オリジナル


オリジナルの記事一覧

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・後編 1位〜5位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

ドローンタイムズ 2016年 10大ニュース ・前編 6位〜10位

2016年は昨年の改正航空法施行によってルールが決められたことから、精密農業やI-construction、物流など様々な分野でドローンの活用が本格的に始動した一年となった。またドローンの新機種発表も相次ぎ、中でも200グラム以下のミニドローンは一般の注目を集めた。ドローンタイムズのニュースを通してこの1年を振り返る。


損保ジャパンがドローンによる糸魚川大規模火災現場の損害調査を決定

損保ジャパンがドローンによる糸魚川大規模火災現場の損害調査を決定

新潟県糸魚川市の大規模火災で損保ジャパンは26日、ドローンを使用した火災現場の損害調査を行うことを決めた。


2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

株式会社NTTドコモ(本社:東京都、代表取締役:吉澤和弘、以下ドコモ)は、2016年9月6日にセルラードローンを発表し、10月に横須賀のR&Dセンターで飛行実験を、11月に福岡市と千葉市で実証実験を行ってきた。その取り組みと2017年に向けた展望を取材した。(田中亘)


三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

「空から無限の情報を。」というキャッチフレーズを掲げる株式会社スカイマティクス(本社:東京、代表取締役COO:渡邉善太郎)は、三菱商事株式会社と株式会社日立製作所の出資により設立された新会社。同社はドローンによるリモートセンシングサービスで、農業や建築分野へのソリューションを提供していく。(田中亘)


【キーマン】ドローンで篤農家をサポートする「ドローン米」プロジェクト

【キーマン】ドローンで篤農家をサポートする「ドローン米」プロジェクト

ドローンの「コンサル・農業・教育」で事業を展開しているドローンジャパン株式会社(本社:東京、代表:勝俣喜一郎)は、ドローンを活用した田圃の「見える化」を実現するDJアグリサービスで、篤農家をサポートしている。同社の農業に対する思いは、「ドローン米」というプロジェクトも生み出している。その取り組みを聞いた。(田中亘)


フジテレビがプロデュースするドローンとエンタメの結合「DRONE VISION」のプロモーションビデオ公開

フジテレビがプロデュースするドローンとエンタメの結合「DRONE VISION」のプロモーションビデオ公開

フジテレビがプロデュースするドローン体験アトラクション「DRONE VISION」のプロモーションビデオが公開されている。先月、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で開催された「もしもしニッポン」でデビューしたばかり。「やって楽しい!のぞいて楽しい!みて楽しい!」をデザインしというコンセプトが良く伝わるビデオとなっている。


ユニセフとマラウイ政府、アフリカ初のドローンのテスト飛行ルートを開設 最大距離40キロ

ユニセフとマラウイ政府、アフリカ初のドローンのテスト飛行ルートを開設 最大距離40キロ

【2016年12月15日  リロングェ(マラウイ)/ニューヨーク発】 マラウイ政府とユニセフは、ドローンの通称で知られる無人航空機システム(UAS)の人道支援利用の可能性をテストするための飛行ルートを開設したことを発表した。


ドローン測量で建設工事の課題解決に挑む鹿島建設

ドローン測量で建設工事の課題解決に挑む鹿島建設

大手総合建設会社の鹿島建設株式会社(本社:東京、社長:押味至一)は、2015年9月にドローンによる写真測量を、2016年6月にはドローンによるレーザ測量を実用化し、大規模造成工事やダム建設工事において、高精度な測量結果を出した。その取り組みと今後の展望について聞いた。(田中亘)


ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

ドローン特区を申請した東京都あきる野市が取り組む産業と観光の可能性

12月5日。あきる野ドローン協会が主催する「ドローンの可能性」という特別講演が、あきる野市秋川で開催された。講演には、沢井敏和あきる野市長も駆けつけて、ドローンが切り開く産業や観光への期待を語った。(田中亘


ドローン運行管理システムでUniflyと提携したテラドローンの戦略 Vol.2

ドローン運行管理システムでUniflyと提携したテラドローンの戦略 Vol.2

ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)。同社の提供するUNIFLY CONNECTとはどのようなサービスなのか。UTM市場における同社の強味とは何か。来日したUnifly社のCEOに聞いた。(田中亘)


ドローン運行管理システムでUniflyと提携したテラドローンの戦略 Vol.1

ドローン運行管理システムでUniflyと提携したテラドローンの戦略 Vol.1

ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)へ、約5億円の資本を投入し、戦略的パートナーシップを締結したテラドローン株式会社(東京都渋谷区)。その狙いはどこにあるのか、来日したUnifly社のCEOとテラドローンの責任者に聞いた。(田中亘)


慣性センサ応用技術研究協会主催の第4回講演会・展示会「りく・うみ・そらの慣性センサ」 JUIDA鈴木理事長が基調講演

慣性センサ応用技術研究協会主催の第4回講演会・展示会「りく・うみ・そらの慣性センサ」 JUIDA鈴木理事長が基調講演

 12月2日、東京都港区芝公園の機械振興会館で開催された特定非営利活動法人慣性センサ応用技術研究協会主催の第4回講演会・展示会は、「りく・うみ・そらの慣性センサ」をテーマに4件の講演と『慣性センサビジネスの展望と課題』 と題したパネルディスカッションを行った。JUIDAの鈴木真二理事長が基調講演を行った。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 12・ラストミッション

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 12・ラストミッション

報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


日本初!エンタメ系ドローンの活用「DRONE VISION」 フジテレビがプロデュース

日本初!エンタメ系ドローンの活用「DRONE VISION」 フジテレビがプロデュース

27日、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で開催された「もしもしニッポン」で、ひときわ異彩を放っていたのがフジテレビがプロデュースしたドローン体験アトラクション「DRONE VISION(ドローン ビジョン)」。(渡辺照明)


大人気のDJI Mavic Proを分解してみた【動画】

大人気のDJI Mavic Proを分解してみた【動画】

DJI史上最もコンパクトな最先端のフライングカメラのMavic Proを分解した動画がYoutubeに公開された。国内では人気が高くて入手が困難だが、動画では惜しげもなく解体している。(田中亘)


2時間以上の飛行を実現するハイブリッド・ドローン〜スペインのQuaternium社

2時間以上の飛行を実現するハイブリッド・ドローン〜スペインのQuaternium社

スペインのバルセロナでハイブリッド方式のドローンを開発しているQuaternium社は、同社のドローンが20kgの最大離陸重量で、2時間5分の飛行を実現した動画を公開した。(田中亘)


DJIの最新ドローンを体験するワークショップ

DJIの最新ドローンを体験するワークショップ

11月25日。空撮用ドローン最大手のDJI Japanは、先日発表されたばかりの新製品「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」を体験できるワークショップを東京あきる野市の「戸倉しろやまテラス」で開催した。(田中亘)


DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

11月20日、あきる野市立五日市小学校(東京都)の校庭で、あきる野市が防災訓練を開催した。この訓練の中で、DJI Japanは開発中の自律飛行ドローンを使った救援物資の空輸実証実験を行なった。(田中亘)


オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(3)

オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(3)

11月11日、軽井沢風越公園(長野県北佐久郡軽井沢町)で開催されたAPTJ(ArduPilot Team Japa)発表会において、ランディ・マッカイ氏が最新の機能をデモフライトを交えて披露した。今回はその中から、多角形のジオフェンスによる飛行空域の制限を紹介する。