公開済みの記事

NSW、DJI、日本マイクロソフトがドローンと AI を活用した建築物メンテナンスサービスの開発で協業

NSW、DJI、日本マイクロソフトがドローンと AI を活用した建築物メンテナンスサービスの開発で協業

日本システムウエア株式会社(東京都渋谷区: NSW)、DJI JAPAN株式会社(東京都港区)、日本マイクロソフト株式会社(東京都港区)は、人手に頼っている建築物の外壁調査に対し、民生用ドローンと AI 技術を活用した「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業する。


ドローンとAIのマッチングをサポートするNVIDIAの"Inception Connect"イベント

ドローンとAIのマッチングをサポートするNVIDIAの"Inception Connect"イベント

2019年1月28日。AIのリーディングカンパニーNVIDIA(東京都)は、AIスタートアップとAIソリューションを必要とする企業をつなげるイベントプログラム「Inception Connect」を都内で開催した。


自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューション

自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューション

2019年1月28日。日本マイクロソフト株式会社(東京都品川区)は、自社のブログで自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューションを上海とシアトルに本社を構えるスタートアップ企業 Clobotics が開発したと公開した。


DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」発刊

DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」発刊

ドローン・ジャパン株式会社取締役会長CEOの春原久徳氏と、株式会社リアルグローブ主幹技師の福地大輔氏が、日本初となる DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」を共著。


FLIR Systemsのナノドローンが米陸軍やフランス軍の契約を獲得

FLIR Systemsのナノドローンが米陸軍やフランス軍の契約を獲得

2019年1月24日 - 米国オレゴン州。1978年に設立されたセンサーシステムの世界的リーダーのFLIR Systems,Inc.(NASDAQ:FLIR)は、ナノドローンのFLIR Black Hornet Personal Reconnaissance Systems(PRS)が、米陸軍やフランス軍の契約を獲得し


【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

エアロセンス(東京都)は、グーグル(東京都)が主催するGoogle Cloud メディアセミナーで、福島県で推進している除染シート点検におけるドローンとAI活用の状況を報告した。


秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

2019年1月25日。楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズ、秩父市で構成する「秩父市ドローン配送協議会」が、国内で2例目となる補助者を配置しない目視外飛行で、約3kmのドローン配送を実施した。民間企業としては、国内初の成功例となる。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


ロボデックス展に登場した産業用ドローンの最前線

ロボデックス展に登場した産業用ドローンの最前線

2019年1月16日から18日までの3日間。東京ビッグサイトで最新ロボット220社が出展するロボデックス展が開催された。会場には、産業用ドローンやソリューションの数々が出展していた。


在庫管理ドローンを開発するPensaが500万ドルの追加資金を調達

在庫管理ドローンを開発するPensaが500万ドルの追加資金を調達

2019年1月14日 - テキサス州オースティン。自律知覚システムの大手イノベーターのPensa Systems(米国)は、小売在庫の可視化のためのドローンなどを活用した画期的なシステムの展開を加速するために500万ドル(約5億4千万円)の追加資金を調達したと発表した。


DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

2019年1月11日 - 欧州。DJI EMEAは、ドローン事件の初期報告を評価する際には注意するようにと喚起した。過去の誤認には、ビニール袋やバルーンがあったという。


ロンドンのヒースロー空港でもドローンが目撃される

ロンドンのヒースロー空港でもドローンが目撃される

2019年1月8日- ロンドン。英国最大のヒースロー空港で、ドローンの飛行が目撃されたという報告があり、同空港のツイッタに安全確認のために航空機の出発を中止したと投稿された。


カナダで2019年6月1日から新しいドローンの規制法が施行

カナダで2019年6月1日から新しいドローンの規制法が施行

2019年1月9日。カナダ政府は、2019年6月1日から施行する新しいドローン規制を発表した。最大離陸重量が250グラムから25キログラム以下のすべてのドローンや遠隔操縦航空機システム(RPAS)の登録が義務付けられる。


CES 2019に出展した注目のドローン企業(3) AirSelfieの新モデルが登場

CES 2019に出展した注目のドローン企業(3) AirSelfieの新モデルが登場

米国ラスベガスで開催されているCES 2019も3日目を過ぎ、出展各社がブログやSNSに展示の様子を掲載している。その中で、日本でも話題になったAirSelfieなどが新型の自撮りドローンを発表している。


CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

2019年1月7日 - 米国ラスベガス。Textron社(NYSE:TXT)のBell Helicopter(アメリカ)は、CES 2019の開催に合わせて、本格的な垂直離着陸(VTOL)航空タクシーを発表した。


CES 2019に出展した注目のドローン企業(2)

CES 2019に出展した注目のドローン企業(2)

米国ラスベガスで開催されているCES 2019に合わせて、出展各社が新型ドローンを発表している。