公開済みの記事

CES 2019に出展した注目のドローン企業(1) 折りたたみケージ備えたPackDrone

CES 2019に出展した注目のドローン企業(1) 折りたたみケージ備えたPackDrone

米国ラスベガスで開催されているCES 2019には、約90社のドローン関連企業やサービスベンダーが集まっている。その中から、最新ドローンの展示やデモフライトを行っている企業を追った。


CES 2019、ドローン関連の展示が約90社

CES 2019、ドローン関連の展示が約90社

1月8日から米国ラスベガスで開催されるCES 2019に、今年もドローン関連の展示コーナーが用意され、世界中から89社のドローン関連の展示が予定されている。


地上に降りたドローンのカメラが動画撮影の楽しさを広げるOSMO POCKET

地上に降りたドローンのカメラが動画撮影の楽しさを広げるOSMO POCKET

DJIのコンシューマ向け新製品の OSMO POCKETは、3軸スタビライザーを搭載したコンパクトな手持ちカメラ。プロ向けのカメラジンバルで培った技術をもとに、動画撮影の可能性を広げる新製品をレビューした。


アンチドローン市場は4億9,900万ドル(2018)から2024年までに22億7600万ドルに成長と予測

アンチドローン市場は4億9,900万ドル(2018)から2024年までに22億7600万ドルに成長と予測

ReportBuyer社(英国)は、アンチドローン市場が2018年の4億9,900万ドル(約533億2,335万円)から、2024年までに22億7600万ドル(約2,350億9,296万円)に成長すると予測したレポートを発表した。CAGR(年平均成長率)は28.8%になる。


韓国サムスンが米国でドローン関連の特許を取得

韓国サムスンが米国でドローン関連の特許を取得

スマートフォンや半導体大手のサムスン(韓国)が、米国で折りたたみ式ドローンの特許を取得した。プロペラが収納できる折りたたみ式のアームと、伸縮する本体でコンパクトに持ち運べる構造になっている。


ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース② 第6位〜第10位

ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース② 第6位〜第10位

2018年は、補助者なしで目視外の自動航行を実現させ、被災地での活用が進み、様々な産業用ドローンも新製品が登場、有望なスタートアップに対し大手企業も巻き込んだファンドの投資が活発化、そしてドローンスクール事業も全国に拡大するなど意義深い1年だったのではないだろうか。第6位〜第10位をピックアップした。


チューリッヒ大学が変形するドローンを公開

チューリッヒ大学が変形するドローンを公開

スイスのチューリッヒ大学のダヴィド・ファランガ博士と研究者たちは、狭い空間を移動するために形状を変形できるドローンを設計し、飛行の様子を動画で公開した。


SKYFドローンが100kgの荷物を100m空輸してギネス記録を申請

SKYFドローンが100kgの荷物を100m空輸してギネス記録を申請

2018年12月3日 - ロシア。重量級ドローンを開発するARDN technology(ロシア)は、ロシアのタタールスターンで、世界最大級のマルチロータードローンを発表し、100kgの荷物を100m空輸してギネス記録を申請した。


UniflyがBラウンドで約18.4億円を調達

UniflyがBラウンドで約18.4億円を調達

2018年12月22日 - ベルギー。ドローン運航管理プロバイダーのUniflyが、Bラウンドで合計1,460万ユーロ(約18.4億円)を調達し、これまでの総投資資金を2,100万ユーロ(約26.5億円)にしたと発表した。


Velodyne Lidarがニコンとの技術開発および製造の協業を発表

Velodyne Lidarがニコンとの技術開発および製造の協業を発表

2018年12月21日 – カリフォルニア州サンノゼ。自動運転や自律航行のLiDARセンサーを開発・製造するVelodyne Lidar社(サンノゼ)は、ニコン(日本)から2,500万ドル(約27億円)の投資を受け、多方面での事業提携の協議を開始したと発表した。


バヌアツでユニセフがSWOOP AEROドローンでワクチン空輸に成功

バヌアツでユニセフがSWOOP AEROドローンでワクチン空輸に成功

2018年12月18日-ユニセフ(米国)は、バヌアツでドローンによる世界初のワクチン空輸を実現したと発表した。公開された動画には、SWOOP AERO社(オーストラリア)のドローンが飛行する様子が映されている。


KDDIとセコムがAIスマートドローンで埼玉スタジアムの警備に成功

KDDIとセコムがAIスマートドローンで埼玉スタジアムの警備に成功

KDDI株式会社 (東京都千代田区)、テラドローン株式会社 (東京都渋谷区)、セコム株式会社 (東京都渋谷区) は、埼玉スタジアム2002 (埼玉県さいたま市) の協力のもと、AIを搭載したスマートドローンによる警備に成功したと発表した。


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

2018年12月14日。ドローンを活用した次世代型の自然農法プロジェクトを推進するドローンジャパン(東京都)が、設立3周年の記念と2018年度の収穫祭を開催した。会場では5軒の篤農家が育てたドローン米によるおにぎりが振る舞われた。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


5万円台のMavic Air対抗ドローンFIMI X8 SE

5万円台のMavic Air対抗ドローンFIMI X8 SE

Xiaomi FIMI(中国)は、海外で$499(約57,000円)のXiaomi FIMI X8ドローンの予約を開始した。3軸ジンバルを採用し、4K動画の撮影と33分の飛行を実現している。


ぶどう畑に特化した農業用ドローンを開発したラトビアのAirBoard社

ぶどう畑に特化した農業用ドローンを開発したラトビアのAirBoard社

AirBoard Inc.(ラトビア)は、険しい山岳のぶどう畑にも農薬を散布できるAirBoard AGROドローンを発表した。 60リットルのタンク容量を備え、手動散布の50倍、ヘリコプター散布の2倍の費用対効果がある。


米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

2018年12月6日-フロリダ州タンパ。ドローンソリューションを提供するFLYMOTION社(米国)は、米国最大の警察署(NYPD)と協力して「犯罪と戦うドローン」の導入を支援したと発表した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。