公開済みの記事

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローンは「Terra Lidar」製品説明会を12月5日行った。早稲田大学との共同開発によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の製品概要から販売モデルなどを紹介。


米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

2018年12月3日-米国ワシントンDC。NASAに協力してUTMソリューションを開発しているANRA TECHNOLOGIES(米国)は、そのテクノロジーを英国に展開すると発表した。


アウディとエアバスがドローンタクシーのコンセプトを発表

アウディとエアバスがドローンタクシーのコンセプトを発表

アムステルダムで開催されたドローンウィークで、アウディとエアバスは「Pop.Up Next」の飛行と運転のプロトタイプを発表した。会場では、1/4スケールモデルが実際に飛行した。


ドローン配送を目指すProject Wingが新たな機体を公開

ドローン配送を目指すProject Wingが新たな機体を公開

GoogleのProject Xから卒業して、現在はアルファベット参加の独立企業としてドローン配送事業を目指すXウイング社は、アムステルダムで開催されたドローン・ウィークで、Project Wingの最新モデルを公開した。


DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJIストアは、3軸スタビライザーを搭載する高性能でコンパクトサイズなOsmo Pocketの販売を11月29日、開始した。価格は、税込み44,900円。記録用のSDカードは別売。


Parrotが本国で100名のレイオフを計画

Parrotが本国で100名のレイオフを計画

2018年11月23日、パリ。ドローン大手のParrot(フランス)は、2018年第三四半期の収支報告書で、縮小するコンシューマ向けドローン市場に対応するために、100名のレイオフを計画していると発表した。


ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

2018年11月12日、バーモント州リッチモンド。ドローン・デリバリー・システムズ(DRONE Delivery Systems)とFlytBaseは、AirBox Homeへの無人で正確なドローン配送を可能にするために、各社のUASと互換性のある正確な着陸キットを開発するためのパートナーシップを発表した。


DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIが11月28日にニューヨークで発表会を予定していた新製品は、海外サイトのニュースによれば、Phantom 5ではなくOSMO POCKETというポケットカメラだという。


ボーイングとSparkCognitionがジョイントベンチャーのSkyGridを創設

ボーイングとSparkCognitionがジョイントベンチャーのSkyGridを創設

2018年11月20日-テキサス州オースチン。航空大手のボーイングとAI開発のSparkCognitionは、都市の空中モビリティの未来を可能にする新会社SkyGridの創設を発表した。


テラドローンが欧州のドローンサービス企業Skeyeを買収

テラドローンが欧州のドローンサービス企業Skeyeを買収

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 / 徳重 徹、以下テラドローン)は、ヨーロッパのドローン業界を牽引するSkeye BV(オランダ、代表取締役社長/ Pieter Franken、以下Skeye)の過半数株式を取得し、Terra Drone Europe を設立すると発表した。


国際標準化機構(ISO)がドローンの標準化を開発中

国際標準化機構(ISO)がドローンの標準化を開発中

国際標準化機構(ISO)は、アメリカのANSI(米国規格協会)を事務局として、16カ国のメンバーと5カ国のオブザーバーによる無人航空機システム(UAS)の標準化に取り組んでいる。


中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が5,000mまで上昇できるUAVを開発

中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が5,000mまで上昇できるUAVを開発

2018年11月20日。中国新華社通信は、中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が、5,000mまで上昇できるX-M20(クレーン)というドローンを開発したと報じた。


DJIがInspire 2のファームウェアアップデートを公開しTB50およびTB55バッテリー問題に対応

DJIがInspire 2のファームウェアアップデートを公開しTB50およびTB55バッテリー問題に対応

DJI は、TB50およびTB55バッテリーの管理システムを強化し、飛行中の電力供給を最適化するため、Inspire 2用の新しいファームウェアのアップデートを11月16日、公開した。


ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

2018年11月15日-スイス、チューリッヒ。屋内ドローンのVerity Studios(スイス)は、ドバイ・モールの10周年を祝う式典で、マイクロドローンによるパフォーマンスを披露した。


【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

2018年11月14日から16日までの3日間。幕張メッセで最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスの展示会 「Inter BEE 2018(インタービー2018)/[第54回] 2018年国際放送機器展」が開催された。


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。


DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

ドローンメーカーのDJI(中国)と、欧州第2位の自動車メーカーのPEUGEOT(仏)に、フランクフルトの豪華ホテルDiaoyutai Mansion Frankfurtは、2019年の春に「PEUGEOTドローン映画フェスティバル2018-19」のグランドファイナルを開催すると発表した。