オリジナル


オリジナルの記事一覧

NEDOとエンルート、「消防士の空飛ぶチームメイト」世界初の300℃耐火ドローン開発

NEDOとエンルート、「消防士の空飛ぶチームメイト」世界初の300℃耐火ドローン開発

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) のプロジェクトにおいて(株)エンルート(埼玉県朝霞市)は、世界で初めて、火災現場に進入し、火元から10mの近距離空撮が可能な300°C耐火型ドローン「QC730FP」を開発したと3月6日、発表した。


複数事業者による同一空域での運用実験で、楽天が新型ドローンポートを初披露

複数事業者による同一空域での運用実験で、楽天が新型ドローンポートを初披露

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、楽天株式会社(東京都世田谷区)が新型のドローンポートを発表した。荷物の受け取りから手渡しまでを完全に自動化した。


対岸の二子玉川を背景に防災デモ アイ・ロボティクスがイベントの一環で

対岸の二子玉川を背景に防災デモ アイ・ロボティクスがイベントの一環で

 アイ・ロボティクスは3月2日、川崎市の多摩川河川敷で、有事を想定してドローンをフライトさせる、防災デモンストレーションを実施した。この日開催された「カワサキキャンプin多摩川」の一環で、東急線の行き交う鉄橋に隣接し、大型ショッピングセンターや楽天の本社ビルを対岸にのぞむ会場で、ドローンのフライトが来場者を沸かせた。


NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心として、複数の参画企業が、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムの実証実験を3月1日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで実施、10機のドローンによる同時飛行に成功した。


DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI JAPANは、パシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2019(シーピープラス)」に、DJIが空と動画をテーマに出展した。2月28日から3月3日(日)まで、


400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

ダウ・デュポン(ニューヨーク証券取引所:DWDP)のアグリカルチャー事業部門Corteva Agriscienceは、DroneDeployの商用ドローン向けクラウドソフトウェアプラットフォームを採用し、世界最大の規模となる400機以上のDJI製ドローンを導入する。


オプティムがドローンを活用したスマート米の試食会を開催

オプティムがドローンを活用したスマート米の試食会を開催

2019年2月25日。ドローンとAIを活用したスマート農業を推進するオプティム(佐賀県)は、ピンポイント農薬散布テクノロジーにて生産された残留農薬不検出「スマート玄米」発売を記念して、都内で試食会を開催した。


2025年のUAVソフトウェア市場で成長が予測されるグローバルTOP10企業

2025年のUAVソフトウェア市場で成長が予測されるグローバルTOP10企業

調査会社のThe INSIGHT Partners(インド)は、2025年までのUAVソフトウェア市場の見通しに関するレポートを発表し、グローバルで成長するトップ10企業を予想した。


ドローン27機の編隊飛行に成功、異常気象情報観測へ 福島RTFで実証実験

ドローン27機の編隊飛行に成功、異常気象情報観測へ 福島RTFで実証実験

気象観測機器を搭載した複数ドローンを使い、2000メートル上空で気温、気圧、風向・風速といった気象観測を目指し、福島県内の企業が中心となり、産業用ドローン27機をさいの目状に編隊飛行させる実験を、2月15日、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で実施、成功させた。


ORSO、プログラミング講師を養成するスクール「DRONE STAR Academy」を4月開講

ORSO、プログラミング講師を養成するスクール「DRONE STAR Academy」を4月開講

ORSOは、生徒が能動的にプログラミング的思考を学ぶことができる新しい教材「DRONE STARプログラミング」を活用したプログラミング講師養成スクール「DRONE SRAR Academy」を4月から開講すると2月21日、発表した。受講受付は2月21日から開始された。


【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

 ドローン研究と社会実装に精力的に取り組んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が2月18日、福島県商工信用組合(けんしん、本部:福島県郡山市)の取引先組織「十店会」の新年会で企画された新春講演会に登壇し、「ドローン前提社会」の演題で講演した。南氏が「空の使い方を変えて課題解決を」と呼び掛けた。


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ドローン安全強化で航空法改正案国会提出へ 国交省が立ち入り検査も

ドローン安全強化で航空法改正案国会提出へ 国交省が立ち入り検査も

国交省は、2015年12月の改正航空法の施行以降、ドローン(200g以上)の普及に伴い事故やトラブルが増加傾向にあることから、安全対策の強化を目的に、事故発生時の報告を義務付け、操縦者への聞き取りや立ち入り検査がおこなえるよう航空法改正を視野に検討をすすめ、通常国会に法案提出をする方針としている。


日本新聞協会がドローン規制法改正案に反対申し入れ

日本新聞協会がドローン規制法改正案に反対申し入れ

日本新聞協会は8日、政府が小型無人機「ドローン」によるテロへの対策として今国会に提出予定の規制法改正案に、自衛隊や在日米軍施設上空の飛行禁止を盛り込む方針に反対する意見書を菅義偉官房長官宛てに提出した。取材活動を大きく制限し、国民の知る権利を侵害するとしている。