公開済みの記事

第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年は初の屋外競技に(1/3)

第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年は初の屋外競技に(1/3)

2018年9月22日。旭川ICT協議会が主催する第二回 北海道ドローン選手権が、旭川市の旭川市農業センターで開催された。北海道大学や北見工業大学に旭川工業高等専門学校など6チームが参加した。(田中亘)


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


カメラ性能を大幅に強化したsenseFlyの新型固定翼ドローンeBee X

カメラ性能を大幅に強化したsenseFlyの新型固定翼ドローンeBee X

2018年9月11日。米国ラスベガスで開催されたInterDroneショーで、senseFly(スイス)は新型固定翼ドローンのeBee Xを発表した。搭載するカメラの性能を大幅に強化し、赤外線とのデュアルカメラやマルチスペクトルカメラにも対応する。


提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

2018年9月5日。米国のドローン大手プロバイダーのPrecisionHawkは、エネルギー分野の検査サービスに長けたHAZONとInspecToolsを買収し、屋根や不動産データ分析を得意とするEagleViewと提携し、ドローンのデータ解析に関連するビジネスを強化した。


ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ヤマハ発動機株式会社 (以下、「ヤマハ発動機」) が、同社のドローンや無人農業用車両などの次世代製品群の共通開発プラットフォームとしてNVIDIA Jetson AGX Xavier を採用したと発表した。


ドローンで空撮した4K動画の編集も快適な15.6型プレミアムモバイルノート

ドローンで空撮した4K動画の編集も快適な15.6型プレミアムモバイルノート

2018年9月11日。レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット)は、大画面プレミアムモバイルノートブック「ThinkPad X1 Extreme」を発表した。ハイエンドなプロセッサとグラフィック性能を備え、4Kディスプレイを搭載し、4K動画編集にも適したモバイルPC。


MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

YouTubeのContinueCrushingTechチャンネルに公開された動画によれば、DJIのMAVIC 2 ProとZoomのカメラは、相互に交換が可能で、取り替えてもアプリで正常に認識されることが判明した。


韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

米国の半導体大手メーカーのインテルは、韓国や中国の文化遺産を守るために、Intel Falcon 8+ドローンを使い、3Dモデルの作成に取り組んでいる。


5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

CFD販売の開催した水中ドローンのお披露目会で、最大の目玉となった機種が、GLADIUS mini。4K Ultra HDカメラを採用し、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードなど、水中の点検や探索に効果的なインテリジェント機能を備える。


DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

この数週間に、Twitterなどで流出しているレンズ交換システムを備えたシルバーボディのPhantomのようなドローンについて、DJIは海外のドローン系メディアに対して、公式にPhantom 5ではないと否定した。


飛行性能を進化させ自律飛行ドローンのアプリ開発を容易にするSkydio R1

飛行性能を進化させ自律飛行ドローンのアプリ開発を容易にするSkydio R1

レッドウッドシティー、カリフォルニア州- 2018年9月6日- Skydio(米国)は、AIで自律飛行するドローンSkydio R1のソフトウェアをアップデートし、各種の撮影モードを追加した。また、開発者向けにスキル開発のベータ版を公開した。


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)の開催した新型ドローンMAVIC 2の体験会では、参加者に15分間だけ実機を飛ばせる時間が与えられた。限られた時間の中で、カメラの性能に焦点を当てて、その「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

2018年9月5日。通信キャリアのKDDIは、法人営業を強化するために東京の虎ノ門に5G/IoT/AIやドローンなどのテクノロジーを大企業とマッチングするビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」を開設した。


中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

FIFISH P3は、 1インチのSONY製CMOSセンサーにより、4Kで水中の美しい瞬間を捉える。中国では、テレビ局でも水中撮影用の機材として採用する高画質が魅力の水中ドローン。


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(2/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(2/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)の開催した新型ドローンMAVIC 2の体験会に参加し、新機能の数々を確かめられる実機の飛行を通して、どのくらの「買い」度なのかを見極めてきた。(田中亘)


Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

2018年8月30日、米国。海外のドローン関連のメディアやDJIユーザーのフォーラムなどで、8月30日にDJIのディーラー向けに配布された製品の販売終了に関する発表が、数多くの憶測を生んでいる。その中には、Phantom 5の発売に向けた製品ラインナップの整理ではないか、というものがある。


DJI Matrice 200シリーズ向けワイヤレス充電システム

DJI Matrice 200シリーズ向けワイヤレス充電システム

2018年8月29日、シアトル。ロボット業界向けワイヤレス充電および電力最適化ソリューションのリーダーであるWiBotic(米国シアトル)は、DJI Matrice 200(M200)およびDJI Matrice 210(M210)用の新しいワイヤレス電力システムを発表した。


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)は、8月29日と30日の両日にわたり、報道関係者を集めて新型ドローンMAVIC 2の体験会を実施した。実際にコントローラーを手にして実機を飛行できる体験会に参加して、MAVIC 2の「買い」度を確かめてきた。(田中亘)