公開済みの記事

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


MyDefence社が特殊作戦部隊のための携帯型ドローン検出WINGMAN 103の販売を開始

MyDefence社が特殊作戦部隊のための携帯型ドローン検出WINGMAN 103の販売を開始

デンマーク、フレデンスボリ、2018年5月14日 - MyDefence社(CEO:クリスチャン・スタイノ)は、最先端のウェアラブルUAS検出ソリューションWINGMAN 103を発表した。


PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

米国でドローンを活用したソリューションを展開しているPrecisionHawk社(代表:マイケル・チャゼン)は、最先端の音響検出技術などを組み合わせて、半径10km以内の航空機を識別する目視外飛行(BVLOS)対応ドローンの技術プラットフォームを発表した。(田中亘)


米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国DJIは、Phantom 4 Proの改良モデルになるV2.0の発売を開始した。新型モデルは、飛行音が60%静かになり、1インチCMOSセンサーによる高画質な撮影と60fpsの4K動画撮影に対応する。(田中亘)


水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

欧米ではクルーザーのオーナーなどを中心に販売を拡大しているPowerVision社の水中ドローンPowerRay。日本でも、釣具を取り扱う販売店やレジャー用ボートのユーザーを中心に、販売が拡大している。その一方で、PowerRayを水中の工事などで活用しようという取り組みもある。その最前線を取材した。(田中亘)


DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

コンシューマ向けドローンの世界的リーダーのDJI(中国)は、大手ITベンダーの米国Microsoft(シアトル)と、戦略的なパートナーシップを発表した。Microsoftは、エッジ コンピューティングとクラウド コンピューティングで、DJI製のドローンに高度なAIと機械学習を提供する。(田中亘)


革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、米国シアトルに本拠を置く航空機のスタートアップJetoptera社は、革新的な流体推進システムを展示し、J2000というフライングカーのコンセプトを発表した。(田中亘)


インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、インテルはIntel Falcon 8+ Systemのアップデートや最新のドローン ソフトウェア ソリューションを発表した。(田中亘)


JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

米国コロラド州、5月1日。エンタープライズドローンオペレーションソフトウェアのKittyhawk(米国サンフランシスコ)は、航空ナビゲーションシステムを提供するJeppesen(米国コロラド)と協力して、KittyhawkのプラットフォームでLAANC申請の提供をFAAから認可されたと発表した。


インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテル(米国)は、創立50周年を記念して、Intel ShootingStarによるドローンライトショーで、1,500台以上の記録を樹立する計画を発表した。(田中亘)


元NASAのエンジニアが水中ドローンを開発

元NASAのエンジニアが水中ドローンを開発

元NASAのロボット技術者が創業したHOUSTON MECHATRONICS社(米国テキサス州ヒューストン)は、米国コロラド州で4月30日から開催されるAUVSI Xponential Expoで、水中ドローンのAquanout(アクアノート)を展示すると発表した。


最大40分の飛行を実現するAEE Mach 4 UAVが登場

最大40分の飛行を実現するAEE Mach 4 UAVが登場

米国コロラド州で4月30日から開催されるAUVSI Xponential Expoで、AEE Aviation Technology、Inc.(中国、深セン)は、2018年1月に発表したAEE Mach 4を会場で展示すると発表した。


【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

半導体メーカーのNVIDIA(エヌビディア、米国カリフォルニア州)は、都内でNVIDIA Deep Learning Seminar 2018を開催した。基調講演では、日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝氏が、自動車やドローンなど動くものはすべて自律動作マシンになると予測した。(田中亘)


DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

UAVやロケットなどのパラシュートを数多く開発しているFRUITY CHUTES社(米国カリフォルニア州)は、DJI Mavic Pro用のパラシュートの販売を開始した。(田中亘)


米国の調査会社がDJI製ドローンのセキュリティを検証

米国の調査会社がDJI製ドローンのセキュリティを検証

サイバーセキュリティの調査会社Kivu社(本社:米国パロアルト、CEO:キム・ニケッテ)は、DJI製ドローンのデータセキュリティに対する調査結果を公開した。(田中亘)


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


【国際ドローン展】マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラ

【国際ドローン展】マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラ

株式会社ザクティ(本社:大阪府、代表者:西山隆男)は、国際ドローン展の日本ドローンコンソーシアムの展示コーナーで、マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラを紹介していた。(田中亘)