オリジナル


オリジナルの記事一覧

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。


【CES2018】魅力的な新型ドローンが登場した2018年のCES

【CES2018】魅力的な新型ドローンが登場した2018年のCES

世界150カ国以上の国から3,900を越える企業が参加し、4日間で170,000人以上が来場した米国ラスベガスの家電ショーCES 2018。2010年に仏Parrot社が世界初となるAR.Droneを発表してから8年で、ドローンはプロダクトとしての地位を確立した。


専修学校WIZが「第1回ドローン活用人材育成協議会」を開催 2020年度中に報告

専修学校WIZが「第1回ドローン活用人材育成協議会」を開催 2020年度中に報告

 福島県郡山市で運営している学校法人新潟総合学院・国際情報工科自動車大学校(愛称WIZ)は1月12日、第1回「ドローン活用人材育成協議会」を開催した。福島県内で力が入るドローン産業の基盤構築に、専修学校が担う人材養成を役立てるための機能強化などを模索する。分科会も設置し2020年度中に報告をまとめる。


【CES2018】インテルが非GPS環境下で100機のIntel Shooting Starでライトショーを実現

【CES2018】インテルが非GPS環境下で100機のIntel Shooting Starでライトショーを実現

米国ラスベガスで開催されているCES2018の基調講演に登壇したインテルのブライアン・クリザニッチCEOは、ステージ上で最新型のIntel Shooting Starによるパフォーマンスを披露した。


DJIの技術でRyze社が開発した80gドローン「TELLO」発表

DJIの技術でRyze社が開発した80gドローン「TELLO」発表

TELLOは、DJI製品ではないが、スタートアップのRyze社がDJIの技術を継承して製品化したドローンだ。ちょっと見はSPARKを彷彿させるが、重量は80gを実現、FPV対応、飛行時間13分、720PのHD映像伝送とこのクラスでは高いスペックとなっている。詳しい発表を待ちたい。価格は12,800円。


【CES2018】太陽光で発電して飛行するドローンが登場する

【CES2018】太陽光で発電して飛行するドローンが登場する

国立台湾大学の研究室が、ドローンの長時間飛行に取り組むために、太陽光で発電しながら飛行するソーラードローンをホームページで発表した。また、米国のsUAS Newsによれば、米国ラスベガスで1月9日から開催されるCES2018で、ブース#52105に展示される予定。


鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式で消防総合訓練が、6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センターで行われ、鎌倉ドローン協会によるドローンのデモンストレーションが行われた。同市と同協会は、昨年防災協定を締結したことから、鎌倉市出初式でドローンを使った被災地域の状況把握を想定した映像中継が初めて行われた。


【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

ドローン専門メディアの「DRONE MEDIA」は2017年12月27日、ドローンの普及拡大、業界発展に貢献した個人、団体を表彰する「DRONE MEDIA AWARD 2017」の受賞者4組を公表した。


「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

 国交省航空局は1月1日、ホームページ上のドローン講習に関する掲載情報を更新した。一定水準の要件を満たした技能認証を提供する「講習団体」は136団体で、このうち2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が5団体となった。また12月1日まで掲載されていた講習団体の1つの掲載が取り下げられた。


国交省がイベント上空飛行に関する審査要領の改正についてパブリックコメントの募集を開始 1月12日まで

国交省がイベント上空飛行に関する審査要領の改正についてパブリックコメントの募集を開始 1月12日まで

国土交通省航空局は昨年(2017年)11月4日、岐阜県大垣市で発生した無地航空機がイベント会場で落下によって観客3名に軽傷を負わせた事故を受け、2017年12月27日付で、無人航空機のイベント上空飛行に関する審査要領改正についてのパブリックコメントの募集を行っている。締切りは1月12日まで。


【2017蔵出し】公開取材・深圳NOW① 快進撃!まさにリアルシムシティ 深圳開発の実態NOW!

【2017蔵出し】公開取材・深圳NOW① 快進撃!まさにリアルシムシティ 深圳開発の実態NOW!

 千葉・幕張メッセで2017年11月29日に開催されたトークイベントには、多くの来場者が聞き耳を立てた。日本国内ではあまり報じられない中国・深圳の最前線の様子を、現地で起業した日本人が〝公開取材〟の形で、リアルに伝える内容だ。その詳細をお伝えしていく。


ドローン10大ニュース・下・第1位〜第5位

ドローン10大ニュース・下・第1位〜第5位

ドローンタイムズが勝手に選んだ2017年を振り返る恒例の「ドローン10大ニュース」を2回にわたって紹介します。


「航空写真測量のプロセスを自動化」国際航業がPix4D社との協業で目指すもの

「航空写真測量のプロセスを自動化」国際航業がPix4D社との協業で目指すもの

国際航業株式会社は、世界的な3次元空間解析ソフトウェアを開発するPix4D S.A. と11月にi-Constructionおよび公共測量分野での共同事業をすすめるため基本合意書を締結した。今後は両社で3次元モデルを生成する上での課題を解決し、完全自動化に向けた共同開発を行う。


【2017蔵出し】新宿にドローン再び 「新宿ならでは防災」の確立へ一歩

【2017蔵出し】新宿にドローン再び 「新宿ならでは防災」の確立へ一歩

 工学院大学、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、株式会社理経など新宿駅周辺防災対策協議会メンバーの企業などが構成する「チーム・新宿」は12月12日、高層ビル街での災害対策の一環として、ドローンや自家通信網を活用した情報収集、滞留者に対する音声での情報伝達、テレビ会議システム活用による情報共有などを中心に実施した。


ドローン10大ニュース・上・ 第6位〜第10位

ドローン10大ニュース・上・ 第6位〜第10位

ドローンタイムズが勝手に選んだ2017年を振り返る恒例の「ドローン10大ニュース」を2回にわたって紹介します。


オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、大豆の生育管理でドローンによるピンポイントの農薬散布に成功したと発表した。


非GPS環境でのドローン精密誘導システムをジツタが公開

非GPS環境でのドローン精密誘導システムをジツタが公開

測量機器の販売やソフトウェア開発を手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、都内の屋内施設でドローン精密誘導システムの飛行実験を公開した。GPSの電波が受信できない屋内施設で、測量機と反射プリズムを組み合わせた自律飛行に成功した。


女性専用クラウドファンディング「Kanatta」誕生! ドローンジョプラスを運営する株式会社AIRがマネジメント

女性専用クラウドファンディング「Kanatta」誕生! ドローンジョプラスを運営する株式会社AIRがマネジメント

 女性の社会進出支援サービスを手掛ける株式会社AIR(東京都)は12月25日、女性専用クラウドファンディングサービス「Kanatta」の運用を開始したと発表した。ドローンの普及活動を幅広く展開している女性チーム、ドローンジョプラス(佐々木桃子代表)の運営企業としても知られる。


スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

ドローンによる害獣調査や災害対応などのソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)が、12月7日、8日の2日間にわたり、第1回目となる産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」を群馬県館林市と邑楽郡で開催した。2回目のSky Campは2018年3月中を予定している。