に全員が「YES」! 第2回福島ドローンサミット郡山市で講演とパネル開催 19日にはワークショップ

 ドローン業界の論陣をリードする第一人者らが最新動向を披露する「第2回福島ドローンサミット」(主催:株式会社スペースワン)が18日、郡山市労働福祉会館大ホールで開幕した。初日は講演とパネルディスカッションが行われ、会場集まった85人の来場者が登壇者の話に熱心に耳を傾けた。


講習団体は10増加の113団体 国交省航空局の11月更新

講習団体は10増加の113団体 国交省航空局の11月更新

 国交省航空局が11月1日で更新したホームページによると、ドローンの「講習団体」は113団体で、10月1日の101団体から10団体増加した。講習団体を管理する「管理団体」は、2団体増えて12となった。掲載されている技能認証は合計116本となった。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。